単身赴任の審査項目に帰省先が必須なのはなぜ?

MENU

単身赴任の審査項目に帰省先が必須なのはなぜ?

単身赴任をしている人が単身赴任先でふとカードローンを利用しようとすると、中には消費者金融側から「帰省先がどこにあるのか教えてほしい」と言われることがあります。

 

また、属性で家族構成を入力する際「単身者」や「一人暮らし」を選ぶと、帰省先や実家の入力欄があり、住所を入力しなくてはならない場合も多いでしょう。帰省先にもしかしたら連絡が行くのでは?と不安な人もいるかもしれませんね。

 

では、この帰省先が必須となっている理由を紹介しましょう。

 

まず心配なのは

まず心配になるのは「帰省先への迷惑や借金の暴露」でしょう。実家に「お金を借りています、返済してください」という連絡があったり、帰省先に「お金を借りているのでお宅も借りませんか?」なんて営業電話がありそうで、なんだか嫌な気持ちになるかもしれません。

 

結論から言えば、一般的で常識的な業者ならこういった心配はまずありえませんので、安心してくださいね。闇金から借りたというのなら例外ですが、そうではない一般的な消費者金融や銀行などから借りたのなら、こういった問題はありません。

 

というよりは、銀行や消費者金融が帰省先の情報を知っていても、その情報を活用して営業活動をしたり取り立てるという可能性は極めて少ないものなのです。お金を借りているということはたとえ家族でも知られたくないという人が多いでしょうし、消費者金融からちょっと遊びのために借りた、なんてとても言えない人もいるのではないでしょうか。お金を貸す業者はこのあたりの需要をよく知っていますから、帰省先と連絡をとったり、何かアクションを起こすようなことはありません。

 

帰省先に連絡が行くような場合としては、お金を借りてそのまま踏み倒して連絡できなくなった、というようなパターンがあります。本人に何かあったり、本人と連絡が取れないかと帰省先に連絡をしてくる可能性はあります。とは言えこの場合も個人名での連絡になりますし、業者名を出さないことがほとんどでしょう。

 

まっとうな業者ならこのあたりはよく熟知していますし、マニュアルもしっかりあります。対応策や内容はある程度明確に決まっており、そもそもマニュアルの段階から「電話はしない」とか「踏み倒しの可能性があるので個人名で電話する」というように決まっていますので、安心してください。

 

ただしこれらは基本的に「闇金ではない業者からお金を借りてまっとうに返済している」ということが大前提です。闇金など危険な業者から借りたり、借りたまま一度も滞納せず借りた会社に何も連絡しないで行方不明になるような非常識なことをした場合は、この限りではありませんので注意しましょう。まともに借りてまともに返済していれば、まず問題は出てこないのです。

 

なぜ帰省先が必要なのか

帰省先が必要な理由としては「他に連絡先があれば知っておきたい」というのが基本的なところになります。そもそもこういった金融業者のビジネススタイルは、お金を貸して利息をプラスして返済してもらうという方法です。中には手数料を利益としているところもありますが、やはり利息がメインでしょう。そして、返済し続けてもらうことも大事なポイントとなります。このため、返済が滞ったり連絡が取れなくなったなどの万が一の場合に備えて、帰りやすい場所である帰省先の情報がほしいということでもあります。

 

もし万が一連絡が取れなくなったりしても、帰省先に連絡をすれば連絡が取れる可能性はあるでしょう。業者はそれを狙っています。特にこういったカードローンやキャッシングは原則無担保で無保証人となっていますから、返済できなくなったらその時点で取り立てをしなくてはなりません。このとき、本人以外への取り立てはできませんし、問題となる取り立ては規制されており今では難しいものです。

 

また、万一のときに連絡先を知らないと、何らかの連絡をしなくてはならないときに困ったり、逆に関係を偽って連絡してくる人が出てくるかもしれませんよね。このため、帰省先のことを知っておきたい消費者金融や銀行は結構多いのです。

 

ただ、すべての消費者金融が帰省先情報を知りたがるわけではありません。中には不要としているところもあります。もし銀行や消費者金融にそのような情報を伝えるのが不安なのであれば、帰省先の情報を必要としない大手消費者金融や銀行などを利用しましょう。

 

また、書いたからといって特に連絡が行ったりすることはありませんが、これは借りて返済が続いていたり、しっかり返済ができている場合に限られます。また、何らかの都合で滞納する可能性があるときなども誠実に対応すれば、帰省先へ連絡が行くことはまずありません。このため、普通に利用していればまず問題にはならないでしょう。

 

利用する可能性としては、滞納して連絡もまともにつかないような場合など、あなたが不誠実な対応を取った場合などのごく小さなケースに限られます。ただし不安ならば、帰省先の情報を聞き出そうとしない銀行や消費者金融を利用するのが一番です。


×