レイクの返済しやすさを表で比較

MENU

レイクの返済しやすさを表で比較しました!

このページでは、レイクの返済のしやすさについて表を用いて解説しています。

 

レイクは新生銀行カードローンなので、会社にはかなりの信用があります。

 

しかし、会社が信用できるということと、借金の返済が楽になるということは、同じではありません。返済ができなくなったらしっかりと催促されますし、催促を無視していたら裁判を起こされてしまうこともあります。

 

一般的に、金利が低いほど返済は楽になりますが、カードローンの金利は会社によってそれほど大きな差がありません。また、毎月の返済が楽になればなるほど、総合的な利息の負担が増えるということにも注意が必要です。

 

レイクの公式サイトはコチラ

 

返信しやすさを表で見てみよう

カードローンを借りる時に重視するポイントは人それぞれですが、基本的には毎月の負担は少なければ少ないほど良いでしょう。カードローンはリボ払いなので、毎月の最低返済額が重要になります。

 

ここでは残高が10万円、30万円、50万円であるケースについて、毎月の最低返済額を表にして比較をしてみました。

 

バンクイック 2,000円 6,000円 10,000円
レイク 3,000円 7,000円 12,000円
プロミス 4,000円 8,000円 11,000円
アコム 5,000円 13,000円 15,000円
オリックスVIPローン 10,000円 10,000円 10,000円

 

この表を見てみると、レイクの毎月の負担はかなり低いほうであることがわかります。レイクでは、残高が10万円なら3,000円、残高が30万円なら7,000円、残高が50万円なら12,000円を毎月返済していけばよいということになります。

 

レイクではご利用残高が100万円以下のケースでは、10万円増えるごとに毎月の最低返済額が変わってきますので、詳しくは公式ホームページを見てみましょう。

 

この表から、バンクイックが最も返済がしやすいということもわかります。

 

返済が楽なほど代償も大きい

毎月の負担が小さいということは重要ですが、もう1つ忘れてはならないことがあります。それは、元本の減り方です。毎月の返済額はすべて元本の返済にあてられるわけではなく、利息の返済にもあてられています。レイクを例にとると、次のようになっています。

 

借入残高10万円 返済額3,000円(元金1,565円+利息1,435円)
借入残高20万円 返済額5,000円(元金2,116円+利息2,884円)
借入残高30万円 返済額7,000円(元金2,666円+利息4,334円)
借入残高50万円 返済額12,000円(元金4,781円+利息7,219円)

 

借入残高10万円の時の返済額は3,000円ですが、そのうち利息の支払いに1,435円があてられるので、元金は1,565円しか減りません。借入残高が50万円の時には、12,000円も支払っているのに、そのうち7,219円が利息の支払いにあてられるので、元金は4,781円しか減らないという事態になってしまっています。

 

レイクでは毎月の返済負担は小さめですが、毎月最低返済額だけしか返済しないと、利息の負担が大きくなってしまうというデメリットもあります。

 

どちらを選べば良い?

レイクのように毎月の返済負担が小さいカードローンを選ぶと、月々の生活に余裕ができるものの、総合的には支払う利息が高額になってしまいます。逆に、毎月の返済負担が大きいカードローンを選ぶと、月々の生活の余裕が減少しますが、完済を早めることができ、支払い総利息を減額することができます。

 

どちらのパターンが良いかは人によって異なるので、一概には言えませんが、どちらかというなら、レイクのように返済負担が小さいカードローンを選ぶべきかと思われます。なぜなら、毎月の最低返済額というのは、あくまで「最低でもこのくらいは返済してください」という金額であって、それ以上の金額を返済することを禁止しているわけではないからです。むしろ、随時返済手数料がかからないことからしても、金融機関は積極的に随時返済をしていくことを推奨しているとも考えられます。

 

レイクのように毎月の負担が小さいカードローンを選んでおくと、ボーナスが出た時など、余裕がある時に随時返済をして、自分の都合が良いように返済を調節することができるので、おすすめです。

 

まとめ

カードローンでは、最低返済金額というものが設定されており、この金額が小さいほど月々の支払いが楽になります。最低返済金額は業者によって異なるので、なるべくこの金額が小さく設定されている業者を選ぶことが重要です。なぜなら、毎月の負担が大きい会社を選んでしまうと、返済ができなくなった時に困ることになりますが、毎月の負担が小さい会社ならば、返済が困難になる可能性は低く、返済に余裕がある時には自由に追加返済ができるからです。

 

レイクはその意味でおすすめの業者の1つであると言えますが、もっと良いカードローンが存在します。それは、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」です。バンクイックは金利がとても低いうえに、レイクよりも毎月の負担が小さめになっています。さらに、銀行カードローンにしては、審査のハードルが低めに設定されているという意見もあります。

 

大手の消費者金融ならば、プロミスがおすすめです。プロミスは他社消費者金融よりもわずかに金利が低めに設定されており、「30日間無利息」(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)というサービスもあります。

 

レイクの公式サイトはコチラ


×