キャッシングで即日借りれる【最短1時間融資】

MENU

即日融資を希望のキャッシング

今日中に借り入れをしなければならないのであれば、審査時間だけではなく申し込みから借り入れまでにかかる時間を重視して、消費者金融のプロミスが最適でしょう。その理由は「融資まで最短1時間」であること。銀行カードローンでも即日キャッシングができる所もありますが、やはり消費者金融のほど確実性がありません。

 

「即日融資も可能」と「最短即日」では可能性が異なります。最短即日は翌日以降に持ち越される可能性が高い申し込みでもあります。

 

キャッシングで即日借りれるランキング最短1時間融資

≪プロミス≫ お急ぎの方におすすめ!最短1時間融資

最短1時間

 

レディース

実質年率:4.5%〜17.8%

限度額:500万円

 

インターネットからの申し込みでも自動契約機を併用することで最短即日融資の可能性が高いことが特徴のプロミスです。振込キャッシングは「三井住友銀行口座かジャパンネット銀行口座」があると24時間対応になり、WEB完結も可能で最短即日融資の可能性が上がります。

 

30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

 

≪アコム≫ テレビCMでもお馴染みの老舗

年利:3.0%〜18.0%

限度額:最高800万円

 

全国にある自動契約機「むじんくん」をインターネット申し込みと併用することで最短即時融資の可能性が高くなります。楽天銀行口座をお持ちであれば24時間の振り込みキャッシングが利用でき、ますが、来店しないで契約をするときには審査完了後平日14時までに必要書類のFAXが必要です。

 

 

≪モビット≫ 40代で働きざかりの方にお勧め

モビット 実質年率:3.0%〜18.0%

限度額:800万円

 

申し込みから借り入れまでに時間がかからない方法が用意されているのはモビットです。WEB完結申込を利用すると電話連絡や郵送物がないため、素早く借入ができます。

 

用意しなければならない書類がいくつかありますが、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に普通預金口座があること、組合保険証か社会保険証があること、直近2か月分の給与明細書を用意できること、これらの条件がクリアできればWEB完結で素早い借入が可能です。

 

今日中に借りるには、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

 

≪オリックス銀行≫ 銀行カードローン

オリックス銀行カードローン 年利:1.7%〜17.8%

限度額:最高800万円

 

銀行カードローンでありながら申し込み条件は満20歳以上69歳未満、安定した収入があることという消費者金融と同程度となっており、そして銀行口座も不要となっています。

 

申し込みのための準備が少ないという大きな特徴があり、振込キャッシングにも対応していますが、反面申し込み受付完了後審査結果がわかるまでには2〜3日程度がかかるため即日融資には向いていません。※オリックス銀行カードローンは契約(完了)後、最短即日融資可能です。

 

 

 

目的にあったキャッシングを見つける

キャッシングを利用するときには目的にあったローンを選ばなくてはなりません。状況や目的によって最適なキャッシングは変わります。その判断材料と目安を知っているといないのとでは、大きな違いが出てくるものです。一度利用を始めたキャッシングは変えることはないまま使い続けるでしょう。

 

例えば、利用中に不便を感じ借り換えという方法もありますが、改めてキャッシングに申し込みをして審査を受け、可決契約となれば現在の借り入れ金額を新しいキャッシングで借り入れをして完済。ここまでして借り換えが完了します。

 

借り換えには手間がかかり簡単に行うことではないことがわかるでしょう。だからこそ初めてキャッシングを利用するときにはどこのカードローンを利用するのかを慎重に考えなくてはなりません。それでは「今日中に借り入れをしたい」方で、状況や目的によってどのように借り入れ先を選ぶのかを考えていきましょう!

 

初めてのキャッシング

これまでにキャッシングの経験がないのであれば、過去のキャッシング履歴も心配の必要がありません。

 

キャッシング履歴とは?

過去のキャッシングを含めた債務で返済が遅れたなどのトラブルがあった場合、審査に通りにくくなります。その理由は簡単なもの。融資を行う以上確実な返済がなければなりませんが、過去に返済を滞納した履歴があると審査では「返済しない可能性」を考え始めます。

 

他社の返済履歴など知りようがないと思われるかもしれません。しかし、貸金業者ではCICとJICC、2つの個人信用情報機関に加盟することが義務付けられています。個人信用情報機関では利用者の契約内容や利用状況などの詳細情報を保有しています。

 

申し込み時には個人信用情報機関に過去や現在の債務履歴を照会し「約定通りの返済を遂行できるか」を審査しています。

 

過去のキャッシングで何らかの返済トラブルがあれば審査が難しくなり、現在他社からも3件以上の借り入れがあれば審査には良い影響を与えません。初めてのキャッシングだからこそ、プロミスの審査は通るかも知れませんね。

 

債務情報がまっさらの状態であれば審査は難しいものではありません。使い勝手の良さと、返済のしやすさ、そして即日融資を希望するなら「今日借り入れができるのか」に着目して探しましょう。

 

即日融資の可能性が高いキャッシング

 

第一に「自動契約機があること」は今日中に借り入れをしたい方にとって必須条件です。インターネット申し込みでも最短即日融資は可能です。しかしネットだけで完結させるのであれば借り入れ方法は振り込みキャッシングのみ。カードは後日郵送となるからです。

 

振り込みキャッシングで即日融資を受けるためにはプロミス、アコムでは平日の14時まで、モビットは平日の正午頃までにはすべての申し込み手続きを完了させていなければなりません。自動契約機があれば営業時間は夜遅くまでとなっており、さらに土日祝日でも営業。即日融資の可能性がぐんと高まります。

 

キャッシングで1ヶ月無利息でオススメは?

「キャッシング 1ヶ月 無利息」などの宣伝文句を、電車の中吊り広告や街の看板広告で見かけた人もいるでしょう。これは何かといいますと、消費者金融会社などのキャッシングサービスが推し進めているキャンペーンであり、そのタイトルどおり、1か月分のキャッシングについては、利息は発生しないと言ったものです。

 

利息とは貸し手にとっての手数料のようなものであって、無利息であれば、「お金を貸したことに対する対価である手数料などは、全く無しでお金を貸します。」という意味になります。すでにお馴染みな消費者金融のサービスになりましたが、どうして消費者金融は無利息にしてまで貸し付けるのでしょうか。

 

結論から言えば、1か月期限付きの無利息でお金を貸したほうが、消費者金融にとっては利益が上がるからだといえます。いまだに、お金を借りることに対して敷居が高いと感じる人は、日本人に多いのです。そう言う人たちに対して、敷居を低く設定して、新規の契約数を増やすことで、消費者金融は利益を増やすことに成功しました。

 

 

もちろん、借り手にとってもメリットは大きいです。

 

1か月以内に返済をすれば、無利息でお金を借りることができます。また、無利息期限を超えて借り入れた場合でも、1か月分の利息は無しになります。

 

そのため、同じ金利のキャッシングサービスでキャッシングをする場合、この1か月分の無利息サービスを適用したキャッシングサービスを利用したほうが断然お得といえます。


1ヶ月で完済できるキャッシング

数万円程度の少額キャッシングであり、1ヶ月で完済ができるキャッシングならば無利息期間のあるキャッシングがあります。

 

無利息期間とはその名の通り、一定期間の金利が0%となるということ。つまり利息の支払いは必要ありません。無利息期間終了後には通常金利が適用となりますが、無利息期間中に大きく借入残高を減らすことができていれば期間終了後の利息の負担も軽減できます。

 

無利息期間があり、なおかつ即日融資の可能性が高いキャッシング

 

プロミスではメールアドレス登録とweb明細利用の登録で、30日間無利息サービスを利用することができます。アコムは35日ごとの返済を選択することが条件です。いずれも30日間の無利息ではありますが、適用開始日が異なります。プロミスは「初めての借り入れ翌日から」アコムは「契約翌日から」です。

 

  プロミス アコム
無利息条件

プロミスをはじめて利用する方
メールアドレス登録
WEB明細を選択

アコムでの契約が初めての方
返済期日35日後とで契約された方

無利息期間 30日間 30日
無利息適用開始日 初めての借入翌日 契約翌日

 

契約から初めての借り入れまで日数があれば「初めての借り入れ翌日から適用」のプロミスでまるごと30日間無利息がお得になりますが、即日融資を希望するならプロミスでもアコムでも無利息期間に大差はありません。

 

無利息期間がどれほど有効なのかといえば実は大きなお徳ではありません。例えば10万円の借入でも金利18.0%なら1か月分の利息は1,479円です。金利が高いといわれている消費者金融ではありますが、実際に利息として計算してみるとそれほど高いものではないことがわかります。

 

ポイントは、無利息期間内に完済を目指すこと。

 

少額キャッシングでも返済額を抑えすぎてしまうとだらだらと返済が長くなり利息の支払額が大きくなってしまいます。実際にどのようになるのかをみてみましょう。プロミスの上限金利17.8%で10万円を借り入れたときです。

 

無利息期間中に完済をすると利息は0円ですむため、借りた額=完済額となり10万円を返済すれば完済です。今度は10万円を最低返済額の5千円ずつ返済した場合でみてみましょう。

 

 

返済回数は24回、つまり2年にもなります。さらに利息の支払い総額は19,490円。10万円を借りて119.490円を返済しなくてはなりません。2割り増しです。無利息期間は「早い完済を目指すためのきっかけ作り」です。無駄のないキャッシングの鍵ともなります。

 

プロミスの無利息キャッシングの条件をチェック

初めてプロミスを利用すること、これはわかりやすい条件です。プロミスの無利息適用条件にはあと2つの条件があります。

  • メアド登録
  • WEB明細利用

これはどのようなものなのでしょうか。

 

メアド登録

こちらは実際にプロミスに確認しました。メールアドレスは申し込みのやり取りに必要なものでありフリーメールを使用してもかまわないとのこと。申し込みから契約までの間に数度メールのやり取りがありますがその際に使用するものです。それ以降には金利引き下げやキャンペーンなど数ヶ月に一度程度のお知らせを送ることがあるとのことでした。

 

WEB明細利用

これは利用しない手はない、非常に便利なサービスです。WEB明細は、プロミスのインターネット会員サービスにログインをして利用明細書や受け取り証書などを確認できるサービスです。貸金業法に基づいて、明細書は発行されることとなっています。明細書が発行されるATMを利用すればその場で受け取りができますが、それ以外の方法(銀行振り込みや振込みキャッシングなど)を利用した場合、その利用明細書は自宅への郵送になります。

 

どのような利用方法を選択したとしても自宅へ利用明細書が郵送されない方法がWEB明細です。インターネット会員サービスにログイン後、PDFファイルをダウンロードして確認します。

 

プロミスに申し込みをする際にWEB明細の登録手続きができますが、利用中の方でもWEB明細に変更ができます。

 

  1. 会員サービスにログイン
  2. 書面受け取り方法登録・変更ボタンをクリック
  3. 書面受け取り方法登録・変更にて「プロミスのホームページにて書面(WEB明細)を確認」を選択
  4. WEB明細の登録完了

 

ネット上だけではなく自動契約機や店頭窓口でもWEB明細への変更ができます。

 

プロミスのATMから発行される利用明細書は取引後の残高と次回返済期日のみを記した簡易的なものです。返済額などの詳細が書かれているのはWEB明細であり、返済計画の見直しや、現状を把握するために非常に重要なものです。

 

アコムの無利息キャッシングの条件をチェック

初めてアコムを利用すること、これは難しい条件ではありません。しかしアコムの無利息期間の条件にある返済期日35日ごと、これは何のことなのでしょうか。

 

アコムの支払日は2種類から選択ができます。

  • 毎月払い
  • 35日ごと

支払いのサイクルのことで、毎月払いはごく一般的な「毎月決められた返済期日までに返済をする」というもの。例えば契約時に決めた返済日が25日であれば今月も来月も返済期日は25日です。

 

ただし毎月払いで気をつけなければならないのは返済期日よりも15日以上前に入金をすると前月の追加返済をして扱われること。前月の追加返済となった場合には、当月分の返済はまだ終わっていないことになるので当月の返済期日にはまた改めて返済をしなくてはなりません。つまり、同じ月に二度の返済が必要になるため、「いつ返済をするのか」は良く考える必要があります。

 

35日ごとの返済は返済期日が毎月の決められた日ではありません。前回の返済日から数えて35日目が返済期日になります。その期間はいつ返済をしても自由。返済をした日からまた35日目が返済期日になります。つまり、35日以内に返済をすればいつ返済をしてもよいサイクルです。

 

35日ごとの返済は積極的に返済ができるシステムになっています。前月の追加返済になることを気にすることなく都合のよいときに返済を進められます。

主婦のキャッシング

主婦のキャッシング、この「主婦」には2種類があります。

 

  1. パートなどで収入を得ている兼業主婦
  2. そして配偶者の収入を支え本人には収入がない専業主婦

 

兼業主婦のキャッシング

消費者金融のキャッシング、銀行カードローンであれば兼業主婦は申し込みができます。申し込み条件は「20歳以上」の「安定した収入がある」こととなっており、兼業主婦もさらには学生も条件をクリアしていれば問題はありません。

 

気になるのは安定した収入でしょう。安定とはどの程度の収入を指しているのでしょうか。

 

正社員のように基本給があるのであれば安定としてみやすいのは間違いありません。しかしキャッシングにおける安定した収入とは、額の高い低いではなく毎月一定ラインの収入があるかどうかです。それが5万円でも10万円でも収入が続いているのであれば安定として判断をします。

 

専業主婦のキャッシング

消費者金融では専業主婦の借り入れができるところはほぼありません。中小消費者金融のごく一部では対応していることもありますが、選択肢に入れられる消費者金融とはいえないでしょう。

 

貸金業法の総量規制は、個人が貸金業者から借り入れができる上限は年収の3分の1までと制限されています。それが収入のない専業主婦が消費者金融でキャッシングができない理由と考えられていますが実は違います。貸金業法では配偶者に安定した収入がある場合に専業主婦が借り入れができる配偶者貸し付けを認めています。

 

つまり、専業主婦が利用できるかどうかは個々の消費者金融に判断を任せています。

 

実は銀行カードローンの中でもみずほ銀行カードローンなど限られた銀行でしか、専業主婦が申し込み可能となっているカードローンはありません。みずほ銀行カードローンでは本人を審査対象とするのではなく配偶者が審査対象となり、そのうえで融資限度額は30万円までと制限があります。

 

専業主婦でも借入可能な業者はどこ?

 

「審査が甘い、ブラックOK」急いでいる時こそ甘い罠に要注意!

普段であれば中吊り広告や雑誌裏の怪しい広告には目を向けないものです。しかしキャッシングを急いでいる時には怪しいはずの広告の宣伝文句が甘い言葉に感じられる。冷静な判断力を失っている場合があります。

 

即日キャッシングの可能性は大手消費者金融であれば高いのは当然ともいえるサービスです。

しかし審査が甘い、ブラックOK。これらは違法業者、闇金であると考えて間違いありません。

 

審査は公正公平に行われるためどのような状況であっても甘くなることはありません。同時に、ブラックになるほど過去の債務に大きなトラブルがあった人に対し無条件で融資を行うことはありません。

 

急がば回れではありません。急いでいるときの近道が「大手消費者金融」という選択です。即日融資だけではなく、充実したサービスと返済しやすい環境で安全なキャッシングができるはずです。

 

ブラックでも借りられるぐらい審査ハードルが低いのは?

 

極甘ファイナンスというキーワードには要注意!

「即日キャッシング」を検索すると極甘ファイナンスという単語が見えてきます。

 

  • 未成年
  • 専業主婦
  • 年金受給者
  • 破産歴あり
  • 多重債務
  • 無職

 

一目見ただけで消費者金融の審査には通らないだろうという条件ばかりですが、それを可能としています。間違いなく危険な業者です。急がば回れではありません。急いでいるときの近道が「大手消費者金融」という選択です。即日融資だけではなく、充実したサービスと返済しやすい環境で安全なキャッシングができるはずです。

大手消費者金融で即日キャッシングをする強みとは

数ある消費者金融の中で、即日キャッシングの可能性がある消費者金融は少なくはない時代となりました。しかし可能性が高い消費者金融と可能性が低い消費者金融があります。大手消費者金融なら即日キャッシングの可能性が高い、その理由があります。

 

  • 申し込み方法が豊富
  • 審査が早い
  • 大手という安心

 

中小消費者金融も即日融資を可能としているところもありますが、実際には簡単なものではありません。来店申し込みとネット申し込みが基本の形となりますが、店頭窓口は全国どこにでもあるわけではなく本店のみで平日だけの営業、振込みキャッシングも平日だけの対応です。即日融資も可能性はあるものの、高くはない、それが欠点です。

 

一方大手消費者金融では即日キャッシングの可能性が高い理由を詳しくみてみましょう。

 

大手消費者金融は申し込み方法が豊富

一部の地域に住んでいる方にとって即日キャッシングの可能性が高いというものではありません。全国どこにいても即日キャッシングの可能性が高いからこその大手です。まずは申し込み方法がどれほど用意されているのかを確認してみましょう。

 

  プロミス アコム モビット オリックス銀行
インターネット
店頭窓口    
自動契約機  
電話  
郵送  

 

中でも赤丸になっているのは即日キャッシングの可能性が高い申し込み方法です。詳しくそれぞれの即日キャッシングのタイムリミットを確認していきましょう。

 

プロミスでキャッシング即日の条件

インターネット申し込みで契約、借入まで完結させるとなると平日14時までに契約内容を確認した場合当日中の振込みキャッシングが可能です。それ以外の時間であればインターネット申し込みで審査結果を受け取った後、来店でのカード受け取りをすることで即日キャッシングが可能になります。

 

審査対応時間 9時〜22時
審査時間 最短30分
店頭窓口営業時間 平日10時〜18時
自動契約機営業時間 9時〜22時

※一部店舗では営業時間が異なるため確認が必要です。

 

インターネットは24時間申し込みを受け付けていますが審査対応時間は決められています。審査対応時間でなければ審査は行われないため、気にするべきは「インターネットは24時間」ではなく「インターネット申し込みは審査時間が9時〜22時まで」ということ。

 

審査時間は最短30分となっておりますが、30分から1時間ほど、来店への移動時間を1時間と余裕を持って考えるとインターネット申し込みでのタイムリミットは20時として考えられるでしょう。

 

店頭窓口は営業時間が平日だけに限られているため、「平日14時までの振込みキャッシングタイムリミット」に間に合わなかった場合には、インターネット申し込みに自動契約機での契約を併用すると即日キャッシングの可能性が高まります。

 

平日14時までに契約手続きまで進められるなら
  1. インターネット申し込み
  2. 審査
  3. WEB契約
  4. 振り込みキャッシング

 

平日14時以降、もしくは土日祝日なら
  1. インターネット申し込み
  2. 審査
  3. 自動契約機へ移動(※本人確認書類持参)
  4. 契約、カード発行
  5. ATMで借入

 

アコムでキャッシング即日の条件

電話申し込みも24時間対応となっており、インターネット同様気にかけなければならないのは審査対応時間です。振り込みキャッシングで即日融資を希望する場合には平日14時までに必要書類を提出することが条件です。

 

審査対応時間 9時〜21時
審査時間 最短30分
店頭窓口営業時間 平日9時30分〜18時
自動契約機営業時間 8時〜22時

※一部店舗では営業時間が異なるため確認が必要です。

 

プロミス同様、アコムでも申し込みのタイミングによってインターネット申し込みだけではなく、自動契約機の併用が必要になります。急ぎの場合、インターネット申し込みが完了したらすぐにフリーダイヤルに連絡をすることで優先的な審査が行われます。

 

プロミス、アコム、モビットには即日キャッシングの可能性をさらに高める方法があります。申し込み後、フリーコールに連絡をすることで優先的に審査を行ってくれます。

 

大手消費者金融だからこその安心

即日キャッシングを希望するとき、「どこにしようか」の選択で大きく時間を割いてしまいます。選択肢は少なく、大手のみ。中小消費者金融を検討する理由はありません。

 

中小消費者金融のメリットとデメリット

中小消費者金融のメリットは審査が柔軟であること。もちろん即日キャッシングを希望するならば審査に通らなければならないため柔軟な審査は魅力的です。

 

しかし、それ以上にデメリットが多いことも覚えておかなくてはなりません。

 

  • 即日キャッシングの可能性は平日のみ
  • 返済が不便
  • 安全な消費者金融であるか確認に手間がかかる

 

自動契約機がなく、店頭窓口かインターネット申し込みとなる中小消費者金融では振り込みキャッシングができても、店頭窓口でも平日しか対応ができません。また返済は来店か銀行振り込み、現金書留となっており即日キャッシングができたとしても使いやすさがありません。

 

もうひとつ、最大の難点は正規の消費者金融であることを確認しなければならないこと。

 

知名度の低い消費者金融は、そこが正規の消費者金融であるかどうか確認しなければなりません。金融庁のホームページから貸金業者の番号を確認する方法もありますが、そもそも番号詐称は闇金業者の常套手段です。貸金業者登録番号を調べても、実際に店頭に足を運んでも、「何を持って正規の消費者金融と判断するのか」は容易なことではありません。

 

知名度が高く、正規の消費者金融であることも間違いのない大手消費者金融がある中で、あえて中小消費者金融を検討することに意味がありません。今日借りたいという急ぎのときに選択肢を増やす必要はないということです。

 

中小消費者金融