ブラックでも借りられるぐらい審査ハードルが低いのは?

MENU

審査ハードルが低いってホント!?

キャッシングサービスを利用したい人のなかには様々な理由で借入が難しい人もいます。そんな人でも借入ができる金融業者はないか検討してみるといいでしょう。

 

金融業者によって審査の基準や新規顧客の獲得をどのように考えているか違いがあるからです。

 

金融業者の考え方によっては、グレーゾーンのような顧客でも新規獲得のために審査に通過させることがあります。

 

そんな金融業者の見分け方を知っておくと資金不足のときに便利です。

 

 

審査ハードルの難易度はどうやってわかる?

金融業者も一つの会社なので、社内の情報を社外に公表しています。審査ハードルを一般人が見分けることはできないと考えている人も多いでしょうが、見分ける方法があります。

 

その方法が新規貸し付け率をチェックすることです。

 

新規貸し付け率が多い業者は、新規顧客の獲得を積極的に行っているからです。大手企業の場合は、50%近くの数字を出しているので、申し込みをした人に対して半分は審査に通過させていることになります。過去のデータもみて、年々増加傾向にある金融業者は新規顧客の獲得に力を入れていると考えていいでしょう。

 

そのほかのデータとして新規顧客獲得の件数を参考にするのもいいです。新規顧客獲得の件数が多いほど、新規顧客の獲得をしようという意思がある業者だといえます。こちらも年々増加をしている業者は、新規顧客の獲得をしっかりとしている傾向にあると考えるといいでしょう。

 

新規顧客獲得の件数でわかる

金融業者に申し込みをする人は、会社のデータを参考にするといいです。そのなかでも新規顧客獲得の件数は重要なデータです。この数字がおおい金融業者は、新規のお客の獲得をしようとしている業者なので、審査に通過できる確率が高くなります。そのなかでも毎年のように新規顧客獲得の件数が多くなっている金融業者はおすすめです。

 

こういった金融業者で申し込みをすれば、借りられる傾向にあるといえるでしょう。新規顧客獲得の件数は、金融業者を探すときの重要な数字になるので、いろいろな業者の新規顧客獲得の件数を参考にしてみるといいです。

 

根気よく探してみると借入ができる金融業者を見つけることができるでしょう。

 

総合的に優秀なのは?

大企業をいくつか比較し、新規貸し付け率と新規顧客獲得の件数の二つを総合的に判断します。両方のデータが年々あがっている金融業者が一番貸し付けにたいして積極的であるといえるでしょう。総合的に一番貸し付けに対してハードルが低い金融業者を探せば、借入しやすい優良企業であると判断することができるでしょう。

 

金融業者を判断するときには、審査に対するハードルも重要ですが、安心して借入ができるかどうかも判断しましょう。上場企業で、長年にわたって運営をしている業者は信頼性があり、安全に借入ができます。初心者でも新規申し込みや融資が受けやすく、初めての人はできるだけ大手企業から借り入れをするといいです。

 

アコム

アコムはブラックでも借りられるかどうかを判断しましょう。新規顧客獲得の件数からいえば、毎年おおくの新規顧客を獲得しています。また、新規貸し付け率も高いので、ブラックでも借りられる金融業者だと判断することができます。大手企業はブラックでも借りられるかどうか迷う人がいますが、新規申し込みをしてみないと判断することができないこともあるので、まずは新規申し込みをしてみるといいでしょう。

 

アコムは低所得者でも新規申し込みの審査に通過させているので、複数の金融業者で借入をしているブラックでも借りられる確率は高いです。

 

審査の回答時間も最短で30分なので、一刻もはやく借り入れをしたい人にとっては便利な金融業者だといえます。新規借り入れをするときには、金利や融資や返済の方法を確認しておきましょう。返済期日は利用者が設定できることもあるので、チェックしておくといいです。

 

アコムの審査に通る人と通らない人の違い

 

プロミス

プロミスも金融業者のなかでは大手企業です。新規貸し付け率は40%台なので、申し込みをしたひとの4割は審査に通過したことになります。また、新規顧客獲得の件数は数年で上昇傾向にあるので、新規顧客に意欲を発揮しているといえるでしょう。

 

今年の新規顧客の件数をどのくらいに設定しているか確認できれば、審査の基準を予想することができます。ゆるいのか、あるいは、すこし厳しくしているのかをチェックしておくといいでしょう。

 

金融業界では、審査の基準を甘くして新規顧客に力をいれる時期と厳しくして、安定化を図る時期があるので、どちらの時期なのかを見極める力は大切です。これから新規申し込みをしようと考えている人は、それらを考慮し金融業者を選択するようにしましょう。

 

プロミスの月々の返済額はいくら?


×