「借金一本化」と「債務整理」の特徴を知ってお得に借金返済!

MENU

「借金一本化」と「債務整理」で借金返済!

債務整理には主に

  1. 「任意整理」
  2. 「特定調停」
  3. 「個人再生」
  4. 「自己破産」

の4つの方法があります。

 

この4つを更に大きく分けると、完済を目的としているのか、返済しないで解決するのかの2つに分けることができます

 

任意整理や特定調停は、返済方法や払方条件を変更するなどして、完済を目指す方法です。個人再生は借金を大きく圧縮し、自己破産はすべての借金の責任から免れることで解決を目指します。

 

「借金一本化」も借金問題解決の方法の一つですが、裁判所などを介すことなく債務者と債権者の間で話し合って借金問題を解決するのが任意整理とすれば、その中の一つに挙げられます。多重に課せられている借金を、一つにまとめて返済しやすくして完済する方法です。これにはメリットもデメリットもありますし、望んでも借金一本化が利用できない時もあります。

 

メリットだけではない「借金一本化」の注意点とは?

借金問題を抱えたときに解決方法としてまず「借金一本化」を頭に描く人も少なくないでしょう。

 

「借金一本化」は、多重債務を一本化することによって、長期返済に切り替えられたり、小口債務を大口債務にすることで利息を低くできたり、支払い計画が立てやすくなるといった特徴があります。それは大きなメリットです。

 

ただし、借金一本化は簡単ではありません。

 

借金一本化を引き受ける金融業者は、一時的にでも「2倍の借金を負う人に貸付を行う」ことになります。それだけのリスクを負うことができるかどうかの判断となり、借金一本化の審査が厳しい傾向にあるのはそのためです。

 

また借金一本化は、総量規制の枠外に置かれているもので、またそれでなくてはメリットはありません。

 

借金一本化によって他の借金を返済すると、総量規制の範囲で再び借りられる状況になることも考えられます。そこで借りてしまうと、借金一本化の借金の上に更なる借金が増えることになり、状況はその以前よりも悪化します。借金一本化には、その時には見えない落とし穴があるものです。完済するまで他からは借りない意志が必要です。

 

「債務整理」とは?

債務整理は、借金問題を抱えている人が、状況にマッチした方法でその問題を解決することを指します。「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の4つがあります。それぞれに特徴があり、状況に応じてベストな選択があります。

 

近頃では過払い金返還請求もできることから、任意整理でも大幅に借金を圧縮することができる可能性があり、債務整理を行ってほぼ借金が相殺されたという人も少なくありません。個人再生や自己破産には、それ以上のデメリットもあります。

 

任意整理や特定調停では到底解決できないほど、借金問題が深刻化してしまった人が、最終手段として選択すべき方法です。任意整理や特定調停で解決するのが一番ダメージが少ないと考えられます。悪化する前にできる限り早めに債務整理に着手すべきです。遅れれば遅れるほど、選択できる方法は狭まります

 

1年前であれば任意整理で解決できた人が、1年後には自己破産せざる得ない状況に陥っていたということは少なくありません。

 

任意整理ができる人が、判断ミスで自己破産を選び、後悔している例もあります。特徴と状況がマッチした方法の選択は、専門家に判断をゆだねるのが安全です。借金一本化も債務整理の一つですが、借金総額は変わりません。借金一本化によって解決できる案件は、そう多くはありません。

 

「任意整理」のメリット・デメリット

任意整理とは、債権者と債務者との任意の話し合いによって、返済条件や払方条件などを変更し、支払いやすい格好で完済を目指す債務整理の方法です。債務者個人が債権者に任意での話し合いを申し出ることは可能です。ただし、債権者が貸金業者などの金融会社の場合、その話し合いに迅速に応じない可能性があります。

 

スムーズにことを進めるためには、弁護士や司法書士といった専門家に代理人となってもらって話し合いを進めるのが常套手段です。状況が変わって、さらに変更を申し出ざるを得なくなっても、何度でも行うことができます。これによるデメリットは、一時的に信用が低くなり、ローン契約などに支障が出るといったことはありますが、自己破産や個人再生よりも回復する可能性は高く、完済後は寛容な審査を行っている金融業者も増えています。

 

多重債務者の場合、画期的に月々の支払いが減るケースは少なく、過払い金でもない限り、月の支払いが3分の2程度に圧縮されたケースが多く見られます。それでも払い続けられるか否かが、この方法を選択できるかどうかの分かれ目です。

 

「特定調停」のメリット・デメリット

特定調停は、ほぼ任意整理と目指すところは変わりません。ただし、債権者と債務者が任意で話し合うのではなく、間に裁判所が介入して話し合いを行って、新たな返済方法や条件を取り決めるといった点に違いがあります。借金問題を抱えている人は、弁護士などに依頼するお金すら持たないということがあります。それが原因で、さらに状況が悪化してしてしまったケースも多く、そのような人を救済するための方法です。

 

弁護士に依頼するよりも金銭的な負担が少ないのが特徴です。ただし、任意整理の場合には、その約束を債務者が反故しても、債権者からすぐに法的手段に訴えられるということはありませんが、特定調停の場合は、債権者は直ちに強制執行などの手続きを選択することが可能です。

 

しっかりとした返済計画に基づいた話し合いにおいて取り決めを行わないと、結局自分の首を絞めることになってしまいます。また、特定調停は関わった裁判官の裁量に委ねられている部分が多く、今の時点でまだまだ個々の案件の解決の方向性にばらつきがあるといった印象も強く持たれています。特定調停の特徴をよく理解したうえで、選びましょう。総金額によっては、借金一本化のほうがデメリットも少ないケースがあります。

 

「個人再生」のメリット・デメリット

個人再生は自己破産と比べて、自分が持っている家を手放さずに大きく借金を圧縮できる可能性があるということで、かなりダメージが少ない借金解決方法の一つです。自己破産すると借金は0になりその点は安心なのですが、住んでいる家を手放さざるを得ないことで、生活を立て直すのが想像以上に苦労したという人が少なくありません。その後ローンが組みにくくなってしまうことで、家を手に入れること自体をあきらめなければならないといった事態にもなりがちです。

 

そんな時に、現時点でローンを支払っている家だけでも残せるならば、生活の立て直しはもっとスピーディーになります。しかし、この手段を選択すると、今後信用の回復が困難だということは自己破産と変わらず、また圧縮した後の借金をしっかり返済する目途が立っていなければ、この方法を選択することはできません。

 

返済計画が裁判所に認められるようなものでなくてはならないのです。自己破産した後、借金がなくなったことで契約に積極的に対応している貸金業者もありますが、そういった業者でも個人再生に対しては、返済が残っている分、完済するまで、対応は厳しめです。

 

「自己破産」のメリット・デメリット

自己破産は、最終手段です。この時点で借金一本化も狙えません。または破産宣告を受け、その後すべての借金が「免責」されれば、借金はなくなります。借金問題を抱えているときにはこの上なく良い方法と感じてしまいがちですが、他の解決方法と比べて、デメリットも大きなものです。

 

自由財産といった「持つことが認められている財産」以上の財産は、すべて手放さなくてはなりません。

 

例えば家や土地などの不動産は、住んでいる住んでいないに関わらず、手放して債権者に平等に分けなければなりません。そして、その後はローンなどが組みにくくなります。特にクレジットカードは自己破産をした者に対応が厳しく、何年経過しても申し込みが受け付けられないといったこともあり得ます。

 

信用情報機関に掲載されるのは長くても7年程度ですが、破産前に付き合いがあった金融機関は、個々の情報として破産したという情報を持ち続けていますし、系列会社もその情報を共有しているケースも多々あります。銀行からの借り入れはなかった人でも、ローンの保証会社が貸金業者であれば、そういった情報をもとに申し込みを否決することもあります。それらの情報を個々の会社は、何年経っても手放すことはありません。信用の回復が一番難しい解決方法なのです。


×