弁護士が語る!過払い金請求をする時に注意すべき事

MENU

弁護士が語る!過払い金請求をする時に注意すべき点はココ

キャッシングやカードローンはお金が必要になった時に助けてくれる非常に便利な存在ですが、中には返済時に利息を払いすぎているケースもあります。

 

正当な利息を計算し直し、払い過ぎた利息の返還を求めるのが過払い金請求ですが、請求には時効があったり過払い金を着服するような悪質な弁護士もいるなど、請求に当たっては注意が必要なこともあります。トラブルに巻き込まれないように、過払い金請求の具体的な内容や注意点などを知っておくようにしましょう。

 

払いすぎた利息=過払い金

請求をする前に、そもそも過払い金とは何なのか詳しく知っておく必要があります。

 

私たちがキャッシングなどでお金を借りる場合、貸す側の金融業者は元本と一緒に返済してもらう利息を設定することができます。

 

この利息は利息制限法という法律によって上限が定められており、10万円以下の借り入れについては20%、10万円以上100万円未満なら18%、100万円以上は15%までしか設定できないことになっています。しかし金融業者によってはこの上限を無視した利息が設定されていたケースもあり、もし上限以上の利息で返済を行っていた場合はその部分を返還してもらうことができるのです。

 

簡単に言えば、払い過ぎた利息を返してもらうということになります。この払い過ぎた利息のことを過払い金と呼び、返還を要求する手続きを過払い金請求と言うのです。具体的に見てみると、現在残っている借り入れの残高が10万円ある場合、上限を超えた利息の支払いが50万円あれば差し引き40万円が手元に戻ってくることになります。

 

借入残高が過払い金よりも少なかった場合は、相殺されるものの手元に現金が戻ることはありません。

 

素人が請求すると労力と時間がかかる

現在は借り入れを行っていなくても、過去の契約を見直して法律で定められた上限を超えた利息を支払っていた場合、過払い金請求ができる可能性が高いので検討する価値はあります。

 

ただ、その場合は素人が自分で全ての手続きや交渉を行おうとしても難しいことが多いです。専門知識やノウハウなども持ち合わせていないため、頑張って請求してみても時間や手間ばかりかかってしまいます。何とか請求にこぎつけても、資格も何もない素人からの請求では金融業者がまともに対応してくれない可能性もあるのです。

 

労力や時間を無駄にしてしまうケースが多いので、過払い金請求を行う場合は最初からプロの弁護士に任せて手続きしてもらうのが効率的です。依頼するには費用がかかりますが、弁護士からの請求であれば業者も無視できませんし、何より過払い金請求の実績があるところが多いので安心して任せることができます。

 

ただ、いかに弁護士と言えど最後の完済日から10年以上経過した契約や、金融業者が倒産してしまった契約などの過払い金は取り戻すことができません。自分がこれらに該当していないか、まず確認したうえで依頼するようにしましょう。

 

悪徳弁護士に着服されないように!

過払い金請求は近年実行する人が多いので数多くの弁護士が取り扱っていますが、中には取り戻した過払い金の額をごまかすなどして着服するような悪質な弁護士もいるので注意が必要です。

 

悪質な弁護士の手口として最も多いのが、実際に返還された金額を過少に依頼者へ報告し、差額を自分の口座に入れてしまう手口です。依頼者としてはいくら取り戻せたか弁護士の口から聞くしかないので、なかなか正確な返還金額が分からず着服されてしまうケースが多いのです。

 

また、手元にまだ返済すべき借入残高が残っているような場合、過払い金があったとしてもまずは残高の返済に充てられます。

 

ここで過払い金の額が借り入れ残高よりも大きければその時点で借り入れは完済され、残高はゼロとなります。それにも関わらず、あたかも借入残高がまだ残っているかのように依頼者に話し、金融業者への返済を装って自分が着服してしまうケースもあります。

 

さらに複数の業者から借り入れている場合、1社から過払い金があれば他社の返済に充てるべきところ、それをせずに放置することで依頼者が知らないうちに他社の利息が膨らみ続けるという被害が発生します。このような放置も悪質弁護士がよく行う手口なので、注意しておきましょう。

 

悪徳弁護士はどうやって見分けるの!?

過払い金請求の際には悪質な弁護士に注意と述べましたが、数多くいる弁護士の中からどうやって見分ければ良いのか分からないという人もいるでしょう。弁護士に騙されないようにするには、まず過払い金などの詳しい内容を示す正式な書類を作成してもらうことが大切です。

 

書式や内容は弁護士事務所によって異なるので一概には言えませんが、例えば金融業者から取引記録を取り寄せてもらったり、引直し計算書などがあると安心です。悪質な弁護士の場合、こういった数字を口頭で説明するだけで書類を出さないので注意が必要です。

 

書類があればそう簡単には金額をごまかすこともできなくなりますし、弁護士に対するけん制にもなるので効果的です。実際に過払い金が返還されたと連絡があった場合も、口頭で聞くだけではなく全ての結果報告などを書類にして渡してもらえるよう依頼しておきましょう。返還にあたっては、必ず金融業者から和解書が送られてくるのでこれも確認しておきます。

 

こういった書類を見せたがらない弁護士の場合、信頼して請求を任せることができないので最初から依頼しない方が賢明です。

 

弁護士の着手金と成功報酬

過払い金請求を弁護士に依頼した場合、依頼者は弁護士に対して着手金や成功報酬などを支払う必要があります。この場合も不当に高額の支払いを求めてくる悪質な弁護士がいるので、報酬が正当なものかどうか判断するためにも相場を知っておくようにしましょう。

 

テレビなどで大々的にCMを流しているような弁護士事務所の場合、悪質でなくても広告費などを報酬で回収する必要があるため高額になりがちです。過払い金の手続き自体はどの弁護士でも同じことを行うので、知名度があるからと言ってあえて高額な事務所を選ぶ必要はありません。

 

一般的な弁護士事務所の場合、着手金は請求額の5%から8%前後、成功報酬は実際の回収額の10%から20%前後という料金設定のところが多いです。具体的に見てみると、過払い金請求額が10万円で全額回収できた場合は着手金が5,000円から8,000円、成功報酬は1万円から2万円ということになります。これを合算するので、15,000円から28,000円ほどが相場だと考えておきましょう。

 

着手金は無料にしている弁護士事務所も多いですが、そのようなところは成功報酬が高めになっているので必ず依頼前にチェックしておきましょう。

 

まとめ

このように、過払い金請求は今や非常にポピュラーな手続きで回収率も高くなっています。大手の消費者金融などでも過払い金は発生しているので、大手だからそういう心配はないはずだと放っておくのではなく、過去の借り入れも含めて一度契約内容を確認しておくと良いでしょう。

 

過払い金を返還してもらうには、最後に業者に対して返済した日から10年以内でないと時効になってしまうため、1日でも早く内容を確認して手続きを開始する必要があります。弁護士に依頼するのは費用もかかるし難しいように見えますが、実際には成功報酬がメインなので回収額から支払えますし、初めての利用であれば無料で相談できる弁護士事務所も多いので、意外と気軽に依頼することができるのです。

 

過払い金請求は基本的には弁護士に依頼することになりますが、知識があって時間にも余裕があるという人であれば自分で行うこともできます。実際の手続きや回収のハードルは高くなるので、もし自分でやりたい場合はしっかり準備しておく必要があります。弁護士に依頼する場合は、悪質な弁護士に当たらないようによくチェックすることも大切です。


×