労金やJAのローン落ちに備える方法

MENU

労金やJAのローン落ちに備える方法について

労金やJAのカードローンは全般的に低金利で一桁金利を設定しているローンも少なくありません。銀行よりも低金利で借入できるので借り手にとってお得ですが、銀行カードローンほどの普及率ではありません。

 

その理由は審査通過率が低く、借入できない可能性が高くなるからです。

例えば、融資項目にすべて適合する必要がある、必要書類が多くて借入まで長い、会員優先となるので一般の方は借りにくい、店頭窓口での手続きが必要になる、などがあります。他社借入に関しても厳しいなど、労金やJAで借りるのは銀行カードローンを利用するよりハードルが高くなっています。

 

今すぐ融資が必要な人の為のカードローン

労金やJAの低金利ローンを利用できれば問題ありませんが、審査に落ちてしまう方は少なくありません。多目的ローンの審査に申し込みする方の多くは、即日でお金が必要な状況にあることがほとんどでしょう。万が一落ちた場合に備えるには、銀行ローンも候補に入れておく必要があります。

 

三井住友銀行のカードローンは即日融資可能の低金利ローンで、金利は4.0%〜14.5%を設定しています。口座開設なしで申し込みできますし、土日対応しているのも嬉しい点でしょう。審査は最短30分と早く、審査が21時まで完了して無人契約機でカードを発行すれば、その場で借りることができるのです。限度額が最高800万円と大きいのも魅力でしょう。

 

楽天銀行カードローンも労金やJAの審査落ちに備えるために役立ちます。最短即日融資に対応しており、実質年率は1.9%〜14.5%を設定しています。入会により1000ポイントの楽天スーパーポイントをもらえる特典もあるのです。限度額は最高800万円で、最低10万円から借りることができます。

 

主婦層に人気のカードローン

主婦がカードローンを利用するときは、審査に通過しやすいものがおすすめです。

 

労金やJAの審査落ちに備えるには、イオン銀行のカードローンが便利です。女性客の拡大を展開しており、今女性にとって非常に借りやすくなっています。

 

イオン銀行の口座がなくても申し込みが可能であり、14時までに申し込みすれば審査の即日回答を得ることが可能です。実質年率は3.8%〜13.8%と労金に負けない低金利となっています。限度額は最高800万円に対応し、銀行のため総量規制の対象外です。郵送不要のため家族に内緒にして借りることも可能です。ショッピングした帰りにちょっとお金を借りたい、という状況で役立つローンと言えます。

 

主婦層に人気のイオン銀行に対して、オリックス銀行カードローンは男性におすすめです。口座開設は不要で来店せずにWEB完結できます。

 

auユーザーがお得になるカードローン

auユーザーなら労金の審査落ちに備えて、じぶん銀行カードローンも検討しておきましょう。KDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資したネットバンキングで、最短即日で借りることが可能です。

 

審査の即日回答を得るためには、15時までに申し込みを完了させてください。auユーザーにお得な特典としてau限定割優遇として最大0.5%の金利引き下げが適用されます。

 

実質年率は1.7%〜17.5%となり、最低金利が低く設定されているのが消費者金融よりお得なポイントです。最低金利で見れば、労金に負けないお得感があるローンと言えます。限度額は800万円に対応しており、労金より高額の借入がしやすいです。すでに労金で借りている方も、今後の追加融資に備えるために契約しておくとよいでしょう。

 

じぶん銀行はまだそれほど知名度は高くなく、積極的に利用客の拡大を図っています。こうしたカードローンは審査にも通過しやすいため、お得に借りたい方は今がチャンスと言えるでしょう。高待遇の労金ローンは魅力的ですが、カードローンは借入できないと意味がないので、落ちたときに備えることも大切です。

 

ろうきんの教育ローンの審査について

ろうきんの教育ローンは最大1000万円まで融資可能で、最長15年返済に対応しています。固定金利タイプと変動金利タイプを設定し、後者は団体会員・生協会員の利用に限定されます。

 

審査は労金のホームページから申し込みが可能であり、最初に仮審査を受けることになります。営業店から結果連絡がきたら、本審査のための申し込み手続きをしてください。本審査にも通過すると融資が決定しますが、審査の難易度は高くて時間がかかる傾向があります。

 

労金は銀行カードローンよりも必要書類が多いため、手続きには時間がかかります。

 

一般的な銀行ローンだと本人確認書類と収入証明書類の2点になりますが、労金はそれに加えて勤続年数確認資料や資金使途証明書類などが必要です。ほかにも労金側から借入申込書、個人情報の収集・保有・利用・提供に関する同意書が渡されます

 

労金の教育ローンは魅力的ですが、他社ローンから借入があると審査が厳しくなる傾向があります。銀行ローンよりもハードルは高く、すでに他社ローンの利用をしている方は銀行カードローンに申し込んでみるのもよいでしょう。


×