引っ越しアルバイトをしようとしている人は必読!仕事のポイントのまとめ

MENU

引っ越しアルバイトの仕事のポイントのまとめ

 

新入社員の入社時期や会社の異動の時期になりますと、引越しの需要は高まります。引越し業者が業務を請け負う場合には、作業員を確保する必要があります。正社員はもちろんいるのですが、それだけでは人手不足で随時アルバイトを採用します。

 

引越のアルバイトをする場合には、労働条件や仕事の内容などをしっかり把握しておかなければなりません。過酷な力仕事をすることは理解しておかなければなりませんし、お客さんの荷物を大切に扱うことも理解すべきです。

 

引っ越しアルバイトの時給の相場

引っ越しアルバイトの時給は高い場合が多いです。

 

相場で言いますと時給1000円から1500円程度です。一日に8時間程度働く場合が多いので、1日は働けば1万円程度の収入を得ることができます。就業条件としては、毎日働くということはなく、自己申告で働ける日にちを申請すれば、その通りに勤務できます。

 

力仕事が多く毎日仕事をすることは慣れた人でなければできないほどの過酷な労働なので、時給も高いというわけです。何度かスポットで引っ越しの経験をしますと、時給が小刻みですが上がります。また、引越し業者の人手が足りない場合には、時給を挙げてくれる場合もあります。困っている引越し業者に協力しますと、それなりの報酬が受けられますし、信頼を得ることもできます。

 

大きく分けて2つ!引っ越しアルバイトの種類

引っ越しのアルバイトでは、梱包作業をすることと、搬入搬出をする仕事に大別されます。

 

梱包作業をするのは女性が多いです。家具や家電などの損傷リスクをおさえるために、しっかり養生をするのです。エアクッションなどを利用してしっかり梱包をするのです。そして搬入搬出は男性が活躍する場です。ダンボールなどを運ぶ程度ならば、女性でも対応可能ですが、大きなタンスなどの搬入搬出は力のある男性でなければ対応することができません。

 

特に階段を利用しなければならないような場合には、効率よく仕事をしなければならないということもあり、力のある男性が適任なのです。引っ越しアルバイトの種類としては、単身の引っ越し、家族の引っ越しなどでも対応が変わることを理解してください。

 

4つのポイントで仕事の流れを確認

引っ越し業務の流れは、引越し前の梱包をすること、搬出をすること、トラックで移動すること、搬入作業をすることです。男性アルバイトの場合ですと、搬出をすることと、トラックで移動する際に同乗すること、そして搬入することになります。

 

搬出の際にはダンボールなどを最初にトラックに積み込んで、その後に大物のタンスや冷蔵庫、洗濯機などを搬出することになります。ダンボールを先に搬出するのは、大物を移動させるスペースを確保するためです。また、移動の際には助手席に乗っているだけではなく、時には荷台で荷物の転倒などを防ぐために荷台に乗らなければならないこともあります。搬入の際はトラックに積み込んである大物の搬入を最初に対応します。

 

引っ越しアルバイトの経験者が語るおすすめポイント

引っ越しアルバイトの経験者の意見を集約しますと、まずは力仕事ゆえ、筋肉痛になった、また重いものを持ちすぎて腰をいためるという体力に関する意見、スポットで仕事ができるので、急なお金が必要な時に仕事ができ、しかも高収入を得られることなどの金銭的メリット、引っ越しのリーダーにあたる人の指導が厳しく精神的に疲れてしまう事などが挙げられます。

 

あらゆる意見があるものの引っ越しのアルバイトをするメリットは、収入が高いことです。お客さんによっては、引っ越し対応のお礼として現金で謝礼をしてくれる場合もありますので、しっかり対応していれば、時給以外の収入を得られる可能性があることです。

 

引っ越しアルバイトの大変な点

引っ越しアルバイトの大変な点は、第一に力仕事で身体を酷使しなければならないので、腰を筆頭に身体への負担が多いことです。そしてお客さんの荷物を破損させることは許されないので、丁寧かつスピーディに搬出搬入作業をしなければならないことです。

 

お客さんにとっては、アルバイトの人が仕事をしていますと、家財を破損させてしまう可能性が高いのではないかと疑いながら仕事内容を見ています。お客さんが不満に思うことのない対応をとることが大切です。

 

また、搬入搬出の際に、壁や通路などにキズをつけてしまうことなども心配なことです。引っ越し業者のおかげで転出の際、転入の際に隣人などに迷惑をかけてしまうようなことは避けなくてはならないのです。

 

引っ越し業者にはクレームは付き物

引っ越し業者は100%の品質で搬入搬出を行わなければならないということ、近所に住んでいる方々への配慮をすることが必要です。そして、いくら力仕事で疲れていても笑顔を絶やさないようにすることも大切なことです。完璧な仕事を要求されることはもちろんのことで、もし不満があれば、すぐにクレームに繋がってしまうのが引っ越しの仕事なのです。

 

いくらアルバイトだからと言っても、お客さんにとっては引越し業者のスタッフだと理解されます。少しでも誠意のない対応をしますと、引っ越し業者の信頼がなくなってしまいます。万が一、荷物を破損してしまった場合には、保険の適用を受けることができるのですが、お客さんにとって大切なものを破損させてしまっては、お客さんの不満が募るばかりになってしまうのです。

 

搬出・搬入のコツと注意点

搬出と搬入の際に気遣いをしなければならないことは、対象物を丁寧に扱うことです。対象物を破損することはもちろん、少々のキズなどを生じさせるような対応では、お客様のクレームに繋がってしまいます。

 

ダンボール箱などは余程のミスがない限り、破損するようなことはありませんが、中身がワレモノのような場合には、開梱した後に破損していることがわかるケースもあります。

 

作業を効率的にするために、基本的にはバケツリレーの方式で荷物の搬出搬入をします。大きなものは、複数人で対応します。しかも対象物にキズをつけないようにすることと、壁などにキズをつけないような対応が要求されます。引っ越し業者の正社員はノウハウやコツを知っていますので、指示に従って対応すればよろしいです。

 

家具・家電を運ぶ時の注意点

家具の搬入搬出は、大きいがゆえに、細心の注意を払う必要があります。大きいものですから、入り口に対してギリギリの大きさであることが多く、そのために壁などにぶつけてしまうことも多いのです。また家電商品は電気系統に支障があってはなりません。わずかな失敗で機能しなくなる可能性も高いのです。

 

特に気を付けたいことは、雨天の場合です。水が浸入することによって、家電製品は正常に機能しなくなることもあるのです。その際にはしっかりとビニールシートなどで被うことはもちろん、運ぶ場合の足元などに配慮する必要があります。

 

いくら保険で賄えるとしても、お客さんにとっては特別な思い入れがある製品もあるので、万全の対応が必要です。

 

引っ越し作業時に持っていると便利な道具

引っ越し作業をするアルバイトの人が自前で準備する必要はありませんが、引っ越し作業時に持っていると便利なものを紹介します。軍手を持つことは必須です。特にすべり止めのついているものがよろしいです。素手で引っ越し対応をしますと、怪我をする可能性があります。自分の身を守るためにも必要なものです。

 

また、カッターナイフやメジャー、ドライバーやレンチなどの工具、そして油性のマジックペンなども必要です。家具などの大物を搬出する場合には、ドライバーで分割しなくてはならない場合もありますし、レンチでなければ対応できない場合もあります。油性のマジックは何をどのダンボールに入れたかということを表示するために必須のアイテムです。

 

まとめ

引っ越しのアルバイトを経験した人は、どのようなアルバイトでも我慢できる状態になるはずです。それほど引っ越しの作業は大変だということです。自分自身でどの引っ越しのアルバイトをするかということは選択の余地はないと思いますが、遠方への引っ越しの場合ですと、移動時間が長く作業をする時間が少ないので、ラッキーだと言えます。

 

また単身の引っ越しであれば、簡単に作業ができるというメリットがあります。近隣への家族の引っ越しの場合は最も大変な作業です。過酷な作業、対人関係を学ぶ上で、引っ越しのアルバイトをすることは大きな社会勉強になると考えられます。収入が高いので、学生などは一度引っ越しの経験をしてみるとよろしいです。


×