熊本銀行カードローンについて

MENU

熊本銀行カードローン

カードローンの申し込みをするとき、選ぶ基準はどのように決めればよいのでしょうか。便利な申し込み方法があるかどうか、即日融資に対応しているかどうか、金利の低さや最大限度額、借り入れや返済の方法など、人によって基準は異なります。

 

急いでお金を融資してもらいたいときは即日融資に対応しているかどうかで判断する人もいます。しかし長期間借りるのであれば、やはりコストの少ない低金利のローンを選んだほうが有利です。一般的には消費者金融よりも銀行のほうが条件は良くなっていることが多いです。

 

熊本県には地銀や信用金庫、大手の消費者金融やメガバンクなど、さまざまな金融機関でカードローンが発行されています。大手の金融機関であれば知名度が高いので、安心感もあるかもしれません。

 

しかし地元に密着している地銀にも、便利でメリットの大きなカードローンがあるのです。熊本の地方銀行である熊本銀行には、「ナイスカバー」というカードローンがあります。

 

熊本銀行カードローンの「ナイスカバー」

全国の地方銀行でもさまざまな特徴のあるカードローンが発行されていますが、熊本銀行の発行している「ナイスカバー」というカードローンは、金利8.5%〜14.5%で、最大300万円まで借りることができる商品です。上限金利は他の金融機関の平均的な水準ですが、最低金利がやや高くなっています。

 

それは貸し出しできる限度額が300万円と、かなり低い影響でもあります。一般的には金利は限度額が高いほど低くなりますので、1000万円など、高額な融資ができるカードローンほど、下限金利は低くなるのです。

 

熊本銀行のナイスカバーの特徴は、100万円以内の借入であればWEB完結の申し込みができ、最短2日で融資ができる点です。審査結果は電話で連絡が入りますので、必ず連絡のつきやすい電話番号を申込書に記入しておきましょう。契約完了となった数日後にカードが郵送で送られてきますので、到着したらカードを利用して借入ができるようになります。

 

100万円を超える限度額の場合は、こちらもネットから申し込みをすることができますが、正式な申し込みは書面で送らなくてはなりません。往復の郵送が必要になるため、100万円以下の限度額の場合と比べると、利用開始まで時間がかかります。

 

また、すでに熊本銀行に預金口座がある人は、審査通過後に普通預金口座への振り込み融資をしてもらうことができ、すべてがWEBで完結するようになっています。口座を持っていない場合は書類を郵送でやり取りする必要が出てくるため、こちらも審査と手続きに時間がかかるでしょう。

 

返済は熊本銀行の口座から引き落としになるため、カードローンの申込時は口座開設をしなくても、審査通過後には口座開設をする必要があります。

 

ナイスカバーの審査

ナイスカバーの審査基準は銀行系カードローンですので、消費者金融の総量規制のような制限はありません。安定した収入があれば申し込み可能です。また、在籍確認は必ず行われることになっているため、努めている職場の電話番号は間違えないようにしっかり記入しておきましょう。

 

在籍確認とは、申込者が本当にその職場に勤めているかどうかチェックする審査です。収入のない人が偽りの職場を書いて申し込みをすることを防ぐためのもので、収入の裏付けにもなります。熊本銀行の場合は審査担当者が個人名でかけてきますので、在籍確認の電話があったからといって会社の人にバレてしまう危険性は低いでしょう。ただ、本人確認のために電話口で生年月日や住所を伝えなくてはならないので、その内容を聞かれると怪しまれてしまう可能性はあります。

 

在籍確認は本人がいなくても、勤めていることがわかれば完了します。

 

ナイスカバーの保証会社はふくぎん保証、もしくはSMBCコンシューマーファイナンスです。このどちらかの保証を受けることができれば、仮審査は通過します。パートやアルバイト、年金受給者でも申し込みをすることができますが、年齢は20歳以上60歳以下です。昭和21年4月1日より前に生まれた人は55歳から老齢厚生年金を受け取ることができましたが、現在の年金受給者で60歳以下の人は存在しないため、年金受給者では事実上契約することはできません。

 

複数の保証会社があることから、審査通過率は高くなります。

 

SMBCコンシューマーファイナンスは三井住友銀行グループの消費者金融で、プロミスを提供している会社としても有名です。保証会社は他の銀行のローンの保証業務も行っていることがありますので、他にもローンの契約がある人は、できるだけかぶらないように注意しましょう。1つの会社に保証が集中すると、リスクが高くなって落ちてしまう原因になります。

審査が通りにくい人

熊本銀行のカードローンはそれほどスペックが高くないため、消費者金融などと比較すると審査通過率は高くありませんが、他行のローンと比べれば通りやすいほうと言えます。正社員で安定した収入があり、他に借金がないような人であればそれほど心配することはないでしょう。しかし借金がたくさんあったり、収入が少ない人にとっては不安になるかもしれません。

 

審査が通りにくい人はいくつか改善する方法があります。

まず他社に借金がある人は、借入額を減らすことができなくても、借り入れ件数を圧縮するようにしましょう。人によっては複数のローンで限度額まで利用していないことがあります。余っている限度額で複数の借金をまとめると、借り入れ件数を減らすことができます。

 

ローンの審査では借金の大きさよりも、件数を重要視するところがあります。たくさんの金融機関から借りていると、多重債務として扱われるからです。また、限度額が大きなローンがあるのは悪いことではなく、それだけ他社で信用されている証にもなります。少額の限度額のローンは完済しておきましょう。

 

また、短期間にたくさんのクレジットカードやカードローンに申し込みをするのもよくありません。信用情報には情報を照会した記録が残るため、他社が審査したときに申し込み状況がわかってしまいます。また、居住年数や勤続年数が短くて押してしまうこともあります。居住年数や勤続年数は長いほどスコアが高くなります。

 

熊本銀行に預金口座がない人の場合、ローンを組みたいと思った少し前から熊本銀行に預金口座を作り、取引をしておくのも審査に通りやすくするコツです。全く取引がない人と比べると、預金口座でも何かしらの取引がある人のほうが信用力が高くなるからです。

 

ナイスカバーのスペック

熊本銀行のナイスカバーのスペックは実際のところ、それほどよくはありません。金利は8.5%、12.5%、14.5%の中から、熊本銀行の判断によって決定されます。熊本銀行に限らず他の金融機関でもそうですが、初めての契約では最大金利が適用されることがほとんどです。よほど信用がある人は最大金利よりも低い金利が適用されることがありますが、最大金利の契約になると思って申し込みをしておいたほうが落胆せずに済みます。

 

限度額は300万円までと、消費者金融のローンと比較しても低くなっています。ただし、消費者金融では総量規制がありますので、カードローンの上限が800万円だとしても、年収が300万円だったら100万円までしか借りることができません。熊本銀行の場合は規制対象外ですので、100万円以上借りることも可能です。

 

限度額が少ないことや金利が高いことから、おまとめローンのような利用にはあまり適していません。

 

熊本銀行のナイスカバーは毎月の返済額が利用残高によって決定されます。しかもこの残高は元金に利息を組み入れた金額で決定されるため、利息の金額によっては返済額が増えたり減ったりすることがあります。最低支払額は2000円とかなり低くなっており、月々の負担はとても抑えることができます。ただし、返済額が少ないと返済期間が長くなり、結果として利息負担が大きくなりやすいので注意しなくてはなりません。

 

随時返済を利用して元金をなるべく早く減らしておきましょう。早い段階で元金を減らしておくと、最終的に支払わなくてはならない利息を大幅にカットすることができます。熊本銀行と付き合いができたら、金利を変えられないか交渉するのも負担を減らす良い方法です。

 

現在のナイスカバー

さて、ここまで説明をしてきた熊本銀行の「ナイスカバー」ですが、実は平成28年1月4日にサービスが中止となってしまいました。しかしカードローン自体がなくなったわけではなく、ナイスカバーという名前がなくなり、熊本銀行カードローンとしてサービスを提供しています。これまで契約をしていた人はそのまま利用を続けることができ、新しく申し込みをする人は「熊本銀行カードローン」への申し込みが必要です。

 

新しくなったカードローンは大幅にスペックが上昇しました。

 

20歳以上69歳以下の人が利用でき、パートやアルバイト、年金受給者、専業主婦も対象です。保証会社からふくぎん保証が外れ、SMBCコンシューマーファイナンスの1社になりました。限度額が1000万円まで増加され、金利は3%〜14.5%となりました。毎月1日から26日の決めた好きな日に引き落としをかけることができるため、自分の収入と支出に合わせた返済ができるようになりました。

 

所得証明に関しては変更がなく、100万円以上の限度額を希望する場合に必要になります。最大限度額が3倍以上に増えたことから、最低金利も大幅に低くなっています。そして金利が3種類固定でなくなったことから、信用に合わせて細かい設定ができるようになっています。以前のナイスカバーは1段階金利を下げると大きな変化になってしまいましたが、今回からは細かく設定できるため、金利の交渉がしやすくなりました。

 

申し込み方法はそれほど変わってはいませんが、すでに口座開設が済んでいる人は300万円まではWEB完結の申し込みを利用することができます。口座がない人はやはりナイスカバーのころと同じように、仮審査後に口座開設が必要になります。

 

熊本銀行カードローンと他社の比較

熊本銀行カードローンをメガバンクである三菱東京UFJ銀行「バンクイック」と比較してみましょう。

まずカードローンの金利は熊本銀行が3%〜14.5%なのに対し、バンクイックは1.8%〜14.6%です。最大金利では熊本銀行のほうが低いので、初めての契約であれば熊本銀行のほうが有利になる可能性が高いでしょう。ただし0.1%の差ではよほど長期間高額な借り入れをしていない限り、大きな差になることはありません。

 

利用限度額ではバンクイックが最大500万円です。500万円の限度額では金利が1.8%になる可能性が高いのですが、熊本銀行では最低金利が3%ですので、まとまった金額を借りるのであればバンクイックのほうが有利になりそうです。ただしおまとめローンのように500万円を超えるような限度額が必要な場合は、熊本銀行を選んだほうが1本化しやすくなります。

 

審査時間の場合はバンクイックのほうが有利です。熊本銀行はWEB申し込みでいつでも申し込みは受け付けてもらえますが、土日は審査をしていません。バンクイックは土日の審査も行っており、即日融資にも対応しています。最短で40分で結果を出してくるのは銀行系カードローンの中では最速の部類です。テレビ窓口でローンカードを発行することができますので、郵送による手続きをしなくても契約が完了します。郵送を利用すれば熊本銀行と同じように、利用開始まではしばらく時間がかかるでしょう。

 

どちらのカードローンも専業主婦への貸し出しをしていますが、バンクイックはそれほど専業主婦への貸し出しに積極的ではなく、契約ができても少額になる可能性があります。毎月の返済額はバンクイックが最低1000円からと、かなり少額です。返済額は少ないほど良いというわけではありませんが、どちらも毎月の負担は少なくて済みます。

 

まとめ

熊本銀行カードローンはリニューアルして以降、大手の銀行のローンにも見劣りしない、素晴らしいスペックになりました。即日融資対応していないため、急いで融資をしてもらいたい人にとってはやや使いにくいかもしれません。

 

しかし即日にこだわるのは最初だけです。その後の使い勝手やローンの条件で見れば、特に不便に感じるようなことはないでしょう。専業主婦や年金受給者でも借り入れすることができる点は高く評価できます。

 

三菱東京UFJ銀行バンクイックの保証会社は消費者金融のアコムですが、熊本銀行の場合は保証会社がプロミスのSMBCコンシューマーファイナンスです。

 

どちらも審査通過率は高い保証会社ですので、過去に滞納を繰り返していたなどの、信用情報上の問題がなければ、それほど審査に怯える必要はありません。幅広い人が利用できるスペックのローンですので、地元の地銀のローンを利用してみるのも良いでしょう。

 

審査落ちが心配な人は申し込みのタイミングを少し考えてみましょう。

例えば転職予定の人は転職する前にローンの契約をしたり、引っ越しをする人も引っ越し前に契約をしておいたほうが良いでしょう。勤続年数や居住年数は申し込みを遅くすればするだけ長くなります。他社に借り入れがあるような場合もできるだけ残高を減らしたタイミングでの申し込みが有利になります。

 

利用目的を「生活決済」とすると、お金に困っていることのアピールになってしまうことがあります。利用目的は娯楽・レジャーなどのように、生活に直接必要ではない目的にすると、審査に通りやすくなるとの声もあります。また、「滞納情報」にも注意しておきましょう。

 

滞納情報は信用情報機関に24か月分記録されます。延滞をするとデータを消すのに24か月かかるのです。毎月の支払は遅れずにこなすようにしましょう。


×