保証会社の保証が受けられる方とは?

MENU

保証会社の保証が受けられる方とは?

個人向けキャッシングやカードローンでは、無担保無保証人というのが特徴のローン商品ですが、近年は保証人に保証会社を付けるケースが増えています。これは保証会社の保証が受けられる方がキャッシングやカードローンを提供する消費者金融や銀行にとって貸し倒れになった場合のリスクが低いメリットがあるためです。

 

一方で借りる側にとっても保証会社の保証が受けられる方がメリットが大きく、それまで利用できなかったローン商品が利用できるようになる可能性があります。

 

銀行カードローンの保証会社

銀行カードローンの保証会社には2種類あります。

 

ひとつは銀行のグループ会社にある保証会社で、もうひとつが社外の消費者金融などが行う保証会社です。銀行カードローンはそれぞれの銀行によってそのサービスが異なりますし保証会社を付けていないところもありますが、2010年代に入ってからは保証会社を利用しているサービスの方がほとんどです。

 

保証会社に関しては大手都市銀行の場合には傘下にある消費者金融を利用する傾向にあり、地方銀行は大手都市銀行傘下にある消費者金融による保証会社を利用する傾向にあります。この場合には保証業務は消費者金融が行うため、それまでの銀行カードローンの利用対象者でない人も利用できるようになっていますが、金利に関しては保証料を上乗せする関係で高めに設定されています。

 

一方でATMなどの利用条件はそれまでの銀行カードローンと同等であり、このため保証会社の保証が受けられる方が利用者にとっては有利になります。

 

また自社グループの保証会社を利用するケースもありますが、この場合には消費者金融による保証会社と比べて利用条件は厳しくなりますが、消費者金融よりも低い金利での利用が可能です。

 

いずれにしても貸し倒れ時における債務弁済を保証会社にさせることによって、銀行が直接カードローンの審査をして、その責任を負うよりも、遥かに小さなリスクでカードローンを提供できるのが銀行カードローンの保証会社の役割になります。

 

保証会社はどんな役割をしているの?

保証会社の保証が受けられる方が良いメリットとしては、利用者が返済不能になったさいには保証会社が債務を弁済してくれるということです。これまでのは返済不能、つまり貸し倒れとなった場合には貸し倒れ引当金を使って提供している銀行や消費者金融などが責任を負うことになりますが、保証人に保証会社を入れることで、この貸し倒れ引当金を最小限にすることができます。

 

保証会社の役割としては審査と債務の保全です。

 

申し込みが行われれば保証会社が審査を行うことになり、保証会社の責任において融資の可否が決定されます。審査は継続的に行われるので契約更新時の審査も行います。また返済が滞ったり返済不能になった場合には代位弁済を行いますが、これが債務の保全になります。

 

保証会社を入れることによってお金を貸し付ける側としては、貸し倒れが起こっても実際に受けるダメージを最小限にすることができますし、返済不能になったさいの回収を行わずに済むメリットがあります。

 

また保証会社の保証が受けられる方が借りる側にとっても、それまで利用できなかった銀行のカードローンを利用することが可能になるというメリットがありますし、銀行のATMを利用することができるのでお金の借入をするさいの利便性が高まります。また特に銀行のカードローンであれば借入実績が記録され、問題なく返済していれば、他のローン商品を利用するさいの審査にも有利に働くメリットがあります。

 

弁済とは?わかりやすく説明すると

 

消費者金融はなぜ保証会社を置いているの?

保証会社の保証が受けられる方が利用者にとって大きなメリットがあるのは銀行のカードローンですが、消費者金融でも保証会社の保証が受けられる方が利用者にとってはメリットがあります。

 

消費者金融でも、お金を貸し付けて返済不能になった場合には、あらかじめ確保しておいた貸し倒れ引当金を使って自社で弁済するのが一般的でしたが、貸し倒れ引当金はその時の情勢によって金額が大きく上下します。このため時には足りなくなるリスクがありますし、十分に足りている場合には、それだけの資金を遊ばせていることになり、効率の良い方法とはいえません。このような状態を解消するためにも保証業務を保証会社に分離した方が、より本業に力を入れることができるようになります。

 

また保証会社の保証が受けられる方が強引な取立を避けることができるメリットもあります。今までは債務の取立は支店単位で行っていることが多く、これが強引な取立の原因になっていましたが、保証会社が保証してくれることで、貸し付けた側が無理に回収する必要がないためです。

 

一方で保証会社は回収に対するノウハウが十分にあるので法令を無視した取立を行うことがありません。このため利用者にとっても、またお金を貸し付ける消費者金融や銀行にとっても保証会社の保証が受けられる方がメリットがあります。保証会社の保証が受けられる方が、金利が高くなると思われがちですが、実際の金利水準は以前の消費者金融とそれほど変わらないのもメリットといえます。

 

三菱東京ufj銀行カードローンの審査を丸投げ!?


×