単純労働作業のアルバイトの時給や注意点

単純労働作業のアルバイトの時給や注意点

軽作業とはピッキングや仕分けのようなもの、ベルトコンベアーでの流れ作業などがあります。

 

接客もあまりしたくないし、引っ越しのように重労働なものは嫌だなと言う場合に軽作業がおすすめです。

 

単純作業なので時給が安いのかなと思うかもしれませんが、案外他のアルバイトと大差ないということも多いです。中には単純作業なのに時給1,000円を超えている場合もあるので探してみると良いです。直接運送会社のピッキングなどの募集をしているものもあれば派遣もあります。

 

時給の相場や時間について

軽作業とは何かを考えたときにイメージしやすいのはベルトコンベアーでしょう。時給は1,000円を超えるものもあると上述しましたが、安ければ時給850円程度です。派遣会社に登録して軽作業をしに行く場合は、いったん派遣会社に行って登録作業を行います。そして、自分が仕事に入りたい日の前日に派遣会社に電話して、詳細をメールで送ってもらうような感じです。
案件は定期的にメールで送られてきたりするのですが、慣れてくると自分で電話して同じような現場に入れてもらうといったことも可能です。また食品会社のベルトコンベアーなども派遣の会社で案件を取り扱っています。

 

時間は9時から17時や18時というパターンが多いです。もちろん夜間の作業もあるのですが、会社としては深夜手当がつくので、できれば日中にやりたいと考えています。事務所移転などは夜間にやる必要がある場合もあり、その際には深夜手当を支払ってでも夜間に行います。しかし、軽作業の場合は特に事務所の営業時間と被って困るというようなことも稀なので、単純に間に合わないという場合を除いて日中の作業です。

 

4つの分類に別れる軽作業

軽作業とは力もいらず接客もないという作業なのですが、大きく分けると4つの分類に別れます。検品、ピッキング、梱包、仕分け、の4つです。

 

まず検品というのは同じ型の商品がベルトコンベアーなどで流れてきて、それに問題がないかを目視等で確認するというものです。必ずしもこのような状況と手段とは限らないのですが、基本的には商品に問題がないかを確認し、問題がある場合にはそれを取り除いたり責任者に報告するという作業になります。

 

次にピッキングは、梱包や仕分けと一部被るのですが、商品をあるカテゴリーごとにまとめたり、少し包装したりという作業です。これも単純作業なのですが、検品よりは手を動かしている時間も長いでしょう。

 

そして梱包とはピッキングした商品を配送できる状態に段ボールで包んだりする作業です。派遣にしてもアルバイトにしても、ピッキング作業と梱包作業は両方やることになったりもします。

 

最後に仕分けとは、商品を行先や種類ごとに分ける作業です。ほとんどの場合は力仕事というほどではないのですが、たまに重い商品もあります。女性であればそれほど重いものを持たされるということもないでしょう。

 

どこで見つける?

軽作業とはで検索すれば軽作業とは何かということから軽作業の募集まで出てくるでしょう。しかし効率の良い探し方としては、まず登録制の派遣会社に登録するのか、直接タウンワークなどから運送会社にアルバイトとして雇われるのかを決定する必要があります。その判断基準は、自分がどれくらいの頻度で仕事に入れるかというのがわかりやすいです。

 

登録型の派遣というのは前日に事務所に電話をして仕事に入るという場合が多く、固定でシフトがあるわけではありません。なので、好きなときに入れるというメリットもあり、逆に入れない可能性があるというデメリットもあります。いつ入れるかはわからないけれど、入れる日は絶対に入りたいという場合は複数の派遣会社に登録するという手段もあります。

 

アルバイトとして直接雇用される場合には、固定でシフトを組むパターンがほとんどでしょう。あらかじめ何曜日は入れるという話を面接時に行うので、それを守って勤務する必要があります。実際はシフトは面接時に言ったものを守る義務というのはないのですが、明らかに無視すると印象が悪くなるでしょう。

 

仕事をする時の注意点

軽作業とはその名の通り軽い作業なのですが、危険がゼロなわけではないです。特に作業の一部は機械化されていて、他の部分は人間が機械の一部のように単調作業を繰り返す、というものがありますが、これはある意味危険です。

 

軽作業とはやっているとボーっとしてくるものなのですが、その際に機会に手を挟むなどの危険性があります。もちろん工事現場ほどの危険性はないのですが、ボーっとしていると案外危ないということです。よく言われるように少し慣れてきたくらいが一番危険で、手を巻き込まれたりします。と言っても、ベルトコンベアーなどではちょっと切って血が出たというくらいなのですが、荷物に挟んで指が折れたとかなると笑い話で済まなくなるので気を付けるということです。

 

そして、ボーっとするのがだめだといっても、おそらく無理でしょう。何時間も同じ作業を繰り返していればだんだんと他のことを考え出します。むしろ他のことを考えなければやっていられなくなるはずです。なので他のことを考えるのは良いこととも言えるくらいで、別のことを考える前提で、作業にも気を付けるということです。

 

自分なりのモチベーションを保つ!

軽作業は退屈との闘いのような部分がありますが、この退屈をどうしのぐかというのがすべてと言っても過言ではないかもしれません。作業自体は簡単なので、1時間もあれば慣れた感じになってきます。そして、退屈します。お金のためとは言え、人生の貴重な時間をこんなことに当てるのは嫌だなという気分になってくるのですが、その際には自分なりのゲーム感覚を持つことや、他のことを考えるのが良いです。

 

自分なりのゲームというのは、一定の時間内に何個作業をできるかのようなことです。いわゆるタイムアタックです。これにも飽きてきた場合は、他のことを考えるということがもっとも退屈しのぎには良いでしょう。いつの間にか他のことを考えていたという状況であれば、ミスが出たりしてしまうかもしれませんが、最初から他のことを考えるという意志があれば作業と両立できます。

 

空想するというのでも良いですし、勉強していることがあれば、勉強した内容を思い返すというのは最高の学習環境です。手を動かしているので脳も働きやすいので、思い返す学習法のベストな環境と言えるでしょう。これは本当におすすめです。

 

まとめ

軽作業とはなにかというのは上述の通りですが、筋トレの負荷を強くしたいというのであれば、引っ越しや事務所移転の方がおすすめです。どうせならお金をもらいながら運動をしたいという人もいるでしょう。

 

軽作業とはその作業を行いながら他のことを考えられるという点が最大のメリットでしょう。だらだらとやる気なさそうにやるというのは時間の無駄で、それならば全力で他のことを考えながらやるのが軽作業とはベストです。

 

その際には上述の通り勉強した内容を思い返したり空想するということです。

 

何もない時間というのは多くの人が退屈で時間の無駄というように考えがちなのですが、使い方によって非常に有意義な時間になるのです。勉強した内容や気になることをイメージトレーニングするという時間に当てれば、記憶やアイデアとしての定着率が普通に本を読んだりしてインプットするだけよりも高くなるでしょう。

 

また手をちょうど良い感じに動かしているというのもより良い環境で、適度に手を動かしながら頭の中の整理を行えるのです。軽作業はつまらないと思われがちで、実際作業自体はつまらないのですが、このような工夫で最高の時間になります。

キャッシングで即日借りれるランキング