派遣アルバイトの登録の仕方と説明会に持って行くもの

MENU

派遣アルバイトの登録方法

学生やフリーターのアルバイト、また、会社員の副業として人気なのが、派遣アルバイトです。

 

派遣アルバイトの良いところと言えば、仕事をする日を選べるため、忙しい人は空いている時間に仕事をすることができるのです。

 

勉強やゼミナールなどが忙しい学生にとって、1か月後の予定など分からないでしょう。初めて派遣アルバイトをする人や、興味があるが詳しくない人に、派遣会社の登録の仕方や、登録後の働き方などを紹介します。

 

登録説明会は完全予約制

派遣アルバイトを始める際、まず必須なのは登録会です。まず、簡単にでも良いので、どのような仕事をしたいかを考えます。それによって、登録する会社が異なるのです。デモンストレーションをやりたい人、イベントやライブの会場スタッフをやりたい人、専門知識をつけて家電量販店などのキャンペーンをやりたい人など、様々な要望があるでしょう。

 

やりたい事が複数ある人は、いくつか派遣会社に登録だけしておくのも手段です。そして、大体の会社が決まったら、給料条件や交通費が出るか出ないかなど、働く上での条件を確認しましょう。すべての確認が終わったら、登録会へ参加するための予約を取ってください。登録説明会は、必ず完全予約制となっており、厳しい会社ですと、予約していても遅刻をすると登録説明会へ参加できなくなってしまうので、注意が必要です。

 

持参するもの

登録説明会へ持参するものがあります。まず、証明写真です。これは、派遣会社が用意するプロフィール表などを作成する際に使用します。写真を持っていない人は、登録説明会までにはきちんとした格好をして、証明写真を撮りましょう。

 

また、アルバイトや仕事をしたことがある人は、職務履歴書を作成して持っていくと良いかと思います。派遣の仕事は基本、簡単な作業です。すぐに働くことができるため、誰でもできる仕事が基本となっているのです。しかし、仕事経験者や実力のある人には、時給の良い仕事を紹介してもらえたり、インセンティブをいただける事があるので、能力はアピールすべきです。

 

そして、忘れてはいけないのが印鑑です。仕事内容や条件が気に入った場合、契約をすることになりますが、印鑑がないと雇用を結ぶことはできません。必ず用意しましょう。

 

どんな装いで望めば良い?

初めて派遣会社へ行く際、服装は派遣会社によります。スーツ指定の場合は、きちんとアイロンでしわを伸ばしたシャツに、汚れのないスーツを着用します。靴も磨きましょう。そして、私服で参加するよう書いてある場合は、基本的に自由です。

 

しかし、ジーンズなどデニムのものは働くものとしてマナー違反です。また、短すぎるスカートやショートパンツも避けた方が良いでしょう。いわゆる、セミフォーマルな恰好をしていけば問題ありません。

 

そして、服装だけではなく、髪の毛も重要です。仕事の中には、染めている人には紹介できないものもあります。特に、高時給の携帯電話キャンペーンなどは、染めてはいけない場合が多いです。また、指輪やネックレスなどの装飾品も、避けた方が無難です。ただし、大抵の派遣会社は婚約指輪および結婚指輪のみ許可されています。

 

登録説明会の流れ

登録説明会の流れを紹介します。まず、派遣会社の概要や、仕事内容について説明があります。どのような仕事が多いのか、勤務地はどこが多いのかなど、説明してもらえることが多いです。その際、自身の希望する勤務地が話にあがらなかった場合は遠慮せずに質問してみるべきです。登録したものの、勤務地が遠くて仕事がなかったとなると、時間の無駄になります。

 

そして、時給や仕事が多い曜日、仕事量なども要チェックです。仕事内容によって給料が変わってくることもありますので、後ほどトラブルにならないよう、必ず確認してください。すべての内容に同意すると、登録になります。まず、雇用契約書を書いて提出し、連絡先などを確認します。そして、会社によっては証明写真の提出以外に、登録会場でプロフィール用の全身写真の撮影があるので身だしなみには気をつけましょう。

 

トラブルを避ける為に確認した方が良い事

派遣の仕事ではトラブルもつきものです。

 

特に多いのが、交通費や残業代などの条件です。例えば、交通費支給と書いてあったにも関わらず、全額ではなかったり、遠方現場のみ支給だったり、細かいところで揉めるのを何度も見ました。

 

また、所定労働時間を超えても仕事が終わらず、残業する事になったにも関わらず、残業代が出なかったケースもあります。必ず、残業代については確認するべきです。派遣会社によっては、残業になった時点で本社に電話連絡し、許可が出た場合のみ割り増し料金支給になる場合もあります。

 

他に、トラブルになる事といえば、宿泊についてです。遠方現場で連日勤務をすることになった場合、会社がホテルを予約してくれることがあります。しかし、部屋はあるものの、食事がついていない、ホテル代を立て替え払いする事になり揉めた、などあります。

 

説明会でのNGな行動

登録説明会では、疑問を解消するために、積極的に質問をしたり、不安な点は相談をするべきですが、説明会の会場でNGとなる行動もあります。まず、前提として、時間を守らない事です。派遣の仕事は基本、家から現場まで一人で直行し、現地の人たちの指示に従って動くため、時間を守れないと現地の人に迷惑をかけます。

 

説明会で遅刻をしてしまうと、信用を失ってしまいますし、場合によっては説明会に参加できなくなるので注意しましょう。そして、乱暴な言葉遣いにも注意です。毎回仕事先や、一緒に働くメンバーが異なるため、初めての人たちの中に馴染み、協力しあわなければなりません。自分では気にしていないが、初対面の人から見ると汚い言葉遣いだと思われてしまうと打ち解けてもらえなくなります。誰と話しても気持ちの良い言葉遣いやトーンで話しましょう。

 

どのような行動・態度が好印象を与える?

派遣登録説明会の際、派遣会社の人に好印象を持ってもらえると、良い現場を紹介してもらえるようになるかもしれません。例えば、高時給のショールームイベントスタッフは、身だしなみが整っている事が前提です。

 

説明会の際、きちんとした服装に、社会人として恥ずかしくない髪型で参加すれば、好印象を与える事ができるでしょう。

 

また、どのような仕事でも勤務地などの条件が合えば働きたい、と、やる気を見せる事も大事です。派遣アルバイトは、良い案件が出たら応募が殺到します。その際、派遣会社のスタッフは誰に勤務してもらうか決めなければなりません。そのような人選の際、やる気がある人に仕事を任せたいと思うのが一般的です。

 

初めてアルバイトを経験する人や、初めて派遣会社に登録する人は不安でいっぱいでしょうが、精一杯前向きな姿勢を見せる事が大事です。

 

まとめ

以上、派遣アルバイトの登録やトラブルについてご紹介してきました。不況が続く日本では、特に都内の派遣会社へ登録する人が増えています。学生だけではなく、副業として働く会社員も多数いるのが現状です。

 

つまり、派遣会社に登録したものの、仕事量より登録者の方が多く、なかなか仕事が回ってこないという場合もあります。そのような時に仕事を勝ち取るためにも、登録説明会での態度ややる気のアピールは大切な要素になります。

 

曜日が選べる事、直前にシフト提出する事ができる事、そして、すぐにお金が手に入る事など、派遣会社でアルバイトをするメリットはたくさんあります。

 

また、初めての人たちと仕事をすることで、人見知りがなおった人や、性格が明るくなった人などもいるので、自分にコンプレックスのある人にも、ぜひ挑戦していただきたいです。


×