ローンの借り換え・おまとめの際に押さえておくべきこととは?

MENU

ローンの借り換え・おまとめの際に押さえておくべきこと

 

ローンの借り換え・おまとめを検討していると、選択肢がたくさんあることに困ってしまうことがあります。ローンとひとまとめに言っても、金利やサービスも金融機関によって様々で一体どこが自分に適しているのか迷ってしまいます。各金融機関によって、金利の低さを特徴としているところもあれば、ローンの際の補償やサービスを充実させているところもあります。

 

ローンの借り換え・おまとめを依頼する金融機関を選ぶ際に押さえておくべきポイントは、まず自分がどのような条件を重視しているのかを明確にすることです。その後、複数の条件を総合的に比較・検討すると失敗が少なくなります。

 

現在の借入状況を把握しよう

ローンの借り換え・おまとめを検討しているのならば、押さえておくべきは、まずは現時点での自分のローンの借り入れ状況を正確に把握することから始めるようにしましょう。借り入れの現状把握がしっかりできていないと、自分に適した借り入れ・おまとめを依頼する金融機関を選ぶことができません。なんとなくこの会社からこのぐらい借りていて、毎月この程度返済しているかな、といった把握では不十分です。

 

ローンの借り換え・おまとめをする際には、具体的にローンの借り換えやおまとめをすることでどの程度の金額の負担を軽くすることができるのか、また支払いの負担は金額だけでなく支払日等も関係してきますのでそれらも総合的に考えていかなければなりません。ローンを組んでお金を借りている会社のホームページや送られてくる書類、ローン契約の際の証明書などを参考に正確な金額や日付を確認していくようにしましょう。

 

これらの確認を行うことで、現時点で自分が置かれている状況が分かり、これからどうしていきたいのかの見通しを持つことができるようになります。また、ローンの借り入れ・おまとめの検討には考えるべき優先順位があります。返済日がバラバラで常にお金がない状態が困るのか、金利が高くて毎月金利分を払うだけでいっぱいいっぱいになってしまっているのかなど、現在自分が何に一番困っているのかを押さえておくことでその優先順位がはっきりし、改善のポイントを絞ることでより自分に適した金融機関やサービスを探すことができます。

 

ローンによる借り入れ状況の把握で押さえておくべきポイントとしては、具体的に、

  • 全部でどこの何社からどこの会社からいくらずつお金を借りているのか
  • 借りている会社ごとの金利
  • 自分が借りているお金の合計金額
  • 利息を含め毎月もしくは毎年いくら返済をしているのか
  • 借りている会社ごとの返済日はいつなのか

などです。押さえておくべき項目が細かく多いので、検討の際にわかりやすいように表などにまとめておくといいでしょう。

 

金融機関によって借入金額やそれにかかる金利、残高や返済日は異なってきます。

 

もしも現在借りているお金の返済に困っているのならば、それらの条件の何を改善すれば今の負担を減らすことができるのかを考えることができます。例えば、金利が高い金融機関から金利が低い金融機関に借り換えを行うことで、これまで支払っていた金利の分のお金を節約することもできます。

 

「現状把握」・「目的設定」を明確にしよう

自分の借り入れの現状把握ができてきたら、次に押さえておくべきポイントとしてローンの借り換え・おまとめを行う目的を明確にしていきましょう。この場合の目的とは、現在このような点に困っているから、ローン返済の負担を今後このようにに減らしていきたい、という願いになります。

 

つまり、

  1. 現状把握
  2. 目的設定

二つがセットになっていると言えます。

 

現状把握の課題に応じて目的を設定することで解決していくからです。ローンの借り入れ・おまとめの方法はたくさんありますが、どのような状態に自分をもっていきたいのかによってその手段を変えなくてはなりません。自分のこうなりたい、という目的に沿っていない借り換え。おまとめをしたとしても、現状の課題を解決したことにはなりません。目的をしっかりと押さえて見極めることが自分に合った借り換え・おまとめの仕方を探す重要なポイントになります。

 

例えば、毎月の返済額が大きすぎて収入の多くを返済に充てなければならず、結果生活費を圧迫してしまっていることに困っているという場合があります。この場合、支払い期間を延ばしてでも月々の返済額を抑え負担をかるくしたり、全体の返済額を減らすことで返済計画にゆとりを持たせる、という目的になるでしょう。

 

また、返済生活が長期化して困っておりこのままでは将来ずっと細々と返済していくことになる、住宅ローンなどを組みたいので審査のためにもできる限り早く借金のない状態にしておきたい、と考えているのであれば、毎月もしくは毎年ごとの返済額を多くしてでもできるだけ返済期間を短縮して早く返済生活から抜け出す、という目的になります。

 

このように、現在の自分の課題ははこうであるから、ローンの借り換え・おまとめをすることで課題を解決してこのようになりたい、とイメージすると目的を考えやすくなります。毎月の返済にゆとりをもたせることを目的とする場合、具体的には、なるべく金利が低いローンを探すこと・毎月もしくは毎年ごとの返済額を小さく設定できることが条件になります。

 

また、早めの完済を目的とする場合、具体的には、なるべく金利が低いローンを探すこと・毎月もしくは毎年ごとの返済額を大きく設定できること、が条件として挙げられます。このように、目的を押さえて明確にしておけば、それによって重視する借り入れのやり方が決まってきます。

 

おまとめ後どれだけお得になるのかをシュミレーション

自分の借り入れの現状把握と、これからの目的設定ができなならば、具体的に借り換え・おまとめを検討してどの程度お金や支払いの負担が軽くなるのかシュミレーションしていきましょう。いくつかのパターンでシュミレーションを行い、それらを比較することでより自分に適した借り換え・おまとめの方法が見つけられます。

 

例えば、借り入れをしている会社が三社、借入総額150万円(各社50万円ずつ)、年利が各社18.0%、返済期間が5年(60か月)、返済日が毎月5日・15日・25日と想定します。この場合、毎月の返済額は38,088円、返済総額は2,285,343円、そのうち利息は785,343円の計算になります。

 

このように想定した時、課題としては返済日が毎月5日・15日・25日と三回もあって精神的に負担がかかること、年利が18.0%と決して低くはないことが挙げられます。この二つの課題をローンの借り換え・おまとめをすることによってどの程度解決することができるかを具体的に検討していきます。

 

おまとめ・借り換え先として、年利15.0%、返済日が毎月5日の金融機関にすると想定してみましょう。

この場合、借り入れをしている会社が一社、借入総額150万円(各社50万円ずつをまとめたため)、年利が15.0%、返済期間が5年(60か月)、返済日が毎月5日となります。

 

そうすると、毎月の返済額は35,684円(そのうち利息が16,934円)、返済総額は2,141,075円(そのうち利息が641,075円)の計算になります。三社からそれぞれ借り入れをしていた時よりも返済日が5日と毎月一回になったので精神的な負担が軽くなりました。

 

また、高かった年利が18.0%から15.0%になったのでその分毎月の返済金額、総返済金額を節約することができました。借り換え・おまとめの手間はかかりますが、総返済金額を144,268円も抑えることができたことは大きな魅力といえます。

 

また、別の課題として毎月の返済額が大きすぎて生活費を圧迫しているというケースもあります。このような場合、返済期間を延ばして毎月の返済額を減らす方法もあります。具体的には、総返済額と年利等の条件は同じ状態で、返済期間だけを5年(60か月)から80か月に変更してみると、毎月の返済額を32,322円から29,769円にすることができます。

 

このように、自分の目的に応じたシュミレーションを行うことで、具体的なイメージをすることができるようになります。

 

悪徳業者に引っかからないために・・

お金を借りる人の中には、悪徳会社、いわゆる闇金融と呼ばれる存在に騙されてしまうケースがあります。残念ながら、お金に困っている人の弱みや心理状態に付け込んで、通常ならば考えられないような金利や支払方法で高額なお金を返済させる、といったこともあります。

 

悪徳業者の存在は多くはないとはいえ、まじめに返済をしているのにいつまでたっても借入残高が減る気配がない、そこまで高額の借り入れではないのに利息の返済だけでいっぱいになってしまっている、という詐欺のような状態に苦しめられている人はいます。このような被害にあわないためにも、悪徳業者を見極めてリスクを回避するポイントを押さえておきましょう。

 

 

悪徳業者を見極めるうえで押さえておくべきポイントはいくつかあります。
まずは借り入れを検討しているところの知名度や設立年数を調べてみましょう。

もしも検討しているところが知名度の低い会社であったならば注意が必要です。詐欺被害を避けたいのならば、知名度が高い銀行や会社以外の借り入れは避けるようにしましょう。

 

次に押さえておくべきポイントとしては、登録番号を調べてみましょう。

利息制限法で20%を超える金利は制限されていますが、これを超える貸し付けを行っているところは国や都道府県に賃貸業の登録をしていない可能性があります。登録をすると番号がもらえるはずですが、番号を偽っているかなどしていることもあります。気になったときは財務局や都道府県の賃金業担当課にといあわせてみるとよいでしょう。

 

さらに悪徳業者を見極めるためには、対応の仕方を見てみましょう。

例えば電話やチラシ・ダイレクトメールなどでローンの勧誘があった場合は用心しましょう。他店で断られてもうちなら大丈夫など甘い言葉で誘ってくることがあります。また連絡先が携帯番号であったら要注意です。連絡先は必ず固定電話でないければならないと決められているのでその時点で法律違反です。

 

保証人の確認でもないのに両親や兄弟の連絡先を聞いてくる場合にも気を付けましょう。

借り入れをしている本人が返済困難になった際に、両親や兄弟に取り立てを行うためにこれらの情報を聞き出している可能性もあります。さらに、あまりにも低すぎる金利をアピールしている場合も怪しみましょう。異常に低い金利には何かしらのからくりがあると考えましょう。


×