家電量販店の時給が高い理由とその仕事内容

家電量販店の時給が高い理由とその仕事内容

学生のアルバイトや、主婦のパート、会社員の副業におすすめのアルバイトがあります。それは、家電量販店でのアルバイトです。大変な仕事ではありますが、時給がかなり高いので、お金が欲しい人にはおすすめです。

 

仕事内容は、コーナーによって取り扱う商品が異なりますが、基本的には商品説明、レジ担当、裏方の仕入れ担当になるでしょう。家電量販店で働くにあたり知識は必要か、仕事のやりがいはどのような点かなど、詳しくご紹介します。

 

時給の相場は1,000円から

家電量販店でのアルバイトは、時給がとても高いです。最低でも時給1000円から、平均すると1500円前後になります。更に、研修を受けて知識をつけた人や長く働いている人、売り上げ成績が特に優れている人は、より高いお給料をいただくことができます。

 

例えば、アルバイトという立場でも、昇格できた人たちは、時給1800円になる事もあります。アルバイトをする人たちは最初から知識がある訳ではなく、日々商品の勉強をしたり、研修を受けたりして勉強しているので、逆に言えば、誰でも高時給を目指すことができます。家電量販店での仕事は、人と関わる事に興味がある人にはぜひおすすめしたいです。

 

どこで見つける?

興味を持った方は、ぜひ応募してみましょう。家電量販店の求人は、家電量販店のホームページ、お店のチラシなどにもあり、電話で応募する事ができます。また、アルバイトを募集するための情報サイトなどから、ウェブエントリーをした後、採用担当者からの連絡を待ってから面接へ行くこともできます。年中、アルバイトを募集している事が多いので、求人は目につきやすいでしょう。

 

求人を見つけてから応募をする際、電化製品に関する知識がある人や、接客アルバイトをしたことがある人は、強いアピールポイントとなるので、履歴書に書くと良いです。どのような仕事に興味があるかも書くと希望が通る可能性もあります。

 

レジ担当と売り場担当

家電量販店の仕事に応募し、見事に採用されたら早速アルバイト開始です。

 

大きく分けると、アルバイトの仕事はレジ担当と売り場担当に分かれます。売り場担当の人は、どの商品コーナーに配属されるかによって受ける研修などは異なります。ただし、お店で働く店員として、売り場の位置や、全商品の概要などは覚える必要があります。

 

お客様に商品を説明し、個人にあったものを一緒に探すので、人と接する事が好きな人に向いているでしょう。レジ担当は、細かいお金の管理が求められます。そして、レジに商品を通した際、新品のものに交換する事もあるので、在庫の位置や数などは把握している必要があります。

 

家電量販店で働くことのメリット

家電量販店で働くメリットとして、いちばん大きいのは時給が高い事です。お金が必要な人にとっては、確実に嬉しい仕事でしょう。また、商品の知識が身につくため、学生は就職活動に有利になるかもしれません。メーカーなどに就職する際、同期や先輩たちに差をつける事ができます。そして、人と関わる事で、コミュニケーション能力が向上します。

 

お客様によって、欲しい商品や求めているニーズは違います。よく話を聞き、商品を丁寧に説明し、お客様の要望に応えるまでが仕事なので長く経験をすることで、話上手、聞き上手になるでしょう。社会に出るにあたり、人見知りな人より、積極的に話せる人の方が仕事を任せてもらえるため、力になるでしょう。

 

家電量販店で働くデメリット

一方で、家電量販店で働くデメリットもあります。

 

まず、残業になる事が多い事です。家電量販店で扱う商品は、日常生活の一部となるものがほとんどです。金額も大きいものがほとんどなため、お客様も複数の商品を見比べます。また、他の店と商品の金額を比較し、値段交渉をされることもあります。アルバイトという立場であっても、お客様の対応は最後までしなければなりません。相談や金額の交渉を受けてアルバイト終了時間を過ぎても、帰る事はできません。

 

そして、もう一つのデメリットは、家電量販店の雰囲気です。かなり体育会系な職場なため、常に元気よく働く必要があり、バックヤードでは声を張り上げる店員も多いです。おとなしい性格の人にはきついでしょう。

 

家電に詳しくないと働けない?

メリット、デメリットは多々ありますが、アルバイトは誰でも応募できます。例え、家電に詳しくない人でもアルバイト採用後にしっかりとした研修を受ける事ができるので安心して売り場に出る事ができます。

 

研修はお店によって異なりますが、最初はお店または外部の研修施設で商品の概要や基本的な契約方法を学びます。その後、先輩アルバイトと一緒に売り場で実践研修をします。

 

ある程度慣れたら一人で売り場に立つことになるでしょう。やる気のある人や、時給をより上げたいと考える人は、もっと詳しい知識を勉強できる研修に参加する事も可能です。知識が身につくまでは大変な仕事ですが、ぜひ挑戦していただきたいです。

 

仕事する上での注意点

仕事をする上での注意点があります。まず、家電量販店では多くの電化製品があるため、入店時には電化製品の持ち込みチェックを受ける必要があります。音楽プレーヤーや携帯電話、その中にあるバッテリー、スマートフォンカバーやフィルターなど、細かいものも申告しなければなりません。

 

アルバイトをする日は、なるべく電化製品を持たずに出社することをおすすめします。そして、身だしなみはかなり重要です。人と関わる仕事なため、体臭や口臭はもちろん、髪の毛が長い人は切るかまとめる、男性はひげをそる、女性は濃すぎない程度に化粧をする、そして、制服はしっかりと綺麗な状態を保つなど、気をつけるべき点はたくさんあります。

 

アルバイトにはノルマはない

お店同士の競争が激しい家電量販店ですが、アルバイトに対するノルマはありません。もちろん、社員に対してはノルマがありますが、アルバイトはお店全体ののノルマを達成するために精一杯仕事をすれば良いのです。

 

ノルマがないからといえ、無責任な態度を取ったり、間違った案内をしてしまうとシフトを減らされる、反省文を書かされるなど、何かしらの処罰は受けるでしょう。社員と同じくらい責任があるという事を常に意識し、働くことが重要です。お客様から見たら、社員とアルバイトの違いは分かりません。必ず、社員と同じように知識を勉強し、お金をいただいている立場として、積極的に行動しましょう。

 

商品の知識をつけると働きやすくなる

家電量販店の売り場に立つにあたり、商品の勉強は研修でできます。しかし、より詳しい知識があると、より働きやすくなります。お客様としては、自分が欲しいものを探すにあたり商品知識のある店員に接客してほしいと思うのが当たり前です。

 

逆に、知識の浅い人は最後まで接客できず、途中から先輩アルバイトや社員にお客様を引き継ぐことになってします。また、勉強しても知識がなかなか身につかない人は、お店の雑用や、裏方に回されてしまう可能性もありますので、自分のためにも、そして、お客様のためにも常に商品の知識を勉強するべきです。知識がある事で、昇給も見込めるので一石二鳥になるでしょう。

 

まとめ

以上、家電量販店で働くにあたってのメリットやデメリット、時給に関してご紹介してきました。

 

一般的なアルバイトでは、時給900円から1000円が相場だと言われています。その事を考えると、家電量販店での時給はかなり高いでしょう。もちろん、高額な時給を稼げる代わりに、商品の知識を勉強したり、残業に対応したり、時にはクレーム対応をしたりと、大変な事もたくさんあります。

 

しかし、商品知識を学べて人とのコミュニケーション力が身につく最高の職場だともいえますので、これからアルバイトを探している人には強くおすすめします。これからクリスマスや正月、新学期など、家電セールの時期となりますので、求人に応募するには良い季節です。

キャッシングで即日借りれるランキング