バンクイックを借り換えしようとお考えの方へ

MENU

バンクイックで借り換え

借り換えとは、他社の借入を特定の金融機関にまとめることによって、金利を低くしたり支払う金額をわかりやすくし、完済を目指していく利用方法のことです。

 

特に金利の高い借り入れは元金が減りにくいので、金利を低くするだけでも完済が見えてくるようになります。

 

中には「おまとめローン」として、専用のローンを用意している金融機関もあります。バンクイックでも借り換えは可能ですが、「おまとめローン」ではありませんので、いくつか注意しなくてはならないことがあります。

 

バンクイックは借り換えに使える?

バンクイックには「借り換えローン」、「おまとめローン」としての商品は存在していません。

 

バンクイックで借りることができるのは、すべて使用使途自由の「カードローン」です。しかし銀行系カードローンですので、総量規制の影響を受けずに借り入れをすることができます。

 

借入目的を「借り換え」とすれば、金融機関側でもその点を判断して審査を行ってくれます。消費者金融などで借り換える場合よりも高い限度額を設定してもらえる可能性があるバンクイックは、一般のカードローンですが借り換えに利用するのにも便利な一枚です。

 

バンクイックで借り換えるメリットは、金利の低さにもあります。限度額が小さいうちは金利も比較的高く設定されてしまいますが、200万円以上の契約となれば最大金利が1ケタ台にまで下がります。この水準まで金利が下がれば、他の消費者金融や銀行の借入であっても借り換えるメリットが生まれます。

 

また、おまとめローンの場合は返済できるのは他社での「借り入れ」であって、クレジットカードのショッピング枠の返済をすることはできません。バンクイックはおまとめローンとは違っているため、そうした制約がないのも特徴の一つです。

 

クレジットカードのショッピングがリボ払いになっていて困っている場合でも利用できる点は、制限が加わっている「借り換えローン」や「おまとめローン」よりも融通が利きます。さらに借金ではないとしても、年金や税金の支払いにも利用できます。

 

借り換え資金は自分の手元に入る

おまとめローンの場合は、他社の借入を金融機関が代行して返済するものも多くあります。そうすることで借金が契約したおまとめローンの提供先にまとまるのです。

 

ここで1つ注意しなくてはならないのが、バンクイックの借入はこうしたローンと違い、一度は自分の手元に資金が入るという点です。そのまま目的通り他社の返済をすれば問題ありませんが、中には多額のお金を手にしたことによって意思が揺らぎ、本来の目的とは違う利用をしてしまう人もいるのです。

 

もしそうなれば借金の借り換えはできていませんので、新しく借金が増えることになります。もちろん支払い額も増額してしまいますので、結果として負担は大きくなってしまうでしょう。

 

中でもお金を借りて株式取引やFXをしている人は注意が必要です。そのお金があれば元を取れると思ってしまうことがあるためです。新しく借りたお金を取引に利用して失敗すれば、取り返しがつかないことにもなりかねません。

 

また、限度額にもよりますが利用するATMには一回に引き出せる上限金額が設定されています。少ないところでは30万円程度になるものもあります。一度に大金を引き出すのは危険でもありますので、いったん銀行へ振り込みキャッシングをし、ネット上で返済することができるローンから完済をしていくと良いでしょう。そのほうが手続きにかかる時間も短くなります。大金を持ってあちこちの金融機関に行くのは危ないので、返済しやすいところから返していくと良いでしょう。

 

審査ハードルが高まる可能性がある

バンクイックはあくまでもカードローンの契約ですので、与えられた限度額の利用方法については問われません。借り換え目的だと言って契約して借り換え以外のものに使ったからといって、おまとめローンや借り換えローンのように問題になることはないのです。金融機関側でもその点は考慮して契約することになりますが、別の目的で利用する可能性があると判断されれば審査ハードルが高くなる可能性があります。

 

また、バンクイックは銀行系カードローンでありながら審査基準がアコムレベルだと言われていますが、それでも多重債務であると判断されると借り入れは難しくなります。もし他社の借り入れ件数が多い場合は、一度すでに契約済みの金融機関内で、残高を圧縮する必要があります。特に少額の利用であればすでにあるカードローンの増額で丸々吸収することもできます。

 

バンクイックが難しいと判断された場合はまずは信用情報にも借金を圧縮する意思があることを示すために、借金の件数を減らす努力をしましょう。

 

他社の借入で延滞中になっているものがある場合も注意が必要です。消費者金融でも銀行でも、延滞中の借り入れがある場合はほとんどのケースで契約ができません。中小消費者金融でも延滞に関しては厳しく判断することがありますので、申し込み前に支払うべき返済がないかも確認しておきましょう。借り換え目的で借りる場合、他のことに利用しないという強い意志をもって借りなくてはなりません。


×