パート・アルバイト・派遣でも借りれる金融機関

MENU

パート・アルバイト・派遣でも借りれる金融機関はココ

 

最近は雇用形態が多様化し、正社員以外の非正規で働く方も増えています。一般的にパート、アルバイト、派遣社員などは正社員に比べて賃金は低い傾向にあり、またボーナスなどの賞与も与えられない事も多いことから、収入が低い傾向にあります

 

収入が低いということは、毎月の生活費だけで貯金を余分にする余裕が少ないことを意味します。何か不測の事態が起こった際には、貯金では賄えないこともあるでしょう。そんなイレギュラーの事態に利用が出来るか検討したいのがカードローンです。正社員以外でも審査が通ることがあるので、あきらめずに金融機関に問い合わせてみましょう。

 

安定した収入さえあれば借りれる

金融機関にとっても、正社員しかカードローンを借りることが出来ないという状態は顧客を減らすことに繋がります。安定した収入という面では、正社員として就労されている方の方が安定していると言えます。

 

しかし、現実問題として正社員の総数が減っている傾向にあり、パート、アルバイト、派遣社員の割合が増加している現代においては、金融機関の側から見ても、パートやアルバイト、派遣社員などの非正規雇用の方にも利用してもらわなければ業績に影響します。

 

パートやアルバイト、派遣社員でもOK

パートやアルバイト、派遣社員の方であっても、毎月一定の収入があり、その収入が確認することが出来ればカードローンを借りることが出来る場合があります。

 

もちろん、収入の額に見合わない金額を急に借りるということは難しいですが、パートでも毎月の収入から鑑みて無理のない返済計画を立てられる範囲内であれば、審査が通る可能性があります。その際にはきちんと働いているかどうか確認する意味でパートやアルバイトでも就労先に在籍確認の電話が入ることもあります。

 

銀行でも借りれる

パート、アルバイト、派遣社員など非正規雇用で働いているので、銀行でカードローンを借りることは出来ないのではないかと考えていらっしゃる方も少なくないのですが、必ずしも銀行で断られるという訳ではありません。

 

毎月の収入によって借入出来る金額は変わってきますが、パートの方でも銀行のカードローンを利用することは出来ます。パートの方の場合、配偶者の方の収入状況などによって、配偶者の家族カードのカードローンを利用できる可能性もあります。

 

非正規雇用についてのコラム

現在日本は少子高齢化でパートやアルバイト、派遣社員など非正規雇用で色々な雇用形態で働いてもらわなければ労働人口を維持できなくなってきています。

 

今後非正規雇用で働く方は増えていくことが予想されますので、正規雇用ではない場合でも金融機関のサービスが利用できるように、より柔軟な対応がされるようになるでしょう。どんな働き方であったとしても受けられるサービスに差がなくなっていくことが予想されます。

 


×