無利息期間のあるキャシングを有効活用する

MENU

プロミスとアコムの無利息を比較する

消費者金融には無利息期間のあるキャシングがあります。大手だけでみてみるとプロミスとアコムが30日間の無利息期間がありますが、どのような違いがあるのでしょうか?

 

無利息期間の活用方法

そもそも無利息期間がどのような意味を持つのか、そこから考えていきましょう。

 

30日間という期間限定ではありますが、その期間にかかる利息は0円になります。つまり金利0%、利息0円で借り入れができるということです。

 

非常にお得感があるように感じられますが本当に大きなメリットがあるのでしょうか。30日間でかかる利息は消費者金融が高金利とは言われていますが実際にはどうなのでしょうか。

 

3万円をプロミスの17.8%で借り入れをしたときの30日間の利息は439円です。5万円であれば732円、10万円であれば1,463円です。少額のキャシングであればあるほどにかかる利息が小さいことがわかります。

 

数万円程度のキャシングの場合には無利息期間で浮く利息は小さなものになります。もちろん借り入れ金額が大きくなると利息も大きくなり無利息期間が有効に活用できることもわかります。

 

少額のキャシングの時には、30日間以内に完済すること、つまり早い完済を目指すための目安になると考えてよいでしょう。大きな金額のキャシングでは、利息を抑える有効な手段として利用することもできます。

 

ここで利息の計算方法を確認しましょう!
借入残高×金利÷年間日数×利用日数

 

1日分の利息を何日分支払うのか、それが利用日数に応じた利息になります。返済をすれば借りれ残高が少なくなり、その後の利息も変わります。

 

無利息期間中に借入残高のうち大きな割合を返済できればその後の利息を節約することに役立ちます。

 

無利息期間は、少額なら短期返済を目指すために、大口なら利息を抑えるために活用ができます。

 

プロミスとアコム、無利息期間の違いは何?

大手消費者金融ではプロミスとアコムが無利息期間のサービスを行っています。どちらも30日間無利息となっていますが、果たしてどのような違いがあるのでしょうか?

 

プロミスの30日間無利息 アコムの30日間無利息

■条件
プロミスを初めて利用することWEB明細を利用することEメールアドレスを登録すること

■条件
アコムを初めて利用すること35日ごとの返済を選択すること・適用開始時期契約翌日から

■適用開始時期
初めての借り入れ翌日から

■適用開始時期
契約翌日から

 

同じ30日間無利息でも条件や適用開始に若干の違いがあります。初めて利用する方へのサービスであるということはどちらも同じでしょう。そして利用するための条件も難しいものではありません。

 

プロミスのWEB明細とは、貸金業法によって利用ごとに明細書を受け取ることが決められています。

 

その場で受け取りができない利用方法であれば後日自宅への郵送となりますが、WEB明細であればインターネットの会員ページから明細書を確認するだけで済む便利なサービスです。

 

Eメールアドレスの登録も、普段の利用のたびに連絡が来るものではなく契約のために連絡とる手段として使われています。普段使っているEメールアドレスである必要はなく、フリーメールアドレスでも問題はありません。

 

アコムの35日ごとの返済は、ほかの消費者金融ではあまり使われていない返済期日設定です。

 

前回の返済日からカウントして35日以内に返済をするという繰り返しになります。毎月決められた返済日がないため、自分の都合に合わせて返済ができる便利なシステムです。

 

どちらも条件に不利なことはありませんでした。しかし、注目したいのは適用開始日です。

 

プロミスははじめての借り入れ翌日からアコムは契約翌日からとなっています。

 

無利息期間をより有効に活用するためには、即日融資を希望する時にはアコムでも問題はありませんが、契約後日数を経過してから借入をするというときであればプロミスの「はじめての借り入れ翌日から適用」となっている方が有効になります。

 

無利息期間を活用しても返済に手数料有料の方法を選択すると、手数料が先に差し引かれ残りが元金返済として使われます。
無駄のないように手数料無料の返済方法を使いましょう。


×