お借入希望枠は高くしておいた方がお得?

借入希望枠は高くしておいた方が得、それとも損!?

クレジットカードのキャッシングやカードローンでは申し込みをするときにお借入希望枠を記入します。一般的にお借入希望枠が低いほうが審査に通る可能性は高くなりますが、お借入希望枠が大きいほうが実は有利な条件で借りることができます。

 

金融機関によって設定される金利に違いがありますが、どういった基準で設定をしているのでしょうか。お借入希望枠を上手に増やしていくにはいくつかのコツがあり、条件は改善していくことが可能です。

 

利用希望額は高くしておいた方がお得!

例えば50万円借りたいと思った場合、仮審査後に100万円まで設定できる、契約は可能だけれど30万円までしか貸せない、など、金融機関側から条件を提示されることがあります。

 

30万円までしか借りることができないのであれば30万をお借入希望枠とするしかありませんが、100万円まで増やすことができるのであれば、必要最低限である50万と記入するのも、提示された100万円で契約するのも、申込者の自由です。

 

しかし限度額が高いほど金利が低くなりますので、実は可能であれば最大限のお借入限度枠にしておいたほうが、有利な条件で借りることができます。利息制限法では100万円以上利用する場合の上限金利を15%とする決まりを境に、それ以上の限度額のとき、上限金利は存在しません。そこからは金融機関との信頼関係によって、契約内容が変わってくることになります。

 

総量規定のチェックが入る

消費者金融や信販系のクレジットカードでのキャッシングの場合、総量規制の対象となっています。総量規制とは年収の3分の1以上の貸し出しを禁止する法律で、多重債務に陥る人を減らす目的で設定されたものです。銀行のカードローンの場合は総量規制の対象外ですので、年収の3分の1以上借りることもできます。

 

総量規制対象の業者では、一定のお借入希望枠以上を希望した場合、収入証明書の提示が必要になります。そこで金融機関は収入を把握することになるのですが、この規制は規制対象となっている業者からの合計借入額で決まります。

 

すでに他社で利用があると、その分も差し引かれることになりますので注意しましょう。

 

銀行以外の業者に申し込みをするときは自分の収入がいくらあり、法律上いくらまで借りることができるのか把握しておかなくてはなりません。ただし利用残高で計算されますので、限度額が設定されていても利用がなければ差し引かれることはありません。

 

必要書類

銀行系カードローンの場合は300万円のお借入希望枠以下であれば収入証明書の提出は不要としているところもありますが、消費者金融では50万円から提出が必要になるところが多くあります。

 

また、他社に借り入れがある場合は、他社の借り入れとお借入希望枠の合計が100万円を超える場合も必要です。

 

つまり、A社に30万、B社に50万の借り入れがあった場合、C社の申し込みでは20万円から証明書が必要になるのです。

 

給料明細や納税証明、源泉徴収票、確定申告書など、公式に収入を把握することができる書類のコピーを用意しておきましょう。契約後に増額をした場合でも、条件に当てはまった場合は書類の提出が必要になります。ただし証明書が必要なくても提出しておくことによって、高い限度額を設定してもらうことができるようになる場合もあり、なるべく提出しておいて損はありません

 

ミニマムペイント

月々の最小支払い金額のことを「ミニマムペイント」と言います。

 

ミニマムペイントは各金融機関によって異なりますが、これは月々の利息以上の支払い金額が設定されています。

 

例えば楽天銀行の場合、10万円以下の借り入れであれば毎月の返済額が3000円です。しかしみずほ銀行カードローンの場合は1万円となっています。月々の負担が大きいほうが元金充当金も多くなりますので、完済までが早く、利息負担も少なくなります。つまり一概に最低支払金額が少ないほうが良いとは言えないのです。

 

カードローンでは随時返済を利用することができますので、最低支払金額が小さくても、こまめに返済していくことによって残高を減らしていくことが可能です。完済まで早く済ませたいのであれば、随時返済を積極的に利用して、利息負担を圧縮していくと良いでしょう。

 

ただしカードローンによってはATM手数料がかかるものもあります。手数料がかからない場合は問題ありませんが、手数料がかかる金融機関とATMの組み合わせの場合はある程度まとまった金額で返済していくのが良いでしょう。

 

結局どのくらいで申請するのがベター?

金利が低く借りることができるのは大きなメリットですが、利用しないのにお借入希望枠を大きくしてしまうと、そもそも審査で通りにくくなってしまいます。そのため最初の申請時は必要な金額プラスアルファにしておき、より良い条件で契約したいと思ったときに増額申請をしていくのがオススメです。

 

また、収入証明書毎年提出する必要はありませんが、2年に1度更新が必要になります。収入が下がると利用できる金額が下がることもありますので、注意しておきましょう。

 

希望するお借入希望枠で通らなかった場合でも、利用を続けていくことによって、最終的には希望する金額まで増額することも可能です。そのためには毎月支払いをしっかりと行い、金融機関に信頼される顧客になる必要があります。引き落としに間に合わなかったり無断で延滞していると、信用を失う結果になり、さらに信用情報に不利なデータが残っていきますので注意しましょう。

キャッシングで即日借りれるランキング