フクホーは即日借入出来るのかを検証してみた!

フクホーは即日借入出来るの?

日頃の暮らしの中で緊急性の高い出費を余儀なくされることはよくあるもの。そんな時にお金が不足するようであれば消費者金融で借入契約を行うと、スピーディーに融資を受け、不足額を埋め合わせることが可能です。

 

中でも注目を集めているのが中堅どころの消費者金融のフクホーです。ネットや電話、店舗窓口など様々な契約窓口を持ち、対応も素早いことで知られるフクホーですが、果たして今日、明日中にお金が必要になった時に、フクホーで即日借入することは可能なのでしょうか。

 

様々な活用例をもとに検証してみました。

 

結論、即日は・・・

もしも大手で借入できなかったり、審査に落ちてしまったり、あるいはもっとスピーディーな借入契約を実現させたい時、中堅どころの消費者金融のフクホーはまさにうってつけのサービスをもたらしてくれるものとして知られています。その受付時間帯の長さや申込方法の多様性、そして審査の通過しやすさ、通過から融資までの迅速性などの面から言ってもフクホーは他社のサービスに見落とししないほどのクオリティを持った金融会社だと言えるでしょう。

 

しかしながら、もしも大切な支払い期限が今日中や明日に差し迫っていて、その不足している分のお金をどうにかして捻出しなければならないといった時、フクホーにて即日借入が出来るのかどうかについて一度考えてみる必要があります。

 

確かにフクホーのホームページにアクセスすると、まず飛び込んでくるのが即日融資可能という文字。ネットで申込を行えばかなりスピーディーに対応してもらえるというイメージが膨らみます。もちろん、そこには審査状況や混み具合によって対応が翌日以降にもつれ込むこともありますという断り書きは掲載してあるものの、これは場合によっては即日融資ができないということにもつながる言葉と言えるでしょう。

 

また、改めてフクホーが提供している融資サービスの手続きの流れを確かめてみると、そこには独特の手法が存在することが目を引きます。それはコンビニを使った契約書の取り出しという過程です。これは他の全国チェーンの消費者金融などでは用いていない手法で、有名コンビニチェーンを活用できることから利便性には適っているものの、わざわざそこまで取りに行かなければならないという面倒が付随しますし、さらにそこに記入した上でフクホー側に郵送しなければならないという手間暇が生じます。

 

これでは即日融資が可能などころか、申し込んでコンビニで契約書を取り出してという段階ですでに即日の期限が経過してしまい、必要なお金が賄えないことに繋がってしまいます。

 

こういったジレンマを解消する上でも電話窓口などでオペレーターに即日融資できる方法を尋ねたり、スピーディーな対応を求めるというのも一つの手ではありますが、現実的な一般的なサービスとしてはフクホーでは即日借入は無理、という見解が最もしっくりする答えと言えるのではないでしょうか。

 

申込から融資までの流れ

 

中堅どころの消費者金融であるフクホーでは、様々な申込窓口を使ったサービス案内及び受付を行っています。中でも最近特に利用者件数が急増しているのがインターネットを使った申込でしょう。

 

日本人の老若男女の多くがスマートフォンを手にするようになった時代、誰もが手元の端末から簡単にフクホーのホームページにアクセスすることによってそこに必要事項を記載して申請すると受付が完了します。この時、身分証や収入証明書などの提示が求められることもありますので、事前にしっかりと準備しておいたほうが対応が素早くて便利でしょう。特に会社から源泉徴収票などをもらわねばならない際は注意が必要です。

 

こうやって申込が完了するとフクホー側の審査が行われます。この時には主に申請内容に抜けや間違い、虚偽がないかを確認した上でフクホーの融資基準に合致しているかどうかが判断されます。

 

その上で信用情報機関への照会を通じて過去の借入や返済履歴に問題がなかったか、ブラックリストなどに掲載されていないかどうかのチェックが行われ、さらに勤務先への在籍確認が行われて申請時に記載した勤務先にきちんと勤務実態があるのかどうかが確認されることになります。

 

こうして以上のようなチェックポイントを経過して何も問題がないようであれば晴れて審査通過となるわけですが、多くの場合にはフクホー側から電話にて審査通過の連絡が行われます。その際に伝えられるのが8桁の予約番号です。これはコンビニの端末を使った契約書を入手するために必要なもので、セブンイレブンにはマルチコピー機という機器が設置してありますので、そこでネットプリントという形で契約書をプリントして取り出すことになります。

 

この契約書に必要事項を改めて記載してフクホー側へと郵送することによって最終的な受付が完了という流れになるのです。つまり、ネットを使った即日融資をうたってはいるものの、最終的にはネット申請ではなくコンビニにおける手続きと、さらに郵送で正式申請という流れを経て即日申請が受け付けてもらえることになります。

 

もちろん郵送であれば即日には到着できないケースがほとんどでしょうし、さらに近所にコンビニがなければ契約書を取り出すのも困難なので、フクホーの即日融資を活用したい場合には周囲の環境を確認した上で手続きを進めたほうが良いでしょう。

キャッシングで即日借りれるランキング