自営業の融資は難しい?

MENU

自営業の融資は難しいのか?

自営業とは、ご自身で事業を営んでいる会社形態を指すもので、家族経営などの小規模な体制であるケースが多く見受けられます。しかし、少人数とはいえ立派な個人事業者であり、一国一城の主であることに変わりはありません。トヨタ自動車や松下電器産業なども、創業当時は似たような状況にありました。

 

要は、今後、どれだけ業績が拡大し、企業規模を大きくしていけるのか、十分な利益をあげていく見込みがあるのか、こうした点が融資を実行する上でのキーポイントとなります。

 

換言すれば、優秀な融資事業者は、個人事業者の秘めた力を見抜く眼力を持っているとも言えるのです。その代表的な会社が、新進気鋭でエネルギッシュなライフティなのです。(参照:ライフティ

 

自営業者は会社員より厳しい目で見られている

自営業者は、社会保険などもすべて自力で稼ぎ出し、従業員の給与や雇用保険なども確保せねばなりません。

 

バックボーンとなるものがないだけに、融資を受けるに際しては、会社員よりも厳しい審査に直面することは否定できません。これが、自営業者が融資を受ける際の現実なのです。

 

そして、悲しいことに、厳しい審査にパスしたとしても、一流企業の会社員よりも高い利率での融資を提示されるケースも見受けられます。これは一重に信用力の問題と割り切るしかないのが実情です。一流企業の会社員は、毎月安定した給与・決まった賞与を受け取る見込みがあり、その信用力が融資を受ける際に有利に働くことになるのです。

 

一方、自営業者は、1ヶ月・2ヶ月先の売り上げが安定して確保できる保証などどこにもありません。悪く言えば、取引先の景況が芳しくなく、連鎖倒産の憂き目に直面する事態だって想定されるのです。自営業者の商売がうまくいけば、収入はその分だけ多く得られますが、うまくいかないときもある、融資担当者は常にリスクを念頭において審査する傾向にあるため、石橋をたたいて渡るような審査が、自営業者には待っていることになります。

 

そんな融資担当者ばかりがいる金融機関は無視し、自営業者は自分の会社をしっかりと認め、これからの大切なパートナーとして長きに渡り付き合ってもらえるような金融機関を探すほうが得策です。そんな金融機関があるのでしょうか。あります。実在します。ライフティという会社はあまり有名ではないかもしれません。それは創業したばかりのためであり、そうした金融機関をパートナーに、一念発起することも業容拡大のためには必要と考えられます。

 

ライフティはゆるい時期にある

ライフティはキャッシングに参入したばかりの新規企業です。新規企業であれば、当然、自社の存在を多くの顧客に知ってもらい、その存在感をアピールする必要があります。自営業者が従業員の給与を必死で稼ぎ出しているように、ライフティもまた、自社の従業員に払う給与やコストは存在します。

 

当然のことながら、それらをカバーできるだけの融資を行う必要があるのです。そのため、融資に当たっての審査は、同じ条件の金融機関よりもゆるやかであり、自営業者の立場をよく理解し、できるだけ多くの金額をご利用いただこうというサービス精神に満ち溢れています。

 

お客様は神様であり、これからのライフティを支えてくれる大切なパートナーであり、同志であるのです。こうした金融機関と密接な付き合いを続けていれば、再び、資金繰りに困ったときなど、お互いの立場をよく理解してくれ、快く融資に応じてくれることと思われます。

 

これはまさに、助け合いの精神であり、新規参入したライフティと新規に創業した自営業者など、相思相愛の関係といっても過言ではないでしょう。融資が比較的ゆるやかに行ってもらえる今こそ、ライフティとお近づきになり、双方の反映に向けてシェイクハンズするときだと考えられます。

 

ライフティと言っても、信用してよいのかとお考えの方がみえるかもしれません。その点はご安心ください。ライフティの親会社は、東証一部上場企業なのです。それほど秀逸な企業がバックに控えており、自営業者の方々をサポートしようとしてくれています。このチャンスを逃す手はありません。

 

ライフティの強みとは?

ライフティの強みは次の3点に要約されます。

 

ひとつは、

中小ならではの戦術の審査基準を有することです。これは中小企業や自営業者をしっかりと把握できる眼力を持った職員を多数抱えている証拠であり、その優秀な社員たちが責任を持って審査業務に当たってくれます。この企業様は、こうした資金使途であり、年少がこれだけあるから、いくらぐらいが妥当な融資金額だ、というかたちで決して無理のない融資を実行してくれるプロフェッショナル集団なのです。

 

ふたつめは、

貸金業者のルーキーとしての存在です。ルーキーだからこそ、全力で業界内を突き進まなければ生き残ることはできません。全力で進むためには、より多くのお客様に接し、少しでもその存在を知っていただく、そして必要なお金を必要なときに迅速に融資する、このお客様第一主義こそが、ルーキーに課せられた使命ともいえるものです。そしてライフティは、その使命を全うすべく、全社が一丸となって業務を遂行しているのです。今が旬、今がベスト、今が最高潮のときなのです。

 

最後に、みっつめは、

上場企業を親会社に持っているという強みがあります。上場企業ゆえに社員教育や接客態度、営業方法などは万全の体制であり、他の貸金業者に勝るとも劣らないものを持っています。そして、上場企業ゆえの自負心とプライドは、自営業者とともに成長していくという方向へ昇華されようとしています。お客様とともに歩む、お客様の喜びがライフティの喜びとなる、それがライフティの社会的存在意義だと考えられます。

 

今、このときを逃すことなく、ライフティの門を叩いてみて下さい。温かい笑顔に出会えるはずです。


×