金利設定を基にアコムと他社とを徹底比較!

MENU

金利設定を基にアコムと他社とを徹底比較!

お金を借りる時には、少しでも金利が低い所からと思うのは一般的な考えですが、ではどこが低いのかと考えてしまいます。2010年に金業法が施行されたためお金を貸す業者の金利は、軒並みに下がり上限の金利もぎりぎりの金利を設定しているように見えても実際にはどうなのかと疑ってしまいます。

 

金利が低いと言われているアコムは、本当はどうなのかまた他社と比較したらどのくらい低いのかなど色々考えたらきりがないほど疑問になってしまいます。

 

そこで他社との金利を徹底的に比較してどのくらい差があるのかを述べたいと思います。

 

≪実質年率3.0%〜18.0%≫ ネットでお申し込みOK!

 

金利の低さを基に他社と比較

大手5社の内のひとつであるアコムを含め、プロミスやアイフル、モビット、新生銀行カードローンレイクの金利を徹底的に比較、検証してみますと、アコムが3.0〜18.0%に対しプロミスは4.5〜17.8%となっており上限の金利はわずかにプロミスの方が低くなっています。

 

アイフルに関しては、4.5%〜18.0%とアコムの方が断然低いことがわかり、またモビットでは、3.0〜18.0%とこちらは最低の金利の方がアコムより低くなっています。新生銀行カードローンレイクを見てみますとアイフルと同じ金利となっており、平均的には対して変わらない感じですが、返済を開始するときに差が出てきます。

 

モビット以外では30日間無利息というサービスを行っていることから、金利の面ではやはりアコムを初めプロミスやアイフル、新生銀行カードローンレイクの方がお得になることがわかります。

 

なぜ金利の最低と最高に差があるのか、これは消費者金融が自由に決める事ができることから差が出てくるのですが、それでも利息制限法で定められた範囲の中なので決して高金利と言うわけではありません。

 

 

利息制限法と言うのは借りる金額が10万円未満は20%、100万円未満は18%となり100万円以上については15%と上限が設定されているのです。

 

借入のカギとなる利用者の信用度と利用額とは?

お金を借りるというのは、信用がないと貸して貰えないというのは一般的に知られていますが、ではどうすればその信用度が上がるのか疑問になりますよね。

 

初めてお金を借りる時には、どうしても最高の金利を提示されてしまう事が多いのですが、その後期限までに返済をして、また借りて期限までに返済をしてを繰り返していくことで利用者側に対する信用度も上がるのです。この繰り返しを適度に行っていくと金利も下がってきますが、1〜2カ月くらいではなかなか下がらず最低でも半年から1年以上の利用で下がることがあります。

 

アコムでは他社よりもともと金利が低くなっているのですが、さらに金利を下げるには借入と返済の実績を積むことが必要となります。信用度を下げることは簡単ですが、上げることはとても大変なので、失わないようきちんと返済をする事で信用度も一段と上がります。

 

また利用額に関しては、基本的に利用額が多ければ多いほど低い金利が適用されます。

 

例えば、50万円以下の金額を借り入れをした場合は、大体高い金利が適用されてしまいます。

 

支払う利息を少しでもおさえたいなら?

どのくらい差があるのかを徹底的に比較をしてみるとほとんど差がないことが分かります。細かい数字を気にするよりも一日も早く返済をする事を心がけることが無駄なお金を使わずに済むと言うことです。

 

アコムの場合ですと、利用日数分だけを計算しますがこれは他社でも行っているのです。返済期間が短ければそれだけ利息も減っていき、逆に返済期間が長くなればなるほど利息もそれだけ増えて行ってしまいます。

 

利息が増えれば返済額も増えていくことからやはり一日でも短い期間で返済をする事が一番重要なポイントと言えます。

 

どのくらい差があるかを徹底検証すると

例えば50万円を借りて18%の金利がつき、それを30回払いで返済をした場合は、返済額は622,304円となり利息の総額は122,304円となります。同じ金額を45回払いで返済をする場合は、返済額が684,150円となり利息の総額は187,150円となり、64,846円とかなりの差が出てきます。

 

徹底検証でもわかるように利息だけで6万円以上の差はとても大きいことが分かります。少ない回数で返済をと言われているのは、利息金額の差があまりにもあるからなのです。

 

銀行のカードローンは金利が低い?

銀行と消費者金融と比較をしてみると初めて申し込む場合はあまり変わらないですが、基本的には銀行のカードローンは低い設定となっています。大手の銀行と比較をしてみますと、三菱東京UFJ銀行カードローンですと1.8%〜14.6%となっており、オリックス銀行のカードローンは1.7〜17.8%となっています。

 

また三井住友銀行のカードローンを見てみますと4.0〜14.5%となっており、またみずほ銀行のカードローンでは3.5〜14.0%です。最近テレビでもお馴染みの楽天銀行のスーパーローンに関しては1.9〜14.5%となっています。

 

このように比較をしてみると、やはり銀行のカードローンの方が低いと思えますが銀行からお金を借りるとなると敷居が高く借りづらいという印象があります。

 

また銀行によって差がありますが、日常的に多額を借りたい人には消費者金融の方が抵抗がないという場合もあります。しかし多額の借り入れを希望する場合は、銀行の方が良い場合もあるので先に銀行のカードローンを検討してみるのも良いですし賢明とも言えます。

 

今日中にお金を借りたいという時は、三菱東京UFJ銀行のカードローンですと即日審査で即日融資が可能となります。

 

≪実質年率3.0%〜18.0%≫ ネットでお申し込みOK!


×