消費者金融はボーナスで返済できる?

MENU

消費者金融はボーナスで返済?

ここでは、消費者金融はボーナス払いで返済ができるのかという問題について解説をします。結論から言うと、消費者金融ではボーナス払いという返済方法はありません。しかし、それはデメリットではないことがこのページを読んでもらえたら納得できる方も多いと思います。

 

また、ボーナス払いをすることのリスクについても、ここを読んで理解をしておいてください。このページの最後のほうでは、ボーナス払いをしたい人におすすめのキャッシング・カードローンを紹介します。

 

ボーナス返済という方式はあるの?

消費者金融のキャッシングや銀行カードローンなどでは、ボーナス払いという返済方法はありません。キャッシングやカードローンでは、原則としてリボ払いしか選べません。

 

クレジットカードでは、一括払い、二回払い、ボーナス払い、分割払い、リボ払いという5種類の返済方式の中から好きなものを選べるようになっていることが多いです。クレジットカードでショッピングをする時には、ボーナス払いという方式が選べます。一括払い、二回払い、ボーナス払いという返済方式なら、手数料が無料なのでお得です。

 

リボ払いといっても、いくつかの返済方式に分けられますが、残高スライド方式になっていることが多いように思います。

 

残高スライド方式というのは、残高によって毎月の最低返済金額が決まる方式のことを言います。

 

例えば、残高が50万円ならば毎月の最低返済金額は2万円、残高が20万円ならば毎月の最低返済金額は1万円というように、残高に応じて毎月の引き落とし金額が決まります。そのため、返済を進めていくにつれて毎月の負担を減らしていけます。

 

住宅ローンや自動車ローンなどでは、ボーナス時にだけ返済額を増やすということができるケースが多いですが、キャッシングやカードローンでは、基本的に残高に応じて毎月の最低返済金額が決まるというシンプルなものになっています。しかし、会員画面で設定をすることで、その月だけ多めに引き落としをしてもらったり、ATMから随時返済をしたりといったことができるので、それほど大きなデメリットではありません。

 

ボーナス払いはお勧めできない!

日本では年功序列制が崩壊し、実力主義の社会になりつつあるので、ボーナス払いで失敗する人も増えています。ボーナス払いでは、夏と冬にまとめて大きなお金が引き落としされますが、予定通りにボーナスが支給されなかったときに、一気に破綻をしてしまうリスクがあります。

 

消費者金融でボーナス払いが可能であったと仮定して、春に50万円を借りて、夏に50万円が一括で引き落とされる予定だったとします。ボーナスは毎年夏と冬に60万円はもらえていたので、安心しきっていたところ、実際に支給されたのは10万円だけだったとします。

 

すると、差額の40万円をなんとか用意できなければ、延滞扱いとなってしまいます。延滞をすると遅延損害金が20%程度かかってきますので、40万円の20%である8000円が毎月上乗せされます。

 

40万円は一括で支払わなければならないので、翌々月までに40万円と遅延損害金が用意できず、延滞が3ヶ月続けば、ブラックリストにのってしまいます。

 

現在では、会社の業績不振などでボーナスが支給されない中小企業もたくさんあります。また、仕事でミスをしてボーナスを減らされてしまう可能性もあります。ボーナス払いは一気に破綻をしてしまうリスクがあるので、基本的にはお勧めができません。

 

クレジットカードのショッピング枠ではボーナス払いにしていると手数料が無料になるのでお得ですが、使いすぎには十分に注意をしておくべきです。住宅ローンや自動車ローンでボーナス払いを設定する場合にも、返済プランで余裕を持たせておく必要があります。

 

ボーナス払いが出来ないのなら

消費者金融でボーナス払いを利用したい人の多くは、毎月の負担を減らして、ボーナスで一括返済をしてしまいたいと考えていることでしょう。しかし、消費者金融や銀行カードローンでは、月々の負担がかなり低めに設定されているところもあります。

 

例えば、5万円を借りたケースなら、月々の最低返済額は2000円〜4000円程度とかなり低めに設定されているところが多いです。10万円を借りたケースなら、月々の最低返済額は2000円〜5000円程度になります。

 

ボーナス払いをしたいという人は、50万円くらいは借りたい人かもしれません。50万円を借りた場合の月々の最低返済額は、1万円〜1万5千円程度になっている消費者金融、銀行カードローンが多いです。

 

消費者金融や銀行カードローンの中でも、毎月の負担が低く抑えられていて、おすすめのカードローンは、バンクイックとなります。バンクイックは銀行カードローンなので、金利が低めになっていることもメリットです。銀行カードローンは消費者金融と比べて審査が厳しいと考えている人が多いですが、実はバンクイックの審査基準は消費者金融並にハードルが低いという意見もあります。

 

ボーナス払いで50万円を借りたい人は、バンクイックで借りて、毎月1万円ずつを返済していき、ボーナスが出たタイミングで残りを一括で返済をしてしまうという方法がおすすめです。万が一ボーナスが思っていた金額よりも少なくても、リボ払いなので翌月からも1万円ずつ返済をしていけば延滞にはなりません。


×