個人事業主に最適なキャッシング

個人事業主に最適なキャッシング

事業をしているとどうしてもお金が必要になることが出てきます。十分な資金があれば自腹で賄うことも可能ですが、大きな設備投資や人件費の支払い、事業を継続するためのつなぎ資金など、どうしても自分で賄えないという事もあるでしょう。

 

また、個人事業主になったばかりでは資金も少なく、事業を開始することが難しいこともあります。個人事業主になると「支払いサイト」の問題が重要になります。これは実際に仕事を納品してから、報酬が支払われるまでの期間のことです。個人事業主はサラリーマンのように、仕事をしているからと言って定期的にお金が入ってくるわけではないのです。

 

個人事業主や中小企業の経営者は、どのような金融機関からお金を借りることが多いのでしょうか。

 

事業主は銀行よりもキャッシング

お金を借りる先は銀行、というイメージが強いかもしれませんが、実は銀行からのキャッシングは非常に面倒なものなのです。一般のカードローンでも審査に時間がかかったり、厳しい審査を通り抜ける必要がありますが、個人事業主の場合はサラリーマンよりも信用力が低く、個人事業主は原則不要の場合でも収入証明書の提出を求められることがあります。

 

事業に使う資金としてキャッシングする場合は、その事業を証明することができる書類や、事業計画書の提出が必要になることもあります。

 

そこで過去に金融機関からキャッシングをしたことがある人へのアンケートでは、銀行よりも消費者金融から借りている人が多いということがわかっています。もちろん銀行からのキャッシングは金利が低くメリットが大きい部分もあります。しかし個人事業主や中小企業の経営者の場合は、消費者金融のほうが身近なキャッシング先だと感じているのです。

 

消費者金融が選ばれる理由は、審査の速さや無担保で借りることができる点、保証人を立てる必要がないことなどが挙げられます。銀行からの場合は時間がかかってしまったり、場合によっては連帯保証人が必要になります。

 

2番手候補は「アコム」

金融機関からキャッシングする個人事業主の多くは、100万円以内の金額を利用しています。また、借入期間も短い場合が多くあります。これは「つなぎ融資」として利用しているためです。

 

つなぎ融資は支払いサイトを待つ間の運転資金のことです。

 

そのため運転資金が入り次第キャッシングしていたお金を返す人が多いのです。1ヶ月以内の短期の借入を想定している個人事業主は、全体の3割近くいます。

 

そうした個人事業主によく選ばれているのがアコムです。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融で、業界の中でも大手です。融資までが最短1時間となっているため、急な支払いにも対応することができますし、手続きはすべてネットで完結します。

 

Pay-easyという支払いシステムと連動しており、ネットから土日関係なく24時間手数料無料で返済することも可能です。また、ネットバンクである楽天銀行と相性がよく、楽天銀行を振込先にすることで土日や時間に関係なく即時振り込みキャッシングも可能です。個人事業主で楽天銀行の口座を持っている人は多くいるため、非常に相性のよい消費者金融なのです。

 

また、短期で借りる人にとってうれしいのが30日間金利ゼロサービスです。こちらは新規の契約者に適用されます。

 

注目のビジネスパートナー

個人事業主が利用できるキャッシング先として押さえておきたいのが、中小の消費者金融です。その中でもビジネスパートナーという会社にある「スモールビジネスローン」は狙い目です。こちらの商品は審査の敷居も低くなっています。それはビジネスパートナーが融資を始めたのが2012年からで、他社と比較すると出遅れているためです。お金を借りる先は何件もあるものではありません。そのため古くから金融機関と契約を結んでいる人は、なかなかこうした新規参入者から借りることはないのです。

 

しかしビジネスパートナーのローンも顧客を増やしていかなくてはなりません。そのため多くの人にキャッシングを利用してもらうことができるように、審査のハードルを下げているのです。こうした現象は他社でも同様にあり、新しくローン商品を発売した金融機関は比較的契約がしやすくなります。長い付き合いをすることで金利を引き下げていくことも可能ですので、まずは契約をすることができるよう、審査に不安がある人はビジネスパートナーで申し込みをしてみるのもよいかもしれません。

 

その他にも・・・

他にもビジネス用の貸し出しを行っている会社もあります。消費者金融の場合、総量規制の対象と思われるかもしれませんが、ビジネス向けのローンの場合は総量規制の対象外となっています。

 

例えばプロミスの「自営者ローン」こちらも総量規制の対象外です。個人事業主は確定申告で経費を計上することで節税対策をすることができますが、経費が多すぎると年収が低くなってしまいます。年収が低いと一般のローンでは審査が通りにくかったり、希望する金額を借りることができないことがあります。

 

総量規制対象外のローンを選ぶことによって、まとまった資金を借りることができるばかりか、限度額がアップされれば銀行並みに低い金利でキャッシングできるようになることもあります。

 

もう1つ大きなメリットが、事業性資金に利用できるローンの利息負担は、経費にすることができるという点です。普通のカードローンの利息を経費にすることはできませんので、個人事業主は早い段階でビジネス用のローンに切り替えることで、税金対策を効率的に進めることができるでしょう。

キャッシングで即日借りれるランキング