首都圏に在住している人に便利な「ICローン」

MENU

首都圏に在住している人に便利な「ICローン」とは

ある時突然身内が亡くなってしまい、葬儀代などのまとまったお金が入用になったときはどうしますか?頼りになる親戚や友人もいない場合、大変です。そんな時は首都圏に在住なら便利なICカードローンを使ってみてください。

 

もし首都圏在住で在職者、もしくは首都圏在勤者であれば、50万円までの融資が可能、そして30日間は無利息になるキャンペーンもやっています。もし亡くなった方が健康保険や国民保険に加入していれば自治体から葬儀の補助金が出るのですが、それでも足りないときにはこんなお金の用意の仕方もあると覚えておいてください。

 

ICローンの審査について

ICカードローンの申し込みは

  1. 店頭
  2. 電話
  3. インターネット

の3パターンがあります。

 

即日の融資が必要な方は店頭での申し込みが一番時間がかかりません。

 

審査後に各銀行への振込みになります。このカードローンの便利なところは、返済がATMでも出来るところです。

 

例えば葬儀などでバタバタしていて店頭になかなか来られないという場合でも、駅前のATMから返済が出来るのでしたら便利ですよね。ただ、気をつけたいのは首都圏在住者か首都圏在勤者のみが対象となりますから、首都圏に来ない方は利用は出来ません。

 

即融資を受けたい場合は免許証、学生証、健康保険証や印鑑などを必ず持参するようにしましょう。葬儀代は待ってはくれませんから、カードローンで借りて払い、銀行口座の相続をしてから支払うと無利息期間中に終わらせることが出来るはずです。その際、ATMで返金すれば便利ですし、店の人と顔を合わすこともありません。

 

まとめ

首都圏に在住、もしくは首都圏に在勤な方は、便利で素早いICカードローンの利用を検討してみましょう。急な不幸で葬儀代がない!もしくは入院していた病院代を支払えない!そんな時に力になってくれるのがローンです。首都圏在住者や首都圏在勤者であれば初めての利用で30日間無利息キャンペーンもやっていますので、30日の間に返金することが可能であればかなり便利なローンです。

 

日本は何事も申請主義の国です。身内の方が亡くなった後はバタバタして混乱状態ですが、一度力を抜いてどんな補助制度があるのかを調べてみることをおすすめします。

 

自治体から出る葬儀代の補助金や国や会社から出るお金もありますし、残された遺族が使うことが出来る各種手当金も存在します。亡くなったらすぐにお金の話などと嫌がらず、権利があるものは主張して生活を順調に進めるようにしましょう。

 

困った時に頼りになるカードローンが一枚あれば、物事がスムーズに行くでしょう。


×