借金の踏み倒しが出来る!?借金踏み倒しが成立する条件と手続き

MENU

借金の踏み倒しが出来る!?借金踏み倒しが成立する条件と手続き

借金の踏み倒しというと、個人の間ではよくあることです。人にお金を貸して、返って来ないで、取り立てのために殺人事件が起きるケースはよくあります。しかし、カードローン会社の場合はどうでしょうか。借金の踏み倒しはできるのでしょうか。その答えはイエスです。

 

カードローン会社で借金の踏み倒しをするには、条件があります。その条件さえクリアできていれば、相手がカードローン会社であっても踏み倒しはできますが、できる限り、自分で返済するべきです。その条件とはいったいどんなものになっているのでしょうか。

 

借金の時効が成立する条件とは?

借金を踏み倒しができる条件とは、破産宣告によって踏み倒すことです。これが一番有名でしょう。本来は、借金の踏み倒しをする消費者から金融会社を守るために作られた法律ですが、今では逆の立場になって、消費者が借金の踏み倒しをする条件となってしまっています。

 

特に借りやすいカードローンのような場合ですと、借りられるだけ借りて、後から破産するということもよくあります。しかし、それには条件があります。その場合は破産前にパチンコや風俗やショッピングなどで散財をしていないことが必要です。普段から浪費癖があるカードローンで借金をしている人にとっては難しい問題なのです。そうしたことを調べるのには、興信所で10万あれば直ぐに調べることができます。何百万円と借金を抱えているとなれば、それくらいの対抗策を取るでしょう。

 

そのため、踏み倒しの条件としては、時効が成立することがまず第一条件となります。カードローンというと畏まったイメージがあるかもしれませんが、時効によって借金の踏み倒しをすることは可能です。

 

その条件とは、まず時効の期間を過ぎることです。そして、時効の時間までずっと「私は借金を返す意思がありません」ということを貫き通すことです。これは催促でカードローン会社が、「いついつまでに返済してください」と言って、「ちょっと待ってください」と言うだけでも駄目です。借金の踏み倒しを完全にしますよと言い続けることが、条件となってきます。

 

カードローンの借金の時効は5年です。5年間ずっと、「私は借金の踏み倒しをします」と言い続けなければいけないのです。しかし、この条件には抜け穴があります。黙秘権と同じくして、黙っていても、カードローンの借金の踏み倒しをする条件となることができるのです。カードローンの電話に対して、電話を鳴らないようにして、訪問されても絶対に出ないようにすれば、それを5年続ければ借金の踏み倒しができます。

 

そして、その後の条件として、カードローン会社に時効の援用というものをしなければいけません。これは時効が成立しましたよ、と借金の踏み倒しをカードローン会社に直接伝えることです。これは意思表示をするだけで大丈夫です。正式な書類として作成する必要がありますが、思ったことをそのまま書けば大丈夫です。

 

ただし、その借金の踏み倒しの結果が不服だとカードローン会社が見なせば、裁判となる可能性もあります。その裁判の結果で、借金の踏み倒しができる条件がどうかを争うことになります。

 

カードローン会社も馬鹿ではありません。電話での通話は記録してありますし、今では違法な取り立てはしてませんが、テープレコーダーで録音することは法律で禁じられていません。電話をした際や、訪問した際に「借金の返済する意思」を表明してしまっていればそれは確実に記録として残ります。

 

そのため、確実に借金の踏み倒しをするという意思があるということが、時効で借金の踏み倒しをする条件となっています。一度でもカードローン会社に借金の返済する意思を表明してしまいますと、その表明がいつ行われたかはわからなくなってしまうので、「この日に借金を返済する意思はありません」ということをメールなどで送信し、そのデータを保存しておくのが一番効率的な方法です。

 

また、時効に関しては、計画的に行わないで、後で時効が成立しているんじゃないかというケースになると調べるのが難しくなってきます。不利な状況に陥るのは間違いないです。借金は計画的に借りるのと同じように、時効も計画的に行ってください。

 

借金の時効期間は5年か10年!その違いは?

カードローンの借金の踏み倒しの条件は、5年間、返済意思がないことを証明することが確実です。しかし、実はお金を借りるだけならば、5年と10年のパターンがあります。これは簡単に数字で言えば、倍ですが、実際に体感してみると、かなりの年数の違いです。

 

では、どういったケースが5年になって、どういったケースが10年になるのでしょうか。その違いは、相手が商人であるか、否かということです。相手が商人であった場合は5年、個人であった場合は10年というのが、条件となっています。

 

まずは、5年のケース

これは、貸金業者、つまりはカードローン会社などからお金を借りた場合が一番多いです。また、銀行が相手の場合でも5年となります。つまりはお手軽にお金を借りることができる分、時効も短くするということですね。このケースで借金の踏み倒しをする人は非常に多いです。しかし、その結果裁判になって余計に費用を払うことになるパターンもありますので、計画的に借金の踏み倒しをすることが必要になってきます。

 

特に商売をやっている人は銀行からお金を借りることが多いので、そうした場合、計画的にお金を借りて、時効を成立させるような詐欺を主に行っているのが、いわゆるインテリヤクザという者です。銀行の場合ですと、動くお金も大きいので、そうした犯罪絡みのケースも増えてきます。保証協会が主債務者に代わって債務の弁済をした場合、主債務者に対して求償権を取得することになります。そして、求償債権の消滅時効は、保証協会が代位弁済をした時点から進行します。

 

逆に10年の条件で借金の踏み倒しをするケース

というのは、どういうものかと言いますと、代表的なのが、信用金庫からお金を借りている場合です。信用金庫は表向きは営利目的でお金を貸しているわけではないので、10年となります。しかし、事業のためにお金を借りていたなどの条件がありますと、5年になることもあります。

 

また、もう1つ代表的なのが住宅ローンです。住宅ローンは払えなくなったら直ぐに差し押さえというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実際には住宅ローンを払わないで、住居を不法占拠することもできます。その場合、10年で時効ということになります。住宅ローンは営利目的ではありません。住宅を買うために借りるお金です。

 

厄介なのが、信用保証協会の場合です。信用保証協会というのは、金融を円滑にして経済発展をしようという公的機関です。実際にはお金を貸して金利も貰っているのですが、信用保証協会は商人ではないことは裁判ではっきりと明らかになっています。公的機関であって、経済発展が目的だからです。そのため、信用保証協会の求償権の時効期間は、商業を目的としないため、10年となります。

 

ただ、信用保証協会というのは、継続的にビジネスを行っている組織に融資されることが多く、鬼門ではあります。それを踏み倒すというのは、更なる鬼門です。最初から踏み倒す目的で近づいてくる人が多いため、そうした人は見抜かれてしまいます。しかし、信用保証協会が、会社などから委託されてお金を貸した場合は、5年となります。つまり、お金の宿主が別の投資家で、信用保証協会はただそれを仲介しているだけというようなパターンです。これは非常に多いです。

 

借金の踏み倒しはカードローン会社では、5年となっていますが、それでも長い年月です。まずは真面目に返済することを考えた方が楽です。相当、お金に困っていないと、できることではないはずです。それをする前に、真面目に働いた方がお得ではあります。

 

時効がまたカウントされ始めてしまう「時効の中断」

時効には、「時効の中断」というものがあります。これは前述した通り、「借金の返済意思の表明」をすることです。これをしてしまったら、踏み倒しをする条件から外れることになります。カードローン会社から借金を滞納すると、必ず返済の催促の電話が来ます。それに対して、「いついつまでに返済しないと、債権を子会社に売りますからね」と言われて、「わかりました」と答えるだけでもそうですし、極端な話、「返済してください」と訪問された際に、「はい」と答えただけでも踏み倒しの条件から外れます。

 

カードローン会社は大手ですので、無理にそうした供述を取らせることはありません。つまりは暴力を使って、借金の踏み倒しを阻止しようとはしないのです。しかし、カードローンには債権の譲渡というシステムがあります。カードローン会社で、お金を返せないという判断を下された場合、下部の組織に債権を売り渡すことができるのです。

 

そうなると、同じように下部の会社が下部の会社に売り渡し、最後には違法な闇金会社に債権が渡ることになる可能性もあります。そうなった場合は、借金の踏み倒しをするチャンスです。闇金会社に対しては返済義務はありません

 

しかし、闇金までに行かなくとも、暴力的な行為によって取り立てをするようなカードローン会社に債権が渡ってしまう可能性もあります。そうした場合、取り立てのきつさに「返済する」という言質を取ってしまう可能性もあります。借金の踏み倒しをするというのは、条件的に見て、相手もわかっていることですので、目的がわかればそれに対する対抗策を取るまでです。

 

そうしたカードローン会社から確実に借金の踏み倒しをするには、まず録音機を持ち歩くことです。スマートフォンのアプリでもいいのですが、雑音を拾いやすいのと、ボタンを押す時にばれる可能性があるので、専用の録音機を持ち歩くことをお勧めします。そうすれば、もしも「返済の意思がある」と言質を言質を取ったとしてもそれが違法な手段によるものだとわかれば、「返済の意思がある」ということにはなりません。裁判で大きな証拠になります。

 

また、民事裁判によって、「差押え」が出た場合も時効の中断がされます。民事保全における「仮差押え」や「仮処分」も時効の中断がされてしまいます。裁判を起こされたら徹底的に戦うことが、カードローンの借金の踏み倒しをする最大の条件になってくるのです。

 

裁判になった場合、まず有利になるのが違法な取り立ての証拠です。「このカードローン会社は悪質ですよ」ということをアピールすることができれば、借金の踏み倒しに一歩近づきます。そのため、悪質な取り立てをしてきた場合は、すぐさま、録音、録画をすることをお勧めします。そうすれば、もし裁判になったとしても、こちらに有利な条件が揃っているため、カードローン会社の「差押え」、「仮差押え」、「仮処分」、そのどれにも対抗することができます。

 

また、完全な闇金融であるという証拠を掴めば、逆に借りたお金を全額返さなくて済むかもしれません。まずは証拠集めをすることが重要になってきます。まずは、借金の踏み倒しを絶対にするという意志を持つこと。これが第一条件です。

 

カードローン会社もあの手この手で対抗してきます。それが、時効の中断に繋がるのです。そうした対抗に負けずに借金の踏み倒しをするという精神を持つことが、まずは条件として挙がってきます。カードローン会社に負けない。借金の踏み倒しができる。そう思い込むことが借金の踏み倒しには必要不可欠な条件となってくるのです。

 

時効の援用をしなければ時効は成立しない!

時効を完成させるには、時効の援用をしなければいけません。つまりは、「時効が完成しましたよ」と相手に伝えることです。これは、法律上では「時効を完成させる」という選択肢の他に「借金を返す」という選択をすることもできます。

 

普通に考えれば、時効を完成させた方が楽に決まっているのですが、責任感が強かったり、連帯保証人となっていて保証人に迷惑がかかるかもしれないなどといった不安がある場合、「借金を返さない」という選択をすることもできるのです。

 

そうした意味で、本当に借金の踏み倒しをするには、時効の援用が必要最低限の条件となってきます。もちろん、時効の援用を受けて、カードローン会社が告訴を踏み切ってくる可能性もあります。その可能性を抱えながら5年の歳月を過ごすのも大変なことです。しかし、借金の踏み倒しをする条件は前述した通り、精神論です。精神的にどれだけ我慢して、どれだけ傲慢でいられるかという点で、カードローンよりも上回っていなければならないのです。

 

時効の援用の方法は書面にて行ってください。郵便局には郵便を受けた証明を発行する手続きをしてくれるサービスがありますので、それを利用することをお勧めします。そうすれば、時効の援用が完遂し、借金の踏み倒しが完成することになります。

 

条件としては、

  1. 「5年が経過していること」
  2. 「時効の中断がされていないこと」
  3. 「カードローン会社と訴訟問題を起こされていないこと」

などの3つの点が挙げられます。

 

訴訟につきましては、問題なく、借金の踏み倒しをすることができるのですが、訴訟中だと、カードローン会社の方がどうしても有利になってしまうので、時効の援用を受け取って貰えないことが多いです。借金の踏み倒しには、最終手段として時効の援用が必要となってきます。最後の手続きですね。その条件が揃っていれば、カードローン会社であろうとも、他の消費者金融であろうとも、借金の踏み倒しをすることができます。

 

逆に言うと、条件が揃っていたとしても時効の援用が必要だと知らないと、カードローン会社であっても借金の踏み倒しができないということになってしまいます。生半可な知識で、カードローン会社から借金の踏み倒しをしようとして、最後の手段を忘れてしまっては意味はありません。

 

時効の援用をしない場合は、自動的に「借金を返済する」という選択肢を取ってしまったことになります。

 

そうしたことにならないためにも、きちんと時効の援用をすることが重要です。

 

カードローン会社から借金の踏み倒しをしたくて時効の援用をする場合、手っ取り早いのは弁護士に相談をすることです。費用はかかりますが、その分、借金の踏み倒しができると思えば安いものです。5年の苦労も報われます。

 

まずは条件を揃えることです。そうしないと、カードローン会社には対抗できません。借金の踏み倒しをする最後の条件が、時効の援用をすることです。カードローン会社からお金を借りて、どうしても返せなくなって、自己破産も厳しいような状況に陥った場合、まず選択肢として挙げられるのが時効ですが、その方法を詳しく調べなければいけません。

 

また、時効の援用は、当然ながら5年を経った1社にしかできません。5年の時効を過ぎた500万円と3年の時効を過ぎていない1000万円の時効を成立させるのには、前者の500万円しかできないことになります。1社に集中してお金を借りて、それで時効の援用をして、時効を完成させる。それがベストな選択となります。まずは、債務整理から始めることをお勧めします。

 

借金の時効期間が過ぎているのかを調べるのは難しい

借金の踏み倒しには5年の時効期間をしっかりと揃っているのが、条件です。カードローン会社にそれを証明しなければいけません。しかし、最初から計画的に借金の踏み倒しをすることを目指していればいいのですが、お金に執着している人というのは、そうしたことにまで頭が回らないものです。借金の踏み倒しができると聞いて、時効が過ぎているのかを調べるのは難しいです。

 

それは、裁判で争ってもあまり勝ち目がないです。何故かというと、カードローン会社に「借金の意思表示」をしてしまっているかどうかということの確認ということは、非常に難しいからです。言った言わないの問題となるので、それはどちらも証拠がありません。しかし、借金の踏み倒しという不条件がある以上、カードローン会社の方が裁判官の心証も良いです。裁判というのは証拠が全てです。証拠を集めなければ何も起こりません。全て負けるだけです。

 

まず、カードローン会社が証拠を提出しません。カードローン会社にとって不利となる証拠は絶対に提出することはありません。証拠に勝つには、証拠を揃えるしかありません。そうした証拠の論理があります。そのためには、調査をする必要がありますが、探偵会社に依頼しても、調べようがないのが事実です。どんな重大犯罪も5年も経てば誰も覚えていないのと同じで、借金の借り入れやその取り立てに対する問答など、そうしたものの調査も難しいです。5年前のことを調べるのは、どんなプロフェッショナルな職業に就いていたとしても、難しいです。

 

ましてや、日本の興信所や探偵事務所というのは世界的に見てもレベルが低いものです。イギリスなどでは本当に警察と協力して捜査を進めるような探偵事務所もありますが、日本の探偵事務所はそんなものは夢のまた夢です。5年も何も言わずに借金を踏み倒し続けていましたということを証明するのは、かなりの困難なことです。それは予め条件を揃えておく必要があります。カードローン会社は、借金の踏み倒しを許しません。そうしたものは、排除しないといけません。

 

しかし、本当に条件を揃えておけば、カードローン会社から借金の踏み倒しをすることは可能です。途中から気づくのではいけません。気づいてから条件を揃えて、カードローン会社と戦うことが必要になってきます。借金の時効に気づいたら、まずは5年全ての時効を調べるのではなく、数年を調べるという気持ちでいるのがいいです。完全に5年も調べるのは、難しいです。1年の時効が調べられたら、その後4年耐えれば時効がきます。時効を待つのは、1年2年という単位で計算して考える必要があるのです。

 

裁判で負けたとしても、数年の時効期間を得ることができるかもしれません。何もしないよりかは何かをした方が良いです。それは、それをすることによって、大金を手に入れることができるからです。支出ができるお金もお金ですが、支払いを戻すお金もお金です。そうしたお金をしっかりと手に入れることができるのは、非常に大切なものです。

 

年月というのは、不思議なもので、色々なものを隠してしまいます。しかし、逆に考えると色々なものを隠せてしまえるというメリットもあります。裁判で不利な証拠が出ても、こちらも有利な証拠を記憶の端から思い出して引っ張り出すことができます。嘘を吐くのは偽証罪ですが、それも逆に相手が嘘を吐いていると証明できれば裁判で有利になることもできます。まずは、やってみなければ始まりません。それをやってみて、それでも駄目でも少しは時効に近づくかもしれないのです。

 

まとめ

カードローンにおける借金の踏み倒しには時効が有効です。そして、それには条件が必要になってきます。その条件とは非常にシビアなものです。しかし、カードローンの借金に苦しむ人にとっては、希望の光です。

 

踏み倒しと言えば、言葉は悪いですが、時効が過ぎるのを待つのは法律上認められていることです。実際に殺人などの犯罪は時効が存在せず、時効が過ぎても意味がないと国から断定されています。そうした意味で、条件をクリアさえすれば、カードローン会社から借金の踏み倒しをすることは、法律上、道徳上、何の問題もないのです。

 

是非ともカードローン会社から借金の踏み倒しをしてくださいとは言えませんが、条件が揃えば、積極的にカードローンの借金を踏み倒しするべきです。それは法律で認められた立派な権利なのです。権利を放棄することと、責任を放棄することは違います。全く真逆の意味です。そうしたものを揃えて条件をクリアすることで、カードローン会社と対等に渡り合えることができるのです。

 

借金で苦しんでいる人は沢山います。それをどうにかしたいと思っている人も沢山います。しかし、その日の暮らしのことを考えるのが精いっぱいで、他のことを考える余裕がないのが現状です。そうした現状を少しでもどうにかするためには、まずは踏み倒しという条件を頭の中に入れておくことです。そうすれば、気持ち的にも少し楽になれますし、そうした戦略を練ることによって、人生設計を上手く作り上げることができます。

 

ただ、注意して欲しいのは、生半可な知識でカードローンの借金の踏み倒しをすることは、無謀だということです。条件がしっかりと揃っており、カードローンや借金に関する知識や、踏み倒しに関する知識がしっかりと揃っている環境だからこそ、カードローンの借金の踏み倒しは可能になるのです。

 

そうしたものを可能にするのは、まずは知識を集めることです。知識は何よりもの財産です。知識を集めた者は、語学であれ、法律であれ、経営術であれ、世渡りであれ、そうしたものをお金に換えることができます。そのベクトルが少し違うだけです。

 

カードローンは簡単に借金ができて、簡単に借金が膨らんでしまう魔の仕組みです。そうした仕組みから脱出するには、まずは計画的に行動することが必要になってきます。計画的に借りるのもそうですが、計画的に自己破産や時効を待つことも、その計画性に入ってきます。計画というのは大切です。裏の世界では絵をかくと言いますが、そうしたプランを立てて物事を実行して、物事を判断する力ということは非常に大切です。

 

借金の踏み倒しという条件をカードローンで行うことは非常に難しいことですが、できないことではありません。

 

例えば、時効の援用は、内容証明郵便を債権者に送ることや、その内容が、横書きの場合、1行20字以内だと1枚26行以内、1行13字以内だと1枚40行以内、1行26字以内だと1枚29行以内などの知識を持っているかいないかだけで大きく違います。

 

借金の踏み倒しは、時効を過ぎることによって完成させることができます。しかし、それに気づくまでにはかなりの年月を必要とします。お金を借りるということは、お金に支配されるということです。そうした呪縛から解放されるためにも、まずは借金の踏み倒しをしなければいけません。それができて、初めて自由というものを手に入れることができるのです。

 

また、時効が過ぎると、自己破産などのブラックリストに載ることなく、その後直ぐにお金を借りることもできます。知識に勝るものはないのです。

 

関連記事

債務整理と差し押さえ


×