おまとめローンの審査で重視される点をチェック!一本化ローンでスッキリさせよう

MENU

おまとめローンの審査で重視される点をチェック!一本化ローンでスッキリさせよう

 

おまとめローンは複数の借入先をまとめることで、返済計画を立てやすくし、さらには金利を低くして負担を軽減するためのローンです。しかし提供している金融機関にとってはリスクの高い商品です。いくら有利な条件のおまとめローンを見つけたとしても、審査に通らなくては意味がありません。

 

おまとめローンは希望している限度額で契約できない場合もあり、そうなるとすべての借金をまとめることは不可能です。審査ではどのようなポイントが重要視されるのでしょうか。審査に通りやすくするための秘訣はあるのでしょうか。

 

おまとめローンの審査でチェックされることとは?

おまとめローンは誰でも簡単に利用できるものではありません。通常のカードローンと比較すると審査は厳しくなっています。特に注意しなくてはならないのが借り入れ件数です。おまとめローンという名前から、たくさんの借金をまとめられる便利なローンと思われがちですが、実は多すぎる借入先の借金はまとめることができないのです。

 

借入限度額は会社からの信用の証でもあります。

 

4社から50万円、合計200万円借りている人と、1社から200万円借りている人の場合、借りている金額は全く一緒でも、信用力が異なります。

 

カードローンでは利用実績ができて信用されるようになると、自然と限度額もアップしてきます。しかし限度額の低いカードローンを利用している場合、それはまだ会社から信用されていない証になってしまうのです。

 

1社からの限度額が大きい人ほど信用力は高く、その状況は信用情報を見れば確認することができます。借り入れ件数が4件以上になると審査に通る可能性が低くなってきます。おまとめローンに申し込む前に、ある程度借り入れ件数の整理はしておかなくてはなりません。

 

多重申込みも審査落ちになる原因の1つです。クレジットカードやカードローンなどの金融商品は、短期間に申し込みができる上限が会社ごとに決められています。1か月に3社以上申し込みをすると、どんなに信用力があっても落ちるようになります。短期間で申し込みをする場合は、高望みばかりをせず、現実的なラインを攻めていくことも大切です。

 

事故情報が残っている場合も審査に落ちます。事故とは、債務整理や長期間の延滞のことを指します。このような情報は5年〜10年保存されますので、過去にこのような金融事故を起こしていると、おまとめローンはもちろんクレジットカードやカードローン、携帯の分割購入の審査ですら落ちてしまうようになります。情報は時間が経たないと消えませんので、信用情報に傷がつかないような使い方が大切です。

 

審査が通りやすい時期におまとめローンの申し込みがおすすめ!

おまとめローンには実は審査に通りやすい時期というものがあります。おまとめローンに限らず、クレジットカードやカードローンでも審査に通りやすくなる時期があるのです。それが決算前です。

 

金融機関も利益を出さなくてはなりませんので、少しでも数字をよくしようと、決算前になると目標達成のために融資を増やそうとする動きが出てくるのです。会社によって決算時期は違いますので、申し込みをする会社がいつ決算なのかも確認しておきましょう。同様に年度末の時期でも売り上げを増やすために融資を増やそうとします。

 

この時期は就職や転勤でローンの需要も多くなり、審査部門やコールセンターも繁忙期になります。目標を達成できていたり、そもそも目標値が少ない場合は、必ずしも審査に通るというわけではありません。いくら融資に積極的になるといっても信用力の低い人への貸し出しや、そもそもローンの規定に合っていない人への貸し出しはしませんので注意しましょう。最低限申し込み条件はクリアしておく必要があります。

 

この時期の審査に合わせて、信用情報を整理することも大切です。

 

利用履歴は24か月分記録されますが、おおよそ半年程度の利用履歴がきれいになっていれば、審査通過率は上昇します。短期間の延滞をしてしまっている人は、申込みからさかのぼって半年からは支払いに気を付け、延滞情報が残らないようにしましょう。

 

現在の借入残高を少しずつ減少させているのであれば、破たんリスクは少なく思われるでしょう。金融機関が気にするのは過去の情報よりも現在どのようになっているかです。ここ最近の支払い状況に問題がなければ、融資を決定してくれる金融機関もあります。ただし限度額や金利は金融機関の判断によって決定されますので、頑張っていたからと言って必ずしも希望通りになるとは限りません。希望通りにならなかった場合は、契約後の利用実績で判断してもらい、増額してもらうと良いでしょう。

 

総量規制とおまとめローンの関係

総量規制とは、貸金業法の中にある法律の1つで、年収の3分の1以上の貸し出しを禁止するものです。

 

貸金業法が適用されるのは信販会社や消費者金融など、銀行以外の金融機関です。銀行が提供しているローンは、おまとめローン以外のものでもすべて総量規制対象外です。

 

消費者金融のカードローンは総量規制の対象となっており、どんなに交渉したとしても年収の3分の1以上の貸し出しをしてくれることはありません。しかしおまとめローンの場合は例外が適用されれば、年収の3分の1以上の限度額を設定してもらうことが可能です。この例外は、利用者に一方的に有利と判断される貸し出しです。

 

例えば他社でかなり高い金利で借りているローンをまとめた場合、金利が大きく引き下がることで借主にメリットが生まれます。このような条件を満たす場合は規制対象外となるのです。消費者金融大手のアコムやアイフルでは、総量規制対象外をアピールしている借り換え専用ローンもあります。

 

貸金業者の規制対象外となるローンでは1つ注意が必要です。複数の借入をまとめることができたとしても、その後の増枠はできないという点です。毎月支払いを続けて残高が年収の3分の1以下にまで下がれば、追加借入をすることができるようになりますが、まとめる以上に大きな限度額を設定してもらうことはできないのです。

 

銀行系おまとめローンはどこもこうした規制はありませんが、商品の設計には注意しておきましょう。

 

例えばおまとめローンの中には、借り換え後は返済専用になるものや、随時返済が制限されているものもあるからです。返済専用になるローンでは残高を減らしていっても、追加融資を受けることはできません。無理して返済をしてもお金を借りられないので、支払い能力を考えたうえで返済計画を立てていかなければならないのです。

 

審査基準が緩いキャッシングローンとは?

融資を実行するかどうかは金融機関の判断によって異なりますので、申し込みをする会社によって厳しいところ、緩いところが出てくるのは当然のことです。

 

一般的には銀行が一番厳しく、次いで信販会社、消費者金融となります。審査基準の難易度は金利を見ればおおむね順位づけることができます。金利が高いおまとめローンほど審査は緩く、低金利なおまとめローンほど厳しくなります。そのため商品設計での金利幅の広いおまとめローンは、幅広い融資をしているということになります。

 

ただし金利が高いところでおまとめローンを利用したとしても、それほど負担減少につながらないこともあります。おまとめローンの目的は有利な条件での借り換えですので、金利がそれほど下がらないのであれば今のまま返済し続けたほうが良いかもしれません。おまとめローンは返済期間が長くなりがちで、長期間返済を続けることで利息負担も膨らんでしまうからです。

 

特に金利はほとんど変化せず、毎月の負担額だけが減少した場合には注意しておきましょう。元金の減るスピードが遅くなってしまうと、いつまで経っても完済が見えてきません。ただし最初の金利が高くても、利用実績を作っていくことで有利な条件に変化していく可能性は残っています。金融機関との交渉はおおよそ半年に1回程度は行うことができますので、毎月しっかりと返済をして信用を築いていくようにしましょう。

 

最初の契約ですべての借り入れをまとめることができなかった場合でも、信用をつけて限度額がアップすれば、いずれは他のローンもまとめられるかもしれません。借り入れ件数を減らすことができれば、別のおまとめローンの契約が可能になることもあります。借り入れ件数が減らなくても金利を下げる目的での借り換えも、将来的な負担を減らすのには役立つでしょう。

 

おまとめローン成功のポイント!

おまとめローンの契約を成功させるためには4つのポイントを押さえておきましょう。

 

1つ目が借り入れ件数です。

借り入れ件数は多くても4社までとし、それ以上借り入れがある場合は、現在契約している他の会社での増額を目指し、少額の借り入れをまとめていくようにしましょう。借り入れ件数が減少すれば有利な条件で契約できるおまとめローンも増えてきます。限度額がアップすることで、信用情報をチェックされたときの審査でも、「他社から信用されている」ということがわかるようになります。

 

2つ目は多重申込みをしないことです。

1か月の申し込み件数は多くても3社程度にしましょう。良い条件で契約したいのは皆同じですが、契約できる現実ラインのローンに申し込みをすることも大切です。

 

勤続年数を上げることも大切です。

勤続年数が短いと申し込みができないローンも多くあります。特に就職後、転職後ではこうした金融商品への申し込みで不利になってしまいますので、転職を考えている人は転職前にローンの契約をしておいたほうが良いでしょう。一度落ちてしまった会社でも半年ほどすれば再び申し込みができるようになります。

 

半年経てば勤続年数も増えますので、再チャレンジしてみるのも良いです。

 

口座を持っている取引銀行のおまとめローンへの申込みも良い選択でしょう。

銀行が提供しているローンの場合、普段の預金口座の使い方まで審査対象となることがあります。給料の振り込みに使われていれば所得を把握することも可能ですし、すでに取引のある関係ですので、まったく付き合いのない金融機関に申し込むよりは審査で優遇されることがあります。

 

中にはランキング制度を導入している銀行もあり、ステータスによって審査通過率に影響が出るところもあります。銀行ローンであれば総量規制の対象ですので、複数の借金の借り換えも可能でしょう。


×