複数のキャッシング申込みがあたえる影響とは?

MENU

複数のキャッシング申込みがあたえる影響について

本当にお金を借りたい場合、審査に通過できるかどうかは大きな問題です。中にはキャッシングの申し込みを数撃てば当たる戦法で申込みしている人もいるのではないでしょうか。

 

数社程度であればどれかは契約できるかもしれません。

 

しかし実は金融機関によって短期間に申し込みができる件数を設定しており、複数の申し込みをすることで少なからず審査内容に影響を与えるのです。申込みをするだけで信用情報に記録が残ります。

 

もし審査担当者が他の会社にも複数申込みをしているのを発見したらどう思うでしょうか。

 

そんなにお金に困っているなら、もしかしたら返済できなくなるのかもと思う場合もあります。複数のキャッシングに申し込みをすると、他にはどのような影響があるのでしょうか。

 

信用情報の重要性

日本には3つの信用情報機関があります。

 

  1. 消費者金融などが加盟しているJICC
  2. クレジットカード会社などが加盟しているCIC
  3. 銀行が加盟している全国銀行個人信用情報センター

です。

 

金融機関はこの3つの信用機関のいずれかに加盟していますが、最近では複数の信用情報機関に登録している会社も多くなってきました

 

信用情報は簡単に言えば、個人の信用に関する通知表のようなものです。指名、住所、生年月日などの個人的な情報のほかに、他社での契約内容や毎月の利用情報、クレジットカードやローンへの申込み状況、金融事故の有無などが記載されています。

 

金融事故とは一般的に、長期間の延滞や強制解約、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産などの債務整理を指します。

 

キャッシングの申し込みを受けた会社はこうしたデータを参照することによって、申し込み者がしっかりと返済をしてくれる人なのかどうかを判断するのです。

 

申込みをするだけで「照会記録」というものが残ります。本人がデータを取得したときにも記録は残りますが、それとは別の形で照会があったと記録されますので、それが「申込み」記録として扱われます。最終的に契約にならなかった場合でも記録はしっかりと残り、契約ができた場合はその内容が記録されることになりますので、他社が見て、あそこの会社の審査には落ちた、あそこは通ったということが一目でわかるようになっています。

 

信用情報には様々な記録がありますが、保存される信用情報機関や情報の種類によって、記録されている期間が異なります。申込み情報は最長で6か月記録され、期間が過ぎた後はデータが削除されます。複数の申し込みをしていても、最長6か月たてば照会があったことは他社からわからなくなるのです。

 

また、事故情報は重大な信用情報ですので、最近では3つの信用情報機関で共有される仕組みができています。昔は、銀行で事故を起こしていたけれど、全国銀行個人信用情報センターに加盟していない消費者金融では問題なく審査に通るといった現象も起きていました。今ではそういうこともほとんど起きませんので、信用情報をきれいに保つことは非常に大切なことです。

 

気を付けなくてはならないのが、「3秒審査」などという名称で、金融機関のホームページに設置されている診断ツールです。年齢や他社の借り入れ状況だけで判断するものは、信用情報へのデータ参照を行っていません。

 

しかし、氏名や住所を入力して診断するものでは、信用情報への参照を行います。軽い気持ちで利用していると、思わぬ影響を及ぼすことがあります。個人情報を入力するようなフォームがある場合は、お遊び感覚で利用してはいけません。それが正式な申込みとして扱われてしまうのです。特に契約する気がないのに、複数の金融機関でチェックするのは危険です。

 

自分の信用情報が心配な人は、自分で情報照会してみると良いでしょう。金融機関が参照するデータと同じものを確認することができます。24か月分の毎月の利用履歴も残っていますので、いつ滞納をしてしまったかもすぐにわかります。特に審査の厳しいローンを受ける前は、自分の信用情報をチェックしてから申し込みをしたほうが良いでしょう。

 

 

少し待てば不利なデータが消える場合もあり、待つだけで審査通過率を上げることができるからです。短期の滞納でも、金融機関によってはすぐに信用情報に記録してしまうことがあります。金利の低い有利なローンを組むときほど、信用情報がどのようになっているのか気を付けましょう。

 

複数のローンに申し込む場合は、後から審査が始まる金融機関ほど、審査通過率は低くなっていくことがあります。短期間に複数の申し込みをする場合は、多くても3社以内に抑えるようにしましょう。金融機関によって短期間の複数の申し込み件数制限をしていますので、どんなに収入があって信用があっても、無条件に落とされることになります。

 

ネットで話題の「1ヶ月に3社以上申込むと審査に通らなくなる」説を調査!

ネットでは1か月に3社以上申込みをすると審査に通らなくなると言われています。この説については、金融機関のホームページに書かれているわけではありませんので、本当にそのような影響があるかは定かではありません。元業界審査担当者の話によれば、金融機関によってその対応はさまざまです。

 

中には噂通りに、申し込み件数を確認して一定以上の申込数があった場合は融資不可としているところもあります。しかし申込件数だけで判断しているかと言われればそうではなく、他社での借り入れ状況を見たうえで契約見送りとしています。ただ、3日以内に複数の会社に申し込みをしている場合は状況が少しことなります。他社での審査結果を判断してから自社での結果を出す会社があったり、問答無用で否決するところもあります。

 

いったんカードを発行したとしても、契約翌日にもう一度信用情報を確認し、極端に借入額が増えていないかチェックする会社もあります。特に消費者金融の場合は総量規制の対象となっているため、年収の3分の1以上の貸し出しは法律によって制限されています。このルールを破ってしまうと、会社が行政処分の対象となってしまいますので、他社の借入額が増えていた場合は収入証明書の提出を求めたり、場合によってはいったんカードの利用をストップしたり解約にしてしまうこともあります。

 

申込み情報はリアルタイムで信用情報に記録されますが、借入額は一定時間経たないと正確な情報が反映されないため、契約の翌日にチェックを行うのです。この回答から、急いでいるときに複数のキャッシングに申し込みをすることはメリットがないことがわかりました。審査速度が速いと言われている消費者金融では、他社の審査結果を待ってから結論を出すとの回答が出ています。

 

もし複数の申し込みをした別の会社でも、他社の審査結果を待つことになった場合はどうでしょう。お互いの会社がお互いの審査結果を待つことになりますので、結果が出るのに非常に時間がかかってしまいます。特に即日融資を希望していて時間に余裕がない場合、審査通過率の高い金融機関1社に絞って申し込みをしたほうが、希望を叶えることができるでしょう。

 

もし複数のキャッシングの契約ができた場合にも注意が必要です。金融機関は途上与信と言い、一定期間ごとに信用情報の利用履歴をチェックしています。収入証明を提出済みで年収を把握している会社では、総量規制を超える貸し出しがあれば一発でわかってしまいます。総量規制はカードのキャッシングできる限度額で決まるのではなく、現在の利用残高で決まります。

 

年収300万円の人が借りることができる金額は100万円までですが、50万円の限度額のカードを3枚持っており、そのうち2枚を満額まで利用している状況ではギリギリ影響はありません。しかし残りの1枚を少しでも使ってしまえば規制に引っかかります。途上与信をしたときに規制に引っかかっていた場合は、その時点でカードが返済専用となってしまい、しばらく利用することができなくなります。

 

すぐに返済して残高が総量規制に引っかからないラインまで下がったとします。しかし途上与信は毎日のようにチェックしているわけではありませんので、次のチェック日まで追加融資を受けることはできません。複数のキャッシングを利用している場合はこのようなことがならないように、年収の3分の1以上になるような与信枠は持たないようにしたほうが良いでしょう。

 

途上与信をすぐに行ってもらいたい場合は、コールセンターに連絡をして、規制オーバーが解除されたことを伝えるようにしましょう。そのような状態のまま信用情報を放置してしまうと、さまざまなところで影響が出てくることがあります。キャッシングは便利なアイテムですが、複数のカードを持っていてもメリットは少ないです。可能であれば長い付き合いをする1社を選んで、低金利で限度額の大きいローンにしていくと良いでしょう。

 

申込記録が審査にあたえる影響

元業界担当者からの話では、ネットで囁かれているような「1か月に3社以上申し込みをすると審査に通らなくなる」という説の決定的な証拠はありませんでした。しかし中には本当に申し込み件数で審査を落としてしまう金融機関もありますし、複数のキャッシングを利用しようとしていれば警戒するところもあります。複数の申込みは大きな影響を与えることはありませんが、信用情報に記録が残る以上、何かの判断材料として利用される可能性がゼロというわけではありません

 

もし複数のキャッシングに申し込みをしているわけではないのに審査に通らない場合、他に何か影響を与えているものがあるのかもしれません。その影響を調べるためにも、自分で信用情報を照会してみるのも良いでしょう。審査で重要視される項目は年齢、年収、家族形態、住居形態、業種、他社借り入れ件数、他社借り入れ残高などです。特に複数の会社から現在も借りている人は、借り入れ件数が重要視されます。なぜ借入残高より件数なのかというと、少額の限度額しか設定されていない会社ばかりでは、他社から信用がないと判断できるからです。

 

200万円を1社から借りている人と、50万円ずつ4社から借りている人では、圧倒的に1社から借りている人のほうが有利です。

 

その1社はその申込者をそれだけ信用して高い限度額を設定しているということがわかるからです。また、少額の限度額を設定されている人は金利も高く不利な条件で利用を続けていることが多くあります。通常長い間利用を続けていれば限度額をアップしたり金利を下げることが可能になります。それをせずに別の会社から借りているということは、普段の利用の仕方で信用を失う何かがあって影響を与えていることもあるのです。

 

限度額アップや金利の引き下げ交渉をしたときにも、申込みを行った時のように照会情報が記録されます。しかし新規の契約ではありませんので、複数の会社に申し込みを行った時のような影響はほとんどありません。もし現在他社との契約がある場合は、新規で契約をする前に増額できないか相談してみるのも良いでしょう。場合によっては複数の借入をまとめることも可能な場合があります。

 

借り入れを1社にまとめることによって、毎月の返済負担を減らしたり、金利が下がることで利息負担を減らすことができます。特に長期間借りている人は、少しでも金利が低いローンのほうがメリットが大きくなります。1枚でも限度額が高いカードを持っていると、それが他社での審査にも影響を与えることがあります。あの会社がそれだけ信用しているのであれば、うちも契約して大丈夫だろう、そういう判断につながることがあるからです。

 

カードローンやクレジットカードには年齢制限や年収制限があるものもあります。自分が条件に当てはまっていないものへの申込みはやめましょう。無駄な記録が残ってしまうだけです。信用情報には家族形態や住居形態までは記録されていません。そうした情報は申込書から判断されます。

 

信用情報ももちろん大切ですが、申込書に書かれている内容も審査結果に大きな影響を与えます。特に年収や勤続年数は安定した収入があり、支払い能力があるかどうかの判断につながります。少しでも正確な数字を書くことができるよう、自分の年収は把握しておきましょう。

 

金融機関が契約するかどうかは、結局はその金融機関の判断によってことなります。同じ条件で申し込みをしたとしても、通る会社と通らない会社があるのです。複数の会社を利用している場合は、同じ保証会社になっていないかどうかも調べておく必要があります。同じ保証会社でキャッシングをする場合、制限がかかることがあります。カード自体は別々の会社が発行していても、保証会社のリスクが一点に集中してしまうからです。

 

保証会社は無担保ローンでは重要な役割をしますので、手持ちのクレジットカードやカードローンの保証会社がどこなのか知っておいたほうが良いでしょう。


×