ジャパンネット銀行ネットキャッシングについて

MENU

ジャパンネット銀行のネットキャッシング!

ジャパンネット銀行は日本で初のインターネット専業の銀行です。インターネット専業で店舗を持たないことによって、実店舗を持つ銀行とは違ったサービスを行うことができます。それは実店舗の運営にかかるさまざまな経費を削減することで、経営資源を商品に集中することができるためです。

 

ジャパンネット銀行が提供しているカードローンもそのような商品の1つです。銀行系カードローンには珍しく30日間無利息キャッシングができたり、1000万という大口の限度額を設定することもできます。

 

ネットから簡単に申し込みをすることができ、24時間受付をしてくれています。最短で即日融資を受けることもできますが、一定の条件が必要です。ジャパンネット銀行が提供しているカードローンにはどのような特徴があるのでしょうか。

 

ジャパンネット銀行の審査について

ジャパンネット銀行のカードローンは銀行口座の開設が必須です。

 

そのためすでに口座を持っている人であればインターネットの手続きのみで簡単に完了しますが、持っていない人は口座開設の手続きも進めなくてはなりません。口座開設はアプリからでも行うことができ、運転免許証などの本人確認書類を簡単に送信することができます。口座がない場合はキャッシュカードやトークンが郵送で発送されますので、カードローンの契約ができても利用開始までに時間がかかります

 

ジャパンネット銀行のカードローンは300万円までであれば原則収入証明書不要でキャッシングができます。口座を持っている人で300万円以下の限度額であれば、サイトやアプリでクリックをするだけで簡単に手続きを行えてしまうのです。口座がない場合や限度額を300万円以上希望した場合は書類の提出が必要になります。

 

アプリを使えば簡単に送信できますが、郵送による提出にも対応しています。申込フォームで郵送を選択すると、口座開設必要書類などが送られてきますので、本人確認書類のコピーを添付してポストへ投函しましょう。郵送による手続きでは往復しなくてはならないため、審査の時間も含めると店舗を持っている銀行よりも手続きに時間がかかってしまうことになります。

 

審査は仮審査と本審査に分かれており、仮審査は保証会社がスコアリングによって判断します。その結果契約可能となった場合は、本審査に移ります。本審査では在籍確認や契約の意思確認が行われます。

 

専業主婦でも契約することができますが、その場合配偶者の職場に電話がかかることになりますので、配偶者に内緒で契約することはできません。

 

結果は登録したメールアドレスに届きます。仮審査の結果は出てくるのが早く、最短60分で通知されます。申込時間によっては翌日になることがありますが、あまりにも遅い場合は迷惑メールフォルダに入っていないか確認しましょう。それでも連絡がない場合は、登録したメールアドレスにミスがある可能性があります。連絡先が間違っていると審査にも時間がかかってしまいますので、申込書は正確に記入しなくてはなりません。

 

原則300万円までは収入証明書が不要ですが、自営業など職業によっては、ジャパンネット銀行側の判断で収入証明書が必要になることもあります。書類が増える分審査にも時間がかかるので注意しましょう。

 

ジャパンネット銀行ネットキャッシングのスペック

ジャパンネット銀行のカードローンは最大1000万円で、金利は2.5%〜18%で決定されます。希望限度額は仮審査の結果増減することがあります。適用金利は限度額によって変わり、契約途中でも限度額が変更になれば、新しい金利に変更されます。

 

100万円未満は18%、150万円未満は15%、200万円未満は12%、250万円未満は10%、300万円未満は8%、400万円未満は6.5%、500万円未満は6%、600万円未満は5.5%、700万円未満は5%、800万円未満は4%、900万円未満は3.5%、1000万円未満は3%、1000万円は2.5%となります。

 

限度額が低いうちは消費者金融のカードローンとスペックがあまり変わりません。そのためジャパンネット銀行のカードローンは長く利用し、限度額を大きくすることで銀行系カードローンとしてのメリットが出てくるローンと言えます。キャッシングをしていなくても限度額によって金利が決定されますので、増額できるのであればどんどん枠は増やしていったほうが、有利な契約になります。

 

ジャパンネット銀行のネットキャッシングには30日間の無利息キャッシングがついています。これは新規契約者のみが利用できる特典です。30日以内に完済することができれば、利息負担は一切ありません。短期間の借入には最も有利なサービスと言えます。ただし借入期間中にも返済日がやってくることがあります。返済に遅れてしまうと、キャンペーンが強制的に終了してしまうこともあります。利用したら返済日がいつで返済額がいくらなのかをしっかりと把握しておきましょう。

 

また、50万円以上の借入をした人に対して5000円分のJNBスターポイントを還元するサービスも行っています。JNBスターポイントとはジャパンネット銀行が独自に設けているポイント制度で、銀行のさまざまなサービスを利用することで獲得することができます。

 

ポイントは直接現金に変換することができますので、短期間の利用であれば無利息にポイント還元があり、事実上の収入になるケースもあります。キャンペーンは期間限定で行われており、終了したり再開されることがありますので、申込時に利用できるキャンペーンがないか確認しておくことも大切です。可能であればキャンペーンを行っているときに申し込みをしましょう。

 

利用者対象の条件

 

ジャパンネット銀行のネットキャッシングは、幅広い人への融資を行っています。正社員はもちろん、パートやアルバイト、自営業や派遣社員など、安定した収入がある人は誰でも利用することができます。専業主婦で本人に収入がない場合でも、配偶者に安定した収入があれば契約することができます。年齢制限も他社のカードローンと比較すると、やや広くなっています。

 

20歳から70歳未満の人が利用することができます。高齢になると契約ができないカードローンが増えてきます。それはリタイアによって安定した収入がなくなってしまうことや、健康上の問題が原因で年齢制限を設けているからです。低いところでは60歳未満までしか契約できない会社もあります。

 

ジャパンネット銀行のネットキャッシングは銀行系カードローンですので、もちろん貸金業法の総量規制の対象外です。年収に関係なく、ジャパンネット銀行の判断によって限度額が設定されることになります。長い間利用を続けることによって、増額をすることも可能です。増額時には再度審査が必要になりますが、無事に通過することができれば有利な金利に変化していくでしょう。

 

300万円以上の限度額になると収入証明書の提出が必要になります。収入証明書は一定期間ごとに更新をしなくてはなりませんが、毎年収入が増える人ばかりではありません。前回提出した収入証明書よりも所得が減ってしまっていると、限度額が減額になってしまうこともあります。そうなると金利も高くなりますので、提出する収入証明書はできるだけ所得が高いものを提出するようにしましょう。

 

前年度よりも収入が増えているのであれば、毎年送っても良いでしょう。ジャパンネット銀行にとっても、最新の収入を把握していたほうがリスクを抑えて融資することができるのです。職業が無職だったり、転職したばかりの人は契約できないこともあります。特に無職としてしまうと確実に審査に落ちてしまいますので、ネットキャッシングに申し込みをするタイミングは非常に重要です。

 

他社のローンでもそうですが、転職を考えている人は、必ず転職前に申し込みをし、契約をしておくようにしましょう。スコアリングでも勤続年数は重要な項目の1つで、長ければ長いほどスコアは高くなり、良い条件で契約することができるようになります。

 

その他の特徴

ジャパンネット銀行のネットキャッシングが有利なポイントは、銀行の経営方針にも表れています。ネット専業の金融機関ということもあり、さまざまな手続きはすべてネット上で完結します。スマートフォンにアプリさえ入れておけば、銀行を持ち歩いているような感覚で利用できるのが、ネットバンクのメリットの1つでしょう。

 

アプリでは預金残高なども確認することができ、借り入れも簡単に行えます。毎月の返済は預金口座からの引き落としですが、ホームページから随時返済の手続きをすることもできます。借り入れ方法がATMだけでなく、完全にネット対応しているのがネットバンキングの魅力です。

 

ジャパンネット銀行から借りたお金を引き出す場合、気になるのがATM手数料です。

金融機関によっては無料で利用できる入出金回数が制限されているところも少なくありません。ジャパンネット銀行では毎月1回は無料で利用することができます。ただし3万円以上の入出金であれば、何度利用しても手数料は一切発生しません。ある程度まとまった金額の引き出しになってしまいますが、毎回3万円以上利用するようにしていれば利息以外の負担は発生しないのです。

 

ジャパンネット銀行のネットキャッシングにはもう1つ便利な機能があります。それが自動融資機能です。これは引き落としがかかっているときに残高不足になると、自動的に融資をして支払いをしてくれる機能です。家賃や光熱費、クレジットカードなどの支払いを延滞せずに済みます。特にクレジットカードの支払いや、携帯料金に本体割賦代金が含まれている場合、1日でも延滞してしまうと信用情報に記録が残ってしまいます。

 

信用を傷つけないためには毎回確実に引き落としをかける必要があります。この自動融資機能があれば延滞する心配がなくなりますので、信用情報もクリアに保つことができるでしょう。ただし融資された場合は金額に応じた利息が発生しますので、できるだけ早い段階で随時返済をしておくと良いでしょう。

 

引き落とし額が大きくて限度額を超えてしまう場合は、自動融資は発動しません。この機能は大変便利ですが、毎月の支払いがいつ、いくらあるのかは把握しておいたほうが良いでしょう。また、引き落としをジャパンネット銀行に設定する必要がありますが、利用先で対応していないこともあります。

 

ジャパンネット銀行ネットキャッシングまとめ

ジャパンネット銀行のネットキャッシングを利用するためには口座を持っている必要があります。最近では口座不要で申し込みができる銀行カードローンも増えてきました。口座開設不要であれば手続きも簡略化でき、融資までのスピードを高めることもできます。

 

しかしジャパンネット銀行は日本で最初のネット専業銀行ということもあり、預金口座を持っているだけでもさまざまなサービスを利用することができます。

 

特に魅力的なのが24時間着金するシステムです。通常銀行の振り込みは銀行営業時間内にしか反映されません。しかしジャパンネット銀行の口座はSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスや、オリックス銀行カードローンの24時間リアルタイム融資 [契約(完了)後、最短即日融資(可能)] に対応しているのです。ジャパンネット銀行のローンを利用しない場合でも、口座を持っているだけで便利になることがあるでしょう。

 

最近ではVISAデビットにも対応しました。VISAデビットは口座残高の分だけ、クレジットカードのように利用することができるカードです。ネットショッピングには欠かせない存在でしょう。ジャパンネット銀行のネットキャッシングで融資を受け、VISAデビットで買い物をするということができるようになりますので、この2つの機能を利用することができると買い物が便利になります。

 

ネット銀行は自社でATMネットワークを持っていないため、提携銀行のATMを利用しなくてはなりません。そこで問題になるのがATM手数料ですが、ジャパンネット銀行では3万円以上の取引であれば何回でも無料で利用できます。借入や返済もスマートフォンやネットにつながったパソコンさえあればいつでもできますので、利便性の高い金融機関です。少額の限度額では消費者金融のような条件となってしまって、銀行というメリットはあまりありません。

 

しかし長期間利用することで条件をよくしていくことができます。30日間無利息キャッシングができることから、短期の取引でやめてしまう人もいますが、長い間利用するほどその真価が発揮されやすい銀行なのです。金利の条件から見てもわかるように、ジャパンネット銀行のローンは審査通過率は他行と比べると高いほうでしょう。長い間借りる予定がある人は良い関係を築けるように、コツコツと取引を重ねていくと良いでしょう。

 

ジャパンネット銀行のネットキャッシングをまとめると、利用対象者は20歳から70歳未満で、安定した収入がある人です。正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト、パート、専業主婦、自営業者など、幅広い人への融資を行っています。ただし無職の場合は確実に審査に落ちてしまいますし、転職したばかりでもスコアが低いため、審査に通りにくくなってしまいます。

 

ジャパンネット銀行の銀行口座を持っている人が利用できますが、ネットキャッシングの申し込みと同時に口座開設をすることもできます。仮審査を行っている保証会社は、三井住友銀行グループの消費者金融である、SMBCコンシューマーファイナンスが行っています。SMBCコンシューマーファイナンスはプロミスで知られている会社で、他の多くの銀行の保証業務も担当しています。

 

他の銀行に借り入れがあり、保証会社がSMBCコンシューマーファイナンスの場合、保証会社のリスクが高まってしまうため、審査に通りにくくなってしまうことがあります。カードローンの申し込みをするときは、必ず保証会社がどこなのかも知っておく必要があります。

 

利用限度額は10万円から1000万円で、限度額によって金利が2.5%〜18%の間で変化します。限度額が高いほど金利は低くなりますが、限度額が低いうちは消費者金融のカードローンとあまり変わらないスペックとなってしまいます。長く利用して限度額を多くするほど銀行らしい条件になってくるでしょう。申し込み方法はパソコンやスマートフォン、申込書を利用できます。

 

借入返済方法はパソコンやスマートフォン、カードを利用したATMでの操作です。キャッシュカードとローンカードは一体型ですので、すでに口座があってキャッシュカードを持っている人は、最短即日融資を受けることができます

 

必要書類は本人確認書類のほか、限度額が300万円を超える場合、ジャパンネット銀行が必要と判断した場合は収入証明書を提出しなくてはなりません。収入証明書は源泉徴収票や確定申告書、納税証明などを利用することができます。本人確認書類も運転免許証のように国の機関が発行している写真付きのものほど、信用力が高くなります。保険証でも可能ですが、運転免許証がある人は運転免許証を提出したほうが審査に通る可能性は高まるでしょう。


×