万が一クレジットカードを不正利用されてしまったらカード会社はどのような対応を取ってくれるの?

MENU

クレジットカードを不正利用されてしまったら!?

現代の生活において非常に重要な立ち位置にあるクレジットカード。ですがこのクレジットカードは簡単に決済ができてしまう分、現金決済と比べるとトラブルも多く報告されているのがデメリットです。

 

中でも恐ろしいのが不正利用であり、ある日クレジットカードの請求書を見たら使った覚えも無いのに何十万円も請求があったなど、非常に恐ろしい思いをしてしまうことでしょう。

 

ではこういった不正利用があった場合、クレジットカード会社はどのような対応を取ってくれるのでしょうか。

 

よく言われるのが「不正利用の分はカード会社が立て替えてくれる」ということですが、無制限に対応してくれるのか、どのような不正利用でも対応してもらえるのかわからないことも多いでしょう。

 

ここではクレジットカードが不正利用の被害に遭ってしまった場合、カード会社がどういった対応を取るのか解説していきます。

 

不正利用分はどうなる?

まずクレジットカードに不正利用分があった場合にはどうなるのかと言うと、基本的に不正利用だとわかったのであればそれは全額クレジットカード会社が負担してくれるのが普通です。もちろんカードの裏面の署名欄にしっかり署名が無くてはならないなどの条件はあるのですが、普通に規約を読んでその通りに従っていれば、不正利用分はカード会社が負担してくれますので安心して下さい。

 

またクレジットカードは不正利用の被害に遭いやすいということはカード会社もわかっていることですから、最近ではクレジットカードの不正利用を未然に察知できるような仕組みも作られてきました。

 

例えば異常な購買行動、これは家電やパソコンといった換金性の高い商品を一度に大量に購入したようなケースが該当するのですが、こういった異常な購買行動があった場合にはカード会社のシステムによって発見されて、決済が行われる前にすぐにカードの持ち主に連絡が入るようになっています。その連絡で「そんな買い物した覚えが無い」となったのであれば、その段階でカードを停止して、それ以降の不正利用を未然に防ぐわけです。

 

ただこういった対策はあくまでもトラブルが起きた後、被害が拡大するのを防ぐためのものでしかありません。ですのでクレジットカードの不正利用はしっかり補償してもらえると考えるのではなく、未然にトラブルに巻き込まれないようにリスク管理をしておくことが大切です。

 

暗証番号は生年月日や電話番号といった個人情報と関係ないものにする、クレジットカード裏面のセキュリティコードは絶対に誰にも教えない、クレジットカードを紛失した場合はすぐにカード会社に申告するといった対策はしっかり行いましょう。また不正利用のあと数ヶ月経ってからカード会社に連絡しても対応できないといった事例もありますから、クレジットカードの請求書は毎月しっかり確認するようにしましょう。

 

自分でカードを利用したことを忘れているケースがほとんど

「不正利用の被害に遭ったかも」と考えてカード会社に連絡する人は非常に多いのですが、実はそういったケースのほとんどは「利用したことを忘れている」というケースだというのは覚えておきたいポイントです。

 

例えばカード会社によく来る質問となっているのが「この日に利用した記録があるんだけれど、私は利用した覚えがありません」といったものなのですが、実際には請求元とカードを利用した場所の名前が違うなどのケースも多く、ただ利用したのを忘れていたり同じ場所だと気づいていないケースが非常に多いわけです。

 

実際こういった質問があって調査してみて、その結果をお客さんに伝えると「それなら確かに覚えがある」という結果になることが多いため、もし不正利用ではないかと思えるような履歴が残っていたとしても、不正利用ではない可能性もあるのです。

 

特にカードを商品購入に利用したのではなく、何かのサービスの有料会員に登録していて、その会費がカードで支払われていたなどの場合は不正利用ではないかと誤解されることが多いですから、あわせて確認をしてみると良いでしょう。

 

もちろん記憶を辿ってみても一切思い当たる節が無いという場合には、コールセンターに連絡して確認を取ることも大切です。カード会社はお客さんから来た問い合わせを無視することはありませんし、調べてみて不正利用があったという確証があれば30分少々でカードを停止することが可能です。

 

コールセンターは13〜15時くらいの時間帯が最も繋がりやすいですから、何度かけても電話が繋がらなくて困ると感じている人はこういった時間帯を狙って電話をかけてみることをおすすめします。ちなみに時折「一般会員は後回しでゴールドカードなどのランクが高い顧客が優先的に対応されている」と言われることもありますが、これは基本的にあり得ないことですから安心して下さい。

 

カード不正利用のお話を伺って

このようにクレジットカードでは不正利用の被害に対してさまざまな対策をしていますし、万が一不正利用があった場合には必ずしっかりとした対応をしてくれます。

 

加えてもう一つポイントになるのは「不正利用だと思われていることの大半は自分で利用したのを忘れているだけ」ということです。特に有料会員などの会費引き落としは勘違いされやすいポイントになっていますから、自分がいつカードを使ったのか、また請求書に思い当たる節が無い請求が掲載されていた場合には本当に自分と関係ないものなのかチェックが必要です。

 

またこういったトラブルを避けるためには、使う側がしっかり注意することも大切だというのは忘れてはいけません。

 

例えば暗証番号を誰にも教えてはいけない、カードはしっかり保管するといったことは基本中の基本として押さえておきたいポイントになりますし、クレジットカードを利用した際に発行されるレシートは分けて保管しておいて、請求書と照らし合わせて間違いが無いかどうかチェックすることも大切です。

 

もしこういったことが難しいと感じるのであればクレジットカードをなるべく持ちすぎないようにして、多すぎると感じた時は不要なカードを解約するのも良いでしょう。

 

加えてもし紛失したり、家の中にあるはずなのに見つからないということになってしまったのであれば、すぐにカード会社に連絡してカードの停止を申し出るようにしなくてはなりません。クレジットカードは一度停止したら永遠に使えないというものではなく、問題が解決さえすればまた利用を再開することが可能です。クレジットカードの盗難や不正利用の被害を最小限にするためにも、こういった自分でできることはしっかりと行っておきましょう。

 

まとめ

今回はクレジットカードの不正利用が発生した場合のカード会社の対応と、不正利用ではないかと疑えるようなことが起きた時に利用者側が行うべきことを解説してきました。

 

まとめると、万が一クレジットカードで不正利用があった場合にはカード会社がその不正利用分を立て替えてくれますからユーザーが何らかの負担をする必要はありません。

 

ただこういった不正利用としてカード会社に相談が寄せられるケースの大半は勘違いによって引き起こされているものですから、請求書を見てすぐに「これは不正利用だ」と考えるのではなく、まずその怪しいと思った請求が本当に不正利用なのかチェックしなくてはなりません。

 

もし過去のレシートなどと照らし合わせて本当に一切自分と関係の無い請求だったという時には、コールセンターに連絡して対応をしてもらうようにしましょう。

 

このコールセンターへの連絡は13〜15時くらいが最も繋がりやすく、カードのランクによってカード会社の対応が変わるなどのことはありません。コールセンターに連絡して調査をしてもらった後で間違いなく不正利用だとわかったのであれば、それはカードを停止してもらって解決してもらうようにしましょう。

 

このカードの停止は一度行われたから永遠にカードを利用できないというものではなく、あくまでも一時的な措置に過ぎません。その対応がカードの再発行になるのか、それとも別の対応になるのかというのはケースバイケースですが、一番良くないのは「カードが使えなくなると困るから」などの理由で連絡をしないことです。

 

仮に本当に不正利用をされていたとすると、その後も継続的に被害に遭う可能性がありますから、リスクを管理することを忘れずに、トラブルがあった時にはすぐに連絡するようにしてください。


×