公的制度

MENU

公的制度記事一覧

仕事を辞めた場合、一番に心配になるのが生活に関わるお金のことです。貯蓄が十分にあったり、友人や親せきなど助けてくれる人がいれば何とかなりますが、備えが完璧という人ばかりではありません。そこで、毎日生活の心配をせずに暮らせるよう、失業しても次の仕事を見つけるまでの間ある程度のお金を給付してくれる失業保険という仕組みがあるのです。よく耳にする制度ではありますが、申請方法や受給資格などの内容は非常に複雑...

失業保険は退職して次の仕事を見つけるまでの間の生活費や就職活動に必要な費用を受給できる保険です。当然退職したとしても保険に加入していなければなりませんし、受給できる条件も満たしていなくてはなりません。失業保険を受給している間は定められた金額以上の給与や決められている時間以上の労働をしている場合は定職についたとみなされて失業保険を受給する事はできませんが、定められた範囲内のアルバイトなどは許されてい...

失業保険は、勤務先を退職した場合や解雇された際に頼りになる社会保障の一つです。失業保険を受け取る場合、自己都合と会社都合によって、受給額と期間が変わってきます。解雇規制の厳しい日本では、自己都合退職の場合が多くなっていますが、やり方次第では、会社都合の退職になる可能性もあります。会社都合退職になることで、失業手当の給付額が大幅に増え、支給期間も長くなります。その際、いくつかの注意点がありますので、...

生活していれば誰でも、ある日突然大きな病気をしてしまったり怪我を負ってしまう可能性があります。このような場合に備えて民間の医療保険や生命保険などがありますが、全ての人が契約しているわけではないので高額の入院費用や医療費が必要になったらどうすれば良いのか、払えないと不安に感じる人も多いはずです。大きな病気や怪我をして入院や自宅での安静が必要になってしまえば、働けないにも関わらず治療費が必要になります...

病気や事情があって仕事ができない場合、生活していく経済力がないため困ってしまうこともあります。このような場合に助けてくれる国の制度が生活保護であり、様々な条件を満たした人のみ受給することができます。不景気が続く現代の日本では生活に困窮することも決して珍しくなく、他人事とは言い切れなくなっているのです。生活保護は言葉を知っていても、詳しい仕組みや受給できる金額の計算を知らない人も多いはずです。万が一...

生活保護の受給者数は増加傾向にありますが、受給資格があるのに受けていないという人は、まだたくさんいると予想されています。芸能人の不正受給などを理由に、生活保護に対して悪いイメージを持っている人もたくさんいますが、本当に困った人を助けるのが生活保護というシステムです。だれでも病気や失業などで生活ができなくなる可能性がありますが、そんな一時的な理由で人生が終わってしまわないために、もう一度普通の生活が...

体調を崩して働けないなど何らかの理由で生活保護を受けることになった人が最近は増えています。生活保護といっても、全額もらう人もいれば、仕事だけでは最低限の生活をしていくには厳しい場合に一部だけもらうという人もいます。そうすることで最低限の生活を送ることができますが、原資となるのは日本国民の税金となっており、受給者への目は厳しくなっています。生活保護を受けることでどのようなメリットやデメリットがあるの...

「生活福祉資金貸付制度」とは、収入が少ない世帯を対象として、国から0%〜1.5%の低金利でお金を借りられる制度のことです。消費者金融や銀行などからお金を借りると、金利も高くなりますのでこれらの制度を利用することがお勧めですが、誰でも簡単に借りられるというわけではありません。しかし、この制度を知っているのと知っていないのでは、生活を再建するためのステップに大きな違いが生じるのも事実です。ぜひ、この機...

生活を送っていると、様々なシーンでお金が必要になることがあります。マイホームを購入したり、子供の教育費や結婚資金がかさんだり、突然の病気などで医療費が必要になる可能性もあるでしょう。もちろん必要なお金は自分で工面して支払っている人がほとんどですが、実はその中に国や自治体など公的な機関から還付されるお金があるのです。自治体ごとに還付される補助金の名称には違いがあり、申請すればお金を受け取れることを知...


×