ブラックでもキャッシングできる?おまとめローンってあるの?

ブラックでもキャッシングできる?おまとめローンってあるの?

おまとめローンは複数ある借り入れをまとめて、完済を目指していくローンです。

 

銀行では「おまとめローン」として商品化しているところもたくさんありますが、実は消費者金融でもおまとめローンのように借り換えることは可能です。

 

しかしおまとめローンは大きなリスクを1社で引き受けるため、審査が非常に厳しいのが難点です。特に過去に任意整理、法的整理などで金融事故を起こした記録が残っている、いわゆる「ブラック」の人が、大手金融機関の審査に通ることはかなり難しいでしょう。

 

ブラックになっている人でも利用できるおまとめローンはないのでしょうか。

 

おまとめローンは総量規制の対象外になってます

ブラックと一言で言ってもさまざまな状況があります。任意整理や自己破産、個人再生など手続きを取った人の場合、債務は圧縮されているはずです。

 

それでもおまとめローンを利用するような状況になっていることは考えにくいので、この場合のブラックは、長期間の延滞をしてしまってカードが強制解約になった状況であると判断します。

 

基本的にどこの金融機関でも他社で延滞をしてしまっている状態では契約することは難しくなります。延滞が解消されているのであれば、中小消費者金融ではおまとめローンを利用することができる可能性が出てきます。

 

大手の金融機関では仮審査を「スコアリング」という評価で行っており、完全に自動的にコンピューターが判断をしています。スコアリングの中では個人個人の状況は判断されませんので、いかなる事情があったとしてもコンピューターは融資不可と判断するでしょう。

 

しかし中小消費者金融の場合は対面与信で事情を聞いてくれたり、審査に人が介入する余地がありますので、申込者の人柄を判断して契約できる可能性があるのです。

 

また気になる限度額についてですが、ライフティ、エニー、SGファイナンスなど、中小の消費者金融の中でも最大融資額が高く設定されているところもあります。SGファイナンスに関しては上限金利も12.65%と低く設定されていますので、おまとめローンを利用して債務を圧縮するには有利な条件と言えるでしょう。

 

こうした企業は過去に自己破産や債務整理をした人に対しても柔軟に対応してくれています。また、金融事故を起こしても7年程度経っていれば信用情報が消え、大手の金融機関でもおまとめローンを利用できる可能性もあります。

 

一度ブラックになったからと言って一生ブラックなわけではなく、ブラックと判断できる情報にも抹消期限が設定されており、それを過ぎれば新規の契約もできるようになるのです。もちろん古いデータが消えても最近延滞をしてしまっていた場合は利用できませんが、一度自分の信用情報にどのようなデータが残っているのか確認してみるのも良いでしょう。

 

信用情報は信用情報機関のホームページから取り寄せることができます。取り寄せたデータの中で毎月の支払い欄のところに$マークが並んでいるようであれば、信用情報はクリアであるといえます。

 

この$マークは、支払日にきちんと返済があったことを表すマークです。延滞をしてしまっているとAマークなど、別の記号が並ぶことになります。

 

おまとめローンで気を付けなくてはならないのが闇金ですが、こうした中小消費者金融は金融庁に貸金業登録されている正規の業者ですので、違法なことはしません。ただし名前を似せて営業している闇金もいますので、申し込みをする場合は正規のホームページかどうかしっかりと確認してから申し込みを行いましょう。

 

消費者金融のローンと聞くと総量規制が浮かびますが、実はおまとめローンは総量規制対象外となります。これは借りる側に一方的に有利な条件となる場合は例外とする、という項目に該当しているためです。ただしおまとめローンを利用することで有利になるかどうかは既にある借り入れの契約条件によっても異なります。低金利の銀行系カードローンが多い場合は、おまとめローンを利用することで借り入れはまとまっても、金利は高くなってしまうこともあります。

 

ブラックの状態では契約できる金融機関がとても限られてしまいますので、おまとめローンを利用する前と後でどのような違いがでるのか計算してから申し込みをしましょう。

 

1つ気を付けなくてはならないのが、中小消費者金融では対面審査を導入している場合がある点です。ブラックのためスコアリングだけでは審査に通ることができないのですから、仕方のないことではあります。しかし地方から上京させたあげくに審査に通らなかったというケースもあります。中小消費者金融でも地方に店舗を構えているところはありますが、東京など、都市部にしか店舗を置いていない金融業者に申し込みをするときは、無駄足になってしまう可能性があることも意識しておきましょう。

 

こうした中小の金融機関は大手が融資できなかった人たちの受け皿となっている部分もあり、ブラックであっても親身に相談に乗ってくれるところもあります。借り入れをまとめることができたら、計画的に返済を進めて二度と信用を失わないようにしましょう。

 

キャッシングで即日借りれるランキング