1. TOP
  2. お役立ち情報!
  3. クレジットカード
  4. JCBファーストローンプラスでお金を借りる前に徹底調査!

JCBファーストローンプラスでお金を借りる前に徹底調査!

 2018/06/26 クレジットカード   270 Views

JCBファーストローンプラスでお金を借りる!

JCBと言えば大手信販会社として知られていますが、実はJCBファーストローンプラスというカードローン商品も取り扱っていることを知らない人も多いのではないでしょうか。

大手ならではのメリットがあるので魅力的なのですが、メリットだけに注目するのは危険です。デメリットもしっかり確認して、理解したうえで利用してこそ正しく活用することができます。

内容を知らないとJCBファーストローンプラスに向いている人なども分かりにくいので、様々な項目について知らないことがないようにチェックしておきましょう。主に9つのポイントについて挙げていきますので、損をせずカードローンを利用できるように覚えておきましょう。

JCBファーストローンプラスとは?

JCBファーストローンプラスというのは耳慣れないカードローンですが、名前にある通りクレジットカードなどを取り扱う大手企業であるJCBが運営しています。JCBと聞けば知らない人はいないほどの有名企業であり、そこが取り扱っているカードローンということになれば信頼を置いて利用してもまず問題ありません。

金利が安く審査も簡単だと謳っているカードローン会社はいくつもありますが、そういった会社はあまり名前を知らないところも多く、初めて利用する場合などは騙されて損をしてしまう危険性もあります。その点、JCBであればこれまで信販会社として長年の実績を持っており、初めてカードローンを利用する人でも損をする心配なく安心して利用することができます。

そんなJCBファーストローンプラスですが、名前が長いのでJCBFL+などと簡略化して表示されることもあります。

JCBはもともとクレジットカードなのでショッピングにも利用できそうなイメージがありますが、カードローンであるJCBファーストローンプラスに申し込んだ場合はお金を借りる専用となり、ショッピングには使えないので注意しておきましょう。また、一般のクレジットカードのように海外旅行保険といった特別な特約も付加できないので、必要な場合は別の保険などで付加しなければなりません。

この点を知らないと慌ててしまうこともあるので、事前によく確認しておきましょう。JCBファーストローンプラスは、20歳以上から58歳以下の成人で、安定収入を毎月しっかり得ている人であれば誰でも申し込むことができます。ただ、個人事業主やパート、専業主婦や学生など収入が不安定な人は申し込めないので注意が必要です。

JCBファーストローンプラス利用のメリット

JCBファーストローンプラスはクレジットカード事業をメインに行っているJCBが運営しているため、カードローンを専門的に行っている消費者金融系や銀行系の商品と比べるとどうしてもメリットが小さくなってしまいます。もちろん利用することで損をしてしまうわけではありませんが、メリットによっては他の業者の方が優れている可能性もあるので、知らないまま申し込むのではなく他の業者もよく検討するようにしましょう。

JCBファーストローンプラスのメリットとしてまず挙げられるのは、やはり大手信販会社ならではの安心感でしょう。クレジットカード会社として日本を代表すると言っても過言ではないほどの知名度と実績を誇っており、カードローンの運営においても無茶な金利や取り立てなどを行わないという安心感があります。

申し込むと発行されるカードも、一目見ただけではローンカードとは分からないデザインになっているので、家族や事情を知らない人に見られても借金をしているとばれずに済みます。

また、残額スライド元金定額払いもしくは毎月元金定額払いという返済方式を採用しているため、返済利息を節約できるというメリットもあります。どちらも毎月一定の元金及び利息をそれぞれ返済していく方式で、他の一般的なカードローン商品が採用する元利方式とは異なっています。

元利方式だと毎月の返済額が利息と元金一括りにされているため、毎月の返済額によっては利息分ばかりを支払うことになってなかなか元金が減らないため損をしがちです。この点、定額払いなら毎月の返済額は大きくなってしまうのですが、その分返済期間を短くすることができ、トータルの返済額を節約することができるのです。

JCBファーストローンプラス利用のデメリット

何ごともメリットだけを重視するのは危険なので、JCBファーストローンプラスのデメリットも知っておいた方が賢明です。

注意しておきたいデメリットとしては、まず審査にかなり時間がかかるという点が挙げられます。基本的に申し込みはホームページから行うのですが、必要項目を送信後に申込書類が郵送されてきて、さらにそれを返送してやっと審査が開始されます。

審査が始まってからローンカードが手元に届くまで、スムーズに進んでも約1ヶ月程度かかってしまいます。他の消費者金融などは最短30分で審査を終えて振り込みを済ませてくれるところも多いので、これだけ時間がかかってしまうのは大きなデメリットと言えます。急いでいる場合などはこれを知らないと損をすることになるので、十分注意しておきましょう。

また、金利が5.8%から17.8%と比較的割高なのも損なポイントです。銀行系の商品と比べれば高めで、消費者金融系と同レベルなので金利の面であえて選ぶ人は少ないでしょう。他にも、年収の3分の1までしか借りることができない総量規制の適用範囲に該当したり、そもそも申込条件が厳しいといった点にも注意が必要です。

58歳までしか申し込みできなかったり、収入があってもアルバイトやパートでは認めてもらえなかったり、年金生活者や個人事業主まで不可とされるのはカードローン商品としてはかなり厳しい部類に入ります。他の業者ではこれらの属性の人でも申し込めるケースが多いので、最初の段階からハードルが高いと言えます。

このようにいくつかのデメリットがあるので、申し込み前に知らないことのないように確認して起きましょう。