青森で利用できる銀行や消費者金融をご紹介!

MENU

青森で利用できる銀行や消費者金融!

青森県で大きな額の借入が必要となった時には都市銀行か地方銀行によるカードローンがおすすめですが、場合によっては中小消費者金融や大手消費者金融を利用するのも良いでしょう。借入金額の上限・金利・融資日などを考えることで、どこの銀行又は消費者金融を利用すれば良いのか、利用した方が良いのかが分かります。

 

そのためには、青森県にある銀行と消費者金融のことを知っておく必要がありますよね。都市銀行に関してはみずほ銀行しかありませんが、低金利であることが魅力であったりします。大手消費者金融では即日融資ができたり、中小消費者金融では相談することで即日融資でなくても優先的に審査してくれることがあります。

 

それでは、青森県にある銀行・消費者金融・信用金庫のカードローンについてを説明していきます。

青森にある都市銀行

都市銀行と聞くと色々思い浮かぶかと思いますが、地域によって無い都市銀行とある都市銀行があります。青森県にある都市銀行はみずほ銀行だけなので、青森県にて都市銀行で借入を行いたい場合はみずほ銀行を利用することになります。

 

みずほ銀行だけしかないのかと思われるかもしれませんが、みずほ銀行は低金利というお得さがあります。カードローンの金利は4%から14%で、借入の限度額は1000万円です。金利のことだけでなく限度額も魅力的で、1000万円の限度額は業界水準の中でも最高の水準なので、多額の借入を行いたい時にはみずほ銀行が向きます。

 

専業主婦などで借入をみずほ銀行で行う場合は、配偶者に継続している安定した収入があれば30万円までなら借入を行えます。ただ、みずほ銀行でカードローンを利用するためにはみずほ銀行の口座が必要です。口座をもともと保有しているなら楽ですが、持っていない方にとっては少し手間となります。

 

口座を持っていない方はカードローンの利用を申し込んでも、すぐに利用を開始できない可能性があります。口座が無いとか申し込みの方法によって、カードローンを利用したいと相談してから実際に融資を受けられるようになるまでに1ヶ月くらいかかることもあるので、順序良く申し込みを行うようにしましょう。

 

みずほ銀行でカードローンを利用したいと考えるなら、まずは口座を開設します。カードローンのために開設を求められるのは普通口座で、銀行窓口の他にインターネットやスマホアプリで口座開設できます。インターネットやアプリは楽ですが、開設までにインターネットでは2週間ほど、スマホだと1週間ほどかかるので早くカードローンを利用したい場合は直接銀行の窓口に行った方が良いです。

 

銀行口座を開設する時には、本人確認書類が必須です。せっかく窓口に行ったのに本人確認書類を持って来るために家に戻ったりするのは手間が増えてしまうので、銀行窓口に行く時に本人確認書類を忘れずに持って行きましょう。

 

みずほ銀行のカードローンは普通口座の通帳さえ持っていれば、書類を提出することなくカードローンを利用できることがあります。このケースの限度額は200万円以下で、みずほ銀行が運営するネットバンキングであるみずほダイレクトを利用している方もこのケースが適用されることがありますよ。

 

みずほ銀行カードローンを利用できるようになるまでの時間は、申し込み方法によって異なります。即日希望であれば、口座を持っていても持っていなくても銀行窓口で申し込みすることをおすすめします。

 

口座がある方でキャッシュカード兼用型を申し込む場合は、ウェブ完結申込も利用可能です。

 

他の申し込み方法には、

  1. 郵送
  2. インターネット
  3. 電話

があります。

 

口座を持っている方で郵送申込した場合、キャッシュカード兼用型では1週間、カードローン専用型では2週間ほどかかかります。インターネットか電話で申し込みをした時は、カードローン専用型で2週間から3週間ほど必要とします。

 

口座を持っていない場合、電話窓口ではキャッシュカード兼用型で2週間ほど、カードローン専用型で3週間から4週間ほどかかります。インターネット申込では、キャッシュカード兼用型で4週間ほど、カードローン専用型で1ヵ月以上かかると思っていた方が良いでしょう。返済方法は口座引落のみですが、繰り上げ返済ならATMで返済可能、みずほダイレクト利用者はホームページや電話での繰り上げ返済も可能です。

 

青森を拠点とする中小消費者金融

借入を行いたいと思った時には最初に都市銀行に相談してみる方が多いとされますが、青森県唯一の都市銀行であるみずほ銀行と条件が合わなかった時には消費者金融に目を向けることでしょう。

 

消費者金融と言っても種類があり、ここで紹介していくのは中小消費者金融です。消費者金融の中には正規業者でないこともあるので、その注意点も踏まえながらお伝えしていきます。

 

まず、青森県を拠点としている中小消費者金融は以下の通りです。

 

  • 株式会社日専連ホールディングス(法人)
  • 株式会社クボカン(法人)
  • ゴールド(個人)

 

これらは問題のない正規の消費者金融ですが、中小消費者金融の中に潜む悪質業者(いわゆる闇金)に引っかからないように目に留まった消費者金融が悪質かどうかを調べる方法を知っておきましょう。

 

正規業者であることを確認する方法は、貸金業者の登録番号を金融庁ホームページで検索してみます。そこで見つからなかった時には、悪質業者を調べる悪質業者のクイック検索を日本貸金業協会公式ホームページにて行います。

 

貸金業者の登録番号検索も、悪質業者のクイック検索も消費者金融名を入力するだけで検索できるので簡単です。申し込みをする前に、後々大変なことにならないようにちゃんと調べましょう。調べてみて、悪質業者であることや正規業者でないことが判明したら絶対に利用しないことです。

 

悪質な消費者金融を調べる方法が分かったところで、青森県を拠点としている正規業者の中小消費者金融の内容について説明します。上記では3つ記載しましたが、今回は株式会社日専連ホールディングス(法人)の内容を説明していきます。

 

株式会社日専連ホールディングス

各種ローンの他にも、カードショッピング・ショッピングクレジット・カードキャッシング・ギフトカードを取り扱っています。一般的な借入ということで、日専連プライムカードと呼ばれるキャッシング専用カードの概要を見てみましょう。

 

利用条件は、申し込みをした時の年齢が満20歳以上満75歳未満であること・青森県か秋田県か岩手県内に在住していること・毎月一定の収入があることです。申し込み方法は、インターネット・電話・郵送のいずれかです。利用を開始するために必要となる書類は本人確認書類と所得証明書なので、申し込みをする時までに用意しておきましょう。

 

融資ができるようになるまでの時間は、2週間から3週間となっています。急いでいる方は電話で相談することで、1週間で融資できるようになることもあります。限度額は10万円から300万円、金利は個人向けで7.2%から16.8%、個人事業者向けで7.8%から16.8%です。中小消費者金融の最高金利は20%なので、他の中小消費者金融の金利と比べると低金利なことが分かります。

 

中小消費者金融は都市銀行よりも金利が高い傾向にあり、青森県内では都市銀行のみずほ銀行(金利4%から14%)と株式会社日専連ホールディングス(金利7.2%又は7.8%から16.8%)の金利を比べると一目瞭然ですよね。

 

金利だけで言ったら、都市銀行の方が魅力的でしょう。しかし、申し込みのしやすさで言ったら株式会社日専連ホールディングスのような正規業者の中小消費者金融の方が良いと言えます。自分のニーズに合ったところで、借入を行いましょう。

 

パート・アルバイトでも使える青森のカードローン

都市銀行と中小消費者金融のことは大まかにでも分かったかと思いますが、パートやアルバイトでも使うことができるカードローンはあるのか?気になる方もいるのではないのでしょうか。パートやアルバイトの方でも、カードローンの利用を検討する機会はありますよね。

 

そのような時のために、青森県内でパートやアルバイトでも利用できるカードローンを知っておきましょう。

 

都市銀行であるみずほ銀行は低金利、中小消費者金融も低金利でしたが、地方銀行はどうでしょうか。

 

青森県内には

  • 青森銀行
  • みちのく銀行

があり、もちろんカードローンも取り扱っています。

 

基本的に、青森県の地銀が取り扱うカードローンは口座を持っていないと使えません。また、営業区域内に住んでいることも条件になるので覚えておきましょう。

 

では、青森銀行のカードローンから説明していきます。

青森銀行(略してあおぎん)は、明治12年に第五十九国立銀行として創業し、現代では青森銀行という名称になっていますが地銀として青森県内で親しまれている銀行です。あおぎんのカードローンには、比較的に低金利なAキャッシングがあります。

 

Aキャッシングの利用条件は、満20歳以上満75歳未満・個人・青森銀行の営業区域内に居住している又は勤務している・青森銀行の普通預金口座を持っていることです。申し込み方法は銀行窓口・インターネット・電話窓口で、どの方法でも即日融資は不可となっています。

 

利用のために必要となる書類は本人確認書類、場合によっては所得証明書を求められることもあります。限度額は10万円以上から1000万円以内で、金利は2.4%から14.5%と低めです。すぐに利用することは難しい話になりますが、口座を持っていると持っていないよりは早く始められます。

 

青森銀行のAキャッシングは低金利で限度額が高めなので、大きな額の借入を行う必要がある時に有用です。Aキャッシングのことが分かったところで、次にみちのく銀行のカードローンについてを説明していきます。

 

みちのく銀行のカードローンはトモカという名称で、利用条件はみちのく銀行の営業区域内に居住している又は勤務している・個人・収入が安定している・みちのく銀行の口座を持っていることです。申し込み方法には仮申し込みと本申し込みに分かれており、仮申し込みはインターネット・郵送・FAXでも可能ですが、本申し込みは窓口のみとなります。

 

必要書類は本人確認書類で、借入枠によって所得証明書が必要となることもあります。限度額は10万円から500万円、金利は4.9%から14%です。即日融資は不可ですが、パートやアルバイトの方、専業主婦の方でも利用することができます。ただし、パート・アルバイト・専業主婦の場合は限度額が10万円から100万円となります。

 

限度額10万円から100万円のみちのく銀行カードローンは、申し込み時の年齢が満20歳以上満64歳以下で収入が安定している条件があります。限度額200万円から500万円ではパート・アルバイト・専業主婦の方は対象外で、年齢は申し込み時に満20歳以上満59歳以下であることが条件となっています。

 

手軽に契約したい時には、ウェブトモカを利用しましょう。口座を持っていることが前提ですが、ウェブトモカを利用することで郵送と来店無しで申し込めます。限度額は300万円になりますが、限度額以外はトモカと変わりないです。トモカの申し込み窓口は、土日でも営業しています。

 

融資スピードが早い信用金庫を徹底比較!

都市銀行・消費者金融・地銀ときたら、最後に残るのは信用金庫ですよね。

 

青森県にある信用金庫には、

  • 青い森信用金庫
  • 東奥信用金庫

があります。

 

では、この二つの信用金庫のカードローンを融資スピードを重視して比較していきたいと思います。

 

まずは、青い森信用金庫から見ていきます。

青い森信用金庫では、青い森しんきんカードローンと青い森しんきん悠キャッするというカードローンを取り扱っています。信用金庫ではキャッするのローン商品を取り扱っているところが多いので、青い森信用金庫特有の青い森しんきんカードローンについてをまとめます。

 

青い森しんきんカードローンの利用条件は、申し込みをした時に満20歳以上満65歳未満・収入が安定している・青い森信用金庫の営業区域内に居住している又は勤務していることです。申し込み方法は、仮申し込みならインターネットかFAXで可能です。仮申し込みが通って本申し込みとなった時には、銀行窓口に行く必要があります。

 

必要となる書類は、運転免許証と所得証明書類です。どちらもコピーは不可で、原本を用意します。運転免許を取得していない場合は、パスポート・健康保険証・運転経歴証明書・顔写真付きの住民基本台帳カードでも良いです。所得証明書類は、契約限度額が110万円から300万円の時に必要となります。

 

限度額は10万円から300万円、金利は9.80%から14.30%です。限度額の定めはありますが、契約社員・派遣社員・嘱託社員・パート・アルバイト・年金受給者の方でも利用できます。

 

契約する限度額は10万円から50万円の場合は、収入が安定していなくても申し込み可能です。60万円から100万円の場合は、収入が安定している状態が継続的にあることで契約できます。110万円から300万円の場合は、青い森信用金庫の住宅ローンの実行先(融資実行予定も含む)、又は完済後3ヵ月以内で前年の収入が300万円以上であることが条件です。

 

青い森信用金庫の住宅ローンというのは、有担保で直接貸出されたものや青い森信用金庫が代理店や取扱店として取り扱う代理の貸付で貸出されたものを言います。青い森しんきんカードローンは申し込みから1週間ほどで融資が受けられるようになりますが、東奥信用金庫ではどうでしょうか。

 

東奥信用金庫のカードローン

利用する時には他の銀行と同様に、口座が必要です。口座を開設したら、東奥信用金庫で利用するカードローンを選びます。

 

東奥信用金庫にはカードローンの種類が豊富で、

  • とうしんカードローン
  • とうしんカードローン100
  • カードローン「ステップ」
  • ご満足カード
  • とうしんキャッする

のカードローンがあります。

 

実は、これらカードローンの他にも東奥信用金庫ではフリーローンというものを取り扱っています。その名もアシストで、融資スピードで見るとカードローンよりも優れています。即日融資は不可ですが、1日から2日で契約完了となるので1週間かかる青い森信用金庫よりも早く借入が行えます

 

ただ、フリーローンではカードローンのように借入を何度も行えるものではありません。東奥信用金庫のカードローンも3日ほどで融資が開始でき、青い森信用金庫より早いのでフリーローンでなくても早めに融資を受けられるようになります。

 

ここで注目したいのは金利で、カードローンでは最低でも7.5%はかかりますが、アシストは5.80%です。場合によって9.8%以上になることもありますが、基本的な金利を見るとアシストはお得です。

 

まとめ

今回は青森県で借入をしたい時に使えるカードローンについて紹介しましたが、青森県内には都市銀行・消費者金融・地銀・信用金庫を見ても低金利なところが多いことが分かりました。借入を行う時には返済のことを考えると金利は重大なチェックポイントとなるので、低金利なところが多いというのはありがたいことですよね。

 

ただ、即日融資が可能なところが少ないことはあります。東奥信用金庫のフリーローンアシストの1日から2日が最短ですが、カードローンとは違う商品概要になっているので、融資の契約内容をよく確認した上で借入を行う金融を選びましょう。

 

契約の申し込みをする時には年齢や所得など金融側が確認するべきことは似ていますが、銀行では多くの場合はその銀行の口座が必要となります。口座を持っていない段階でカードローンのお申込みをすると、まずは口座開設から行う必要があるので手間も時間もかかります。

 

また、銀行は混雑しやすいので行く時間を考えないとより待たされる可能性があります。銀行によりますが、窓口混雑照会サービスをホームページ上に設けていることがあるので、銀行に行く前に予測されている混雑情報を確認することでスムーズに申込み及び契約が行えることでしょう。今後の予測だけでなく、現時点の待ち人数を確認することもできるので便利ですよ。

 

カードローンの契約しようと思っていた銀行で口座がなく、口座を作りたい気持ちがない場合は消費者金融が向きます。

 

正規の中小消費者金融は口座を必要としないので、年齢や収入などの条件を満たしていれば申し込みをすることができます。

 

青森県内でどうしても即日融資で借入したい時には、大手消費者金融の利用しかありません。プロミスなどの大手消費者金融は全国各地に店舗があり、即日融資できることは魅力的かもしれませんが銀行や中小消費者金融よりも利用方法には気を付けた方が良いといわれています。

 

青森県にある信用金庫は、即日融資ではありませんが融資開始までの期間をできるだけ短くするスピード重視のローンもあるので、大手消費者金融を利用する前に融資スピードを重視した信用金庫のローン商品で何とかならないかを考えてみましょう。

 

アルバイト・パート・専業主婦など、一般的にはカードローンを行えないことが多い方でもカードローンを利用したい時には、限度額は少なくなりますが青森県内にもアルバイト・パート・専業主婦の方でも利用できるカードローンがあるので金利や返済方法に目を向けながら契約する金融を選ぶと良いです。

 

金利に関しては青森県内は低金利であることが多いので、金利を重視すると迷ってしまうかもしれません。金利の他、申し込み方法・限度額・必要書類・契約対象などの内容もしっかりと確認して利用しやすいところを選びましょう。

 

借入はお金を借りることなので、融資が始まった時点で返済がついてくることを忘れないことです。銀行や中小消費者金融では返済能力を確認するために、所得の証明書などの提示を求めます。そのため、返済できないであろうと判断されてしまうと契約できません。

 

自分の収入に合った限度額のローンで契約をすることで、申し込みは通りやすくなります。消費者金融を利用する時には返済能力の有無も確認せず借入できる悪質業者に注意することが大事で、信用性で言えば銀行がおすすめです。


×