申し込み前に返済方法も確認する

申し込み前に返済方法も確認する

各消費者金融によって用意している返済方法が違います。即日融資希望であっても、その後の返済に不都合があってはいけません。

 

多くの場合、1回の借り入れに対して複数回の返済があります。だからこそ返済を軸に考えたキャシング計画を立てていかなくてはなりません。

 

口座引き落としを基本にする

基本の返済方法として手数料無料の口座引き落としを利用しましょう。

 

返済日になると自動的に返済額が引き落としされているため、忙しい毎日の中で返済日を忘れていたとしても口座に残高さえあれば返済が完了しています。

 

返済が遅れると翌日から遅延損害金が発生します。

 

通常の借り入れに対して金利による利息が加算されているように、返済が遅れると遅延損害金利による遅延損害金が加算されることになります。
その遅延損害金利は借入金額に関わらず20.0%です。

 

無駄なお金を払うことなくキャシングをするためには、確実な返済が必要であり、そのためにも手数料無料の口座引き落としが必要です。

 

手数料無料の返済方法を併用する

口座引き落としだけでは、思うように返済は進みません。なぜなら最低返済額が引き落としになるからです。利息を考えた返済をするためには最低返済額以上の返済が必要になります。

 

そのために使いたいのは手数料無料の返済方法で追加返済をすることです。

 

余裕があるときには積極的に返済をしていきましょう。前回の返済から利用日数が少なければ、それだけ利息が小さくなるため返済した金額のほとんどが元金に充当されています。

 

返済シミュレーションを使って計画を立てよう

返済の計画を立てることは容易なことではありません。なぜなら返済をするたびに利息が変わるため、その都度計算をしなければならないからです。

 

消費者金融では公式ホームページ上に返済シミュレーションを用意しています。

 

  • 借入金額と返済回数から、毎月の返済額をシミュレーション
  • 借入金額と毎月の返済額から、返済回数をシミュレーション

 

これらを活用しながら返済の計画を立ててみましょう。

 

プロミス返済方法を確認する

返済方法だけではなく手数料無料、有料の違いもあります。

 

〜手数料有料の返済方法〜

  • 提携コンビニATMからの返済
  • 銀行振込での返済(銀行規定の振込手数料)

 

〜手数料無料の返済方法〜

  • インターネット返済(会員サービスからインターネットバンキングを経由して返済)
  • 口座振替
  • 店頭窓口(お客様サービスプラザ)
  • プロミスATM
  • 三井住友銀行ATM
  • コンビニ返済(ファミリーマート、ローソン、ミニストップ限定)

 

これだけプロミスには手数料無料の返済方法が充実しています。
30日間無利息だけではなく、利用する側に余計なコストを掛けさせないキャシングができるのは、やはりプロミスの大きなメリットになるでしょう。

キャッシングで即日借りれるランキング