在籍確認の不明点を解決!元担当者が明かす在確の対処法

在籍確認の不明点を解決!

クレジットカードの発行のときや、各種ローンの申込みなどのときに審査の一環として「在籍確認」というのが行われます。これは勤務先にローン会社などが電話をかけるという審査方法なのですが、かなり不安になるという人が多いのではないでしょうか。

 

在籍確認はいくつかのやり方がありますが、大体のやり方は同じです。在籍確認の方法、もっと詳しい方法や対処法、もし何かあったときはどうすればいいのか、というようなことを解決しましょう。

 

在籍確認でのやり取りについて

そもそも在籍確認のやり取りはどういうものかというと、あまり難しいものではありません。

 

 

ローン会社からの電話は、本人が出る場合は以下の様なものです。

 

「山田と申しますが、田中様はいらっしゃいますか?」

 

「はい、田中は私です」

 

「ローン会社の山田と申します。この度は当社ローンへのお申込ありがとうございました。在籍確認のためにお電話いたしました。引き続き審査を進めてまいりますので、よろしくお願いします」

 

これで在籍確認は完了です。

 

本人が出ない場合は以下のようなやり取りになります。

 

「山田と申しますが、田中様はいらっしゃいますでしょうか?」

 

「申し訳ありません、あいにく田中は席を外しております」

 

「そうですか。何時頃お戻りの予定でしょうか」

 

「17時頃です」

 

「承知しました。またお電話します」

 

実は本人が出なくても、これで在籍確認が完了するのです。

 

在籍確認とは気づかれないように注意しながら対応

申込みの際に、会社にローン申し込みだとわかるのが嫌だという人は多いでしょう。在籍確認で発覚する可能性はありそうだと思うかもしれませんが、実はローン会社もかなり配慮しています。

 

上のやり取りを見ると分かるのですが、ローン会社は基本的に在籍確認では会社名を名乗りません。本人だと判断すれば会社名と個人名を名乗り在籍確認だと伝えることが多いのですが、それ以外の場合は全て個人名となっています。

 

例外として一部の銀行では本人の希望があれば銀行名を出すことがあります。これ以外の場合はまず名前を出すことはありませんので、安心してください。

 

消費者金融の場合は、個人名で電話をかけるだけではなく、さらに電話番号は非通知となっています。このため、電話番号から電話をかけた相手を特定することは少なくなるのです。また、銀行も希望すれば非通知で在籍確認をします。

 

また、在籍確認だということは本人以外には絶対に伝えませんし、折り返しの電話がかかってきたら社名を伝え「キャンペーンの通知でお電話しました」などとごまかします。

 

細かい要望をしたい場合はどうすれば良い?

在籍確認の際、細かい要望に対応してくれるところもあります。まず、申込時に在籍確認というものがあるということは伝えてくれるところがほとんどです。中には「この日からこの日の間に電話をしますが、不在の日はありますか?」ということを確認してくれる銀行もあります。

 

日時指定をしてくれるところもあります。ただし、明らかに不自然な数週間以上も先の場合、早朝や深夜などの変な時間帯も受け付けられないことがほとんどです。ちなみに日時指定をすると「どうしてその日がいいのですか?」と理由を聞かれる場合があります。理由が不自然な場合は、審査に影響する場合もあるようです。

 

オペレーターの性別指定ができる場合もあります。オペレーターの性別がどちらかでないと都合がわるい場合、一度相談しておきましょう。ただし全ての銀行などが対応しているわけではありません。

 

ただ、自分以外の人に繋いでもらうこと、また偽の社名を使うことはできないのです。この点は注意しましょう。

 

電話がつながらないが原因で審査に落とされる事もあるの?

在籍確認は電話での連絡となり、確認ができなければ審査に落ちる可能性はあります。勤務先への電話がつながらない場合、勤務先で在籍しているかどうかを確認できない、という場合は審査落ちする銀行もあります。

 

ですが、仮に在籍確認に通らなくても、他の方法で確認できる可能性もあります。

 

これは在籍していることを確認する書類を提出するというもので、社員証、給料明細、雇用契約書の写しなどを提出すると、在籍確認の代わりになる可能性があるのです。ただ、すべての銀行がこれに対応しているわけではありません。消費者金融などでも対応しているわけではないので、在籍確認が通らない場合は落ちる可能性が十分あります。

 

例外的な処理なので、すべての人ができるわけではありません。中には与信枠などに影響する可能性もありますので、できるだけ対応できるようにするのが基本です。

 

在籍確認が原因で審査に落ちる理由

ちなみに、在籍確認が原因で審査に落ちる可能性もあります。代表的な理由としては、そもそも本人が勤務していなかった、嘘の電話番号や勤務先を申請していたという場合です。この場合、過去の勤務先でも同様です。虚偽の申告の場合はその後しばらくの期間警戒され、まずローンに通ることはありません。

 

次に、偽装会社を使った場合です。偽装会社とは、勤務実績がなくても勤務しているというアリバイを作る会社です。実はこういう偽装会社を利用した場合、まず確実に審査落ちします。

 

休職中も審査に落ちます。これは籍だけをおいている場合、休職中だという時点で審査落ちするのです。ただし、この場合でも収入があったり、復職予定が決まっていたり、借入額が大きくない場合は審査に通る可能性があります。

 

最後に、申込内容で不審な点がある場合も審査落ちすることがあります。電話をかけて変な対応をなされた場合などは、在籍確認でおかしい点があったとして審査落ちするのです。

 

複数ある勤務先の電話番号はどの電話番号を記入すべき?

勤務先が大手になると、代表番号・直通番号など、いくつかの番号を持っていることもあります。このとき、どの電話番号を記入するといいのでしょうか。

 

直接雇用されている正社員・公務員・契約社員・パート・アルバイトなどの場合、勤務先の番号を記入します。この時、直通番号を書くほうが良いという銀行もあれば、代表番号を書いたほうがいいという銀行もあります。どちらにせよ本人が電話に出るか不在だと分かればいいので、できればどちらも書くといいでしょう。もしくは申込みの際にどちらを書けばいいのか銀行に質問するのが確実です。

 

一方、派遣社員の場合は派遣先・派遣元のどちらかを求められる場合もあれば、両方を書く場合もあります。

 

申し込みの際に指定している銀行もありますので、その場合は指定された方を書き、できれば両方書くのが良いでしょう。

 

自宅に連絡が来るケースも

ちなみに、自宅に連絡が来るケースもあります。これは会社に何度連絡をしてもなかなか在籍確認ができない場合に行われます。この場合はなかなか本人確認が取れない場合に限り、個人名で電話をかけてくる場合があります。この場合でも普通に対応すれば問題はありません。

 

また、自営業者で家と電話番号が一緒という場合も自宅に電話連絡があり、在籍確認がなされるケースがあります。この場合も個人名で電話がかかってきますが、場合によっては本人確認の電話と在籍確認の電話が一緒に行われる場合もあるのです。このため、場合によっては本人確認と在籍確認が一度で完了する場合もあります。

 

ただ、こういったケースはかなりまれです。基本的に在籍確認は勤務先に連絡するものなので、この場合は審査に影響する可能性があります。よく注意しておくといいでしょう。

 

まとめ

在籍確認は勤務先に連絡するということですが、プライバシー等にもとても配慮しています。このため、正しい情報をきちんと伝えており、間違った対応をせず慌てず対応すれば特に問題はなく、スムーズに済むものです。

 

このため、もし電話番号をどれにするか迷ったり、申込みの際にわからないことがあれば銀行に相談しておきましょう。オペレーターの性別や電話のタイミングもお願いすることができます。

 

ただし、銀行や消費者金融によって対応できる範囲は様々なので、事前に問い合わせておくといいですね。

 

申込みの際に注意しなくてはならないこととしては、虚偽の内容で申し込まないということです。不審な内容や申込でおかしい点があれば審査落ちすることがほとんどなので、虚偽の内容で申し込まず、なおかつ申込みの際には間違いがないように気をつけておきましょう。

キャッシングで即日借りれるランキング