WEB申込みは24時間可能な「東日本信販」

MENU

WEB申込みは24時間可能な「東日本信販」

東日本信販は1万円から利用ができ、最高額は50万円まで借り入れができるフリーローンを主に扱っており小口融資にとても強い消費者金融です。 万が一契約した内容に不満が生じた場合は、契約した日から7日以内でしたらクーリングオフが使えることはとても珍しいです。 また、WEBから申し込みもでき、24時間いつでもフリーダイヤルにてキャッシングの相談もできるので心配なことも気軽に話すことができます。

 

東日本信販のポイントは、借入額が1万円から50万円までで金利は10万円未満が20%で、10万円以上となると18%と少し下がります。 審査時間は、最短で即日となっており在籍確認は、東日本信販でも行っております。 また収入証明証と保証人が必要となることがあるので事前に準備をしておくことをおススメします。

 

東日本信販の審査について

 

東日本信販で融資を受ける際にどうしても審査が必要となりますが、その審査の流れとして東日本信販のWEBサイトからアクセスをして新規申込みの欄に入力をします。
   ↓
申込み時に必要な情報を入力し同意条項に同意をしたうえで送信をします。
   ↓
または、フリーダイヤルでも申込みが可能となっていますが、時間帯が決まっており平日の9時から18時までしか受付を行っていませんので、電話で申込みをする時には注意が必要です。
   ↓
審査が通ったらWEBにて連絡がきます。
   ↓
WEBや電話での申込みをした場合は、振込融資を受けた後に書類が送られ、店頭の場合はその場で契約を交わしその後融資を受けることができます。

 

WEBから申込みをする場合、受付時間内に手続きをする事をおススメします。

 

まとめ

東日本信販でのキャッシングは、銀行振り込みか店頭での受け渡しとなりますが即日にと言う場合は店頭に足を運ぶ方が早いです。WEBから申込みをした場合でも、振り込み時間に間に合うように申込みをすれば即日に融資を受けることができます。

 

WEBか店頭かでキャッシングにかかる時間帯が異なりますが、お店が東京にあるため、地方の方が店頭まで出向くのは難しいでしょう。その場合は、時間に余裕を持ってWEBから申込みをすることをおススメします。

 

原則的には保証人を必要となることがありませんが、自身の信用度により必要となることがありますので、もし不安な時は事前にWEBや電話等で相談をしておくと良いです。

 

総量規制対象外の方は要注意

大手の消費者金融で融資を断られてしまい、その後東日本信販でカードローンを検討している人は、総量規制対象外で借入ができるカードローンが便利です。東日本信販も消費者金融なので賃金法に基づいて営業をしており、総量規制の対象となっています。

 

大手の消費者金融で借入をしているため融資を断られている場合、審査に通ることは殆どありませんが、銀行カードローンや総量規制対象外のカードローンであれば総量規制とは関係がないため、多重債務者でもカードローンが組めるのです。

 

一般のキャッシングよりも多重債務の場合は、カードローンで融資を受けることがおススメになります。心配な時は、WEBからでも相談に乗ってくれますので一度聞いてみると良いです。


×