名古屋でお金を借りたい時に使えるカードローンをご紹介!

MENU

名古屋でお金を借りたい時に使えるカードローンをご紹介!

愛知県には大都市名古屋があり、名古屋近郊に住んでいる人であれば、メガバンクや大手消費者金融のカードローンなど、さまざまな金融商品を選択することができます。経済成長率を見てみると、2015年のデータでは愛知県は国内の都道府県の中でも東京に次いで2位となっており、非常に経済成長率の高い地方です。

 

2010年ごろまでは大阪府が2位でしたが、愛知県の製造業が業績を伸ばしたことによって追い抜きました。また、メガバンクである三菱東京UFJ銀行の前身である東海銀行はこの地域の地銀であり、その前身は愛知銀行、名古屋銀行、伊藤銀行と、いずれも愛知県の金融機関で構成されています。なお、現存の名古屋銀行は東海銀行が設立されたあとにできた銀行です。

 

全国どこからでもネットで申し込みが出来る!

  • メガバンク
  • ネット系銀行
  • 大手消費者金融

ではインターネットから簡単に申し込みができるので、地域を気にする必要はありません

 

これら大手の金融機関は愛知県に限らず、全国からの申し込みを受け付けています。名古屋エリアであれば専用ATMやコンビニATMの数も非常に多いので、利用場所で不便に感じることは少ないでしょう。

 

大手の消費者金融の場合、モビット、プロミス、アコム、アイフルもかなりの台数の専用ATMやローン契約機を用意しています。プロミスは三井住友銀行のローン契約機も利用でき、愛知県内に76か所も契約場所があります。アコムの場合も三菱東京UFJ銀行のローン契約機を利用することができます。主要地下鉄駅の近辺には契約機やATMが用意されています。

 

ローン契約機が利用できると、即日融資をしてもらえる可能性が高くなります。最も早くに借りたい場合はインターネットからの申し込みが一番良いのですが、申込時間や曜日によっては振り込み融資を利用することができません。銀行は平日15時までしか営業をしていませんので、その時間に間に合わない場合はローン契約機を利用するしかないのです。

 

ただしプロミスの場合は三井住友銀行、ジャパンネット銀行の銀行口座があれば、瞬フリというサービスを利用することができ、このサービスを利用すれば24時間いつでも借りたいときに振り込み融資をしてもらうことができます。

 

アコムの場合は楽天銀行がリアルタイム振り込み融資に対応しています。これらの銀行口座を持っている場合は、その日のうちに契約さえできてしまえば振り込み融資ですぐに借りることができるでしょう。しかしこれらの銀行口座を持っていない場合は、ローン契約機を利用しないと即日融資は難しいでしょう。

 

ネットを利用した申し込みには審査速度を上げることができるというメリットもあります。申込用紙や電話による受付の場合、データをいちいち入力するという作業が発生してしまいます。ネット申し込みでは、申し込みの段階から入力されたデータとして処理ができるため、余分な業務をカットすることができるのです。消費者金融大手は仮審査の結果は1時間程度で出すことができますので、時間には余裕を持って申し込みをしましょう。

 

また、本審査では金融機関によっては在籍確認が必要になります。在籍確認は勤め先に電話をかけ、所属していることを確認するための作業です。会社がお休みの日に申し込みをすると、在籍確認だけ取れない場合がありますので注意しましょう。金融機関によっては借りたいと思っている消費者の利便性を考慮し、給料明細や会社発行の保険証などの書類で在籍確認をパスしてくれるケースがあります。在籍確認は法律的に必要というわけではなく、金融機関側の判断で行われます。

 

そのため必要と思われなければそもそも在籍確認は行われません。不安なことがあった場合は、あらかじめオペレーターに相談しておくと良いでしょう。また、急いでいることを伝えることで、審査内容が簡略されることもあります。ただし、高い限度額を希望していたり、他社にすでに借り入れがあるような場合は在籍確認を取られる可能性が高くなります。いずれにせよ、平日の申し込みのほうが即日融資に対応してもらえる可能性が高いのです。

 

名古屋を拠点とする中小消費者金融

名古屋を拠点とする中小の消費者金融もさまざまあります。名古屋市だけでも29社あり、愛知県全体では41社存在しています。

 

中小という分類にはなりますが、中にはかなり知名度の高い消費者金融もあります。

アロー、ユニーファイナンス、セディナ、ライオンズリースなどが代表的な消費者金融です。アローやユニーファイナンスでは来店不要でネットから申し込みができるので、全国に利用者が多数います。大手消費者金融で落ちてしまった場合の受け皿的な存在でもあり、過去に事故を起こした人でも契約ができたという実績があります。

 

アローの「フリープラン」は最短45分で審査を完了してくれるため、大手に近いスピード感のある会社です。最高200万円までで金利が15%〜19.94%の間で契約ができます。即日融資にも対応しています。

 

ただし無職だったり健康保険に未加入、未成年や66歳以上、自営業で収入証明書の提出ができない人は申込不可です。他社に借り入れがあっても利用することができますが、延滞している場合は利用できません。

 

また、過去に事故を起こしてしまっていても、支払いがすべて終了している場合は契約可能です。消費者金融ですので、総量規制の対象です。他社の借入とアローの希望額が年収の3分の1を超えるような契約はできず、借りることができるのは総量規制分までです。

 

ユニーファイナンスも全国的に知名度の高い消費者金融です。名古屋駅前には有人店舗があり、名古屋市内では金山、土古にも無人店舗があります。SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスとも提携しており、プロミスのATMを利用することもできます。ユニーファイナンスのカードローンは最大300万円で12%〜17.95%の金利で借りることができます。

 

セディナは全国的にも非常に知名度が高い会社です。それはクレジットカードの保証業務を行っているため、大手金融機関のクレジットカードの保証会社になっていることも理由の一つでしょう。三井住友フィナンシャルグループの一員であり、中小としては大規模な会社です。2010年に貸金業法が改正されて2011年には経常利益や純利益が赤字化してしまいましたが、2012年からは業績が回復して安定した経営を行っています。

 

クレジットカードやカードローンなどセディナが発行しているカード会員は全国に1700万人います。セディナカードローンは200万円までの限度額で金利は18%以下とされています。11時までに受付を済ますことができれば、即日振込も可能です。

 

20歳以上で64歳以下の安定した収入がある人が対象です。パートやアルバイトでも契約は可能です。中小の消費者金融としては珍しく、7日間の無利息キャッシングを利用することができます。利息の負担なく借りたい場合は、無利息キャッシングを有効活用しましょう。

 

他にも名古屋、愛知県内には多数の貸金業者がいます。知名度の低い会社を利用する場合は必ず正規の業者かどうか、貸金業登録をチェックしましょう。無許可で営業している会社を利用してしまうと、トラブルに巻き込まれる危険性があります。カードローンに関する法的な知識もある程度身に着けてから申し込みをしたほうが良いです。金利が異様に低かったり、無審査としているような会社は要注意です。

 

低い金利で借りれる地銀のカードローン

地銀のカードローンも金利が低くて魅力的です。

何より銀行系カードローンは貸金業法の総量規制の対象外です。年収のわりに高い限度額を設定してもらうことも可能で、限度額が高くなればなるほど金利は低くなります。

 

愛知銀行が提供している「愛銀カードローン リブレ」は金利が4.9%〜13.5%、「ポケットローン ユー」は10.5%固定、「カードローン 愛」は13%です。ただし取引実績に応じて金利は下がることがあります。長く利用し返済もこなすことで、金融機関との信頼関係を築くことができます。

 

名古屋銀行でも便利なカードローンがあります。名古屋銀行は第二地銀に分類される銀行です。

 

第二地銀はもともと相互銀行と呼ばれる金融機関で、小規模の消費者金融や商工ローンのような業務をしてきました。平成元年以降に株式会社化し、銀行として扱われるようになりました。

 

三菱東京UFJ銀行の前身である東海銀行の元となった名古屋銀行とは違いますので、覚えておきましょう。

 

名古屋銀行では

  • 新ミニマム
  • 御用達くん

というカードローンを提供しています。

 

新ミニマムの金利は10.5%、御用達くんが14.6%です。こちらも取引実績に応じて金利が下がることがあります。

 

中京銀行にはC-styleというカードローンがあり、金利が4.9%〜14.5%です。ハイステージというカードローンでは金利7.5%という低金利で借りることができます。

 

愛知県の主力地銀である愛知銀行は100年以上の歴史があり、岐阜、三重、大阪、東京にも支店があります

 

リブレは20歳以上60歳以下の人が申し込みをすることができ、限度額は最大500万円です。ユーは65歳まで利用することができますが、1年以上居住しており、勤続年数1年以上、年収150万円以上などの細かい制限があります。最大3%の金利優遇制度がありますので、10.5%とされている金利からかなり下がることがあります。

 

「愛」も同じような条件ですが、固定電話が必要になります。限度額が30万円、50万円と少額のカードローンです。愛知銀行のカードローンはいずれも即日融資には対応していないので、すぐに借りたい場合には向いていません。また、固定電話が必須となってしまう愛は、最近の若い人にとってはハードルが高いローンかもしれません。

 

普段から愛知銀行を利用していて、給料の受け取りや公共料金の支払いに使っている場合は金利優遇を受けることができるので、他の金融機関よりも有利な条件になる可能性が高くなります。愛知銀行の営業エリア内の人が申し込みをすることができます。

 

名古屋銀行の2つのカードローンは65歳以下の人を対象としています。1年以上居住しており、年収200万円以上、勤続年数1年以上という条件があります。最高200万円まで借りることができます。年収制限は人によっては厳しいかもしれませんが、金利が低いのがメリットでしょう。

 

名古屋銀行を給料振り込みで利用していれば7.5%、住宅ローンの利用があれば5.5%まで下がるため、金利面ではかなり好待遇のローンに化けます。名古屋銀行にはフリーローンもありますが、金利が3.5%〜13.5%ですので、カードローンで金利優遇制度を利用したほうがお得に借りることができるでしょう。

 

地域密着型のカードローン

地域密着型の信用金庫でもお金を借りることができます。

愛知県内には15の信用金庫がありますが、地銀のローンと同じように住んでいる地域、働いている地域に制限があるので、選ぶときに営業地域に注意しましょう。営業エリアが被っている信用金庫ではどちらのローンも選ぶことができるでしょう。借りたい金額や金利をよく考えて選択するようにしましょう。

 

愛知信用金庫には

  1. カードローン
  2. 無担保フリーローン

がそれぞれ2種類あります。

 

あいしんカードローンは最高300万円、金利9.5%〜13%で借りることができます。半年以上愛知信用金庫での取引実績が必要ですので、初めての契約で借りたいと思っている人は利用できません。あいしんきゃっするは500万円までの限度額で5.5%〜14.5%の金利です。

 

カードローンのスペックとしては平均的なものでしょう。専業主婦でも利用することができますが、限度額は50万円に制限されます。どちらも来店が必要で、利用開始まで3週間近くかかることもあります。すぐに借りたい人には向いていませんし、長い間待つほどのスペックではないかもしれません。

 

なお、全国の信用金庫には「きゃっする」という名前のローンがあちこちにあります。これは名前と保証会社が一緒なだけで、貸し出し条件は信用金庫によって異なります。

 

名古屋で利用できる瀬戸信用金庫のカードローンのほうが、愛知信用金庫よりもスペックが上です。瀬戸信用金庫のカードローン「ベンリー」は20歳以上72歳未満、安定した収入がある人が利用できます。上限年齢が高くなっており、年金受給者でも利用可能です。最大500万円までで金利は変動金利で4.9%、8.9%、14%の中から決定されます。

 

保証会社がSMBCコンシューマーファイナンスで、保証会社の審査結果によって金利が確定します。金融情勢によって年に1回金利の見直しがありますので、低くなることもあれば高くなることもあるでしょう。

 

「セトカ」はベンリーほどの限度額がなく、最大100万円までですが、金利が10%と場合によっては低くなります。保証会社はしんきん保証基金です。こちらは70歳まで利用することができます。ベンリーは限度額も高く金利も有利になっていますので、おまとめローンとしても利用することができるでしょう。

 

岡崎信用金庫にもカードローンがいくつかありますが、限度額が非常に少なく、50万円までしか借りることができません。少額借りたい場合には問題ありませんが、まとまった資金が必要な場合には向いていないでしょう。名古屋市内も営業区域となっています。

 

名古屋市のような大都市の場合、複数の信用金庫が支店を置いているため、選択肢の幅が非常に多くなります。都市に住んでいる人ほど有利な条件で利用できる金融機関が多くなります。地方に住んでいる人は地元に有利な条件で契約できる金融機関がなかった場合、メガバンクや大手消費者金融を選ぶのも良いでしょう。

 

信用金庫や地銀にも有利なローンはありますが、メガバンクのローンでも長期間利用していればだんだんと有利な条件に変化していきます。特に信用金庫からお金を借りたい場合は会員になる必要があったり、さまざまな制限が加わることがあります。すぐに借りたいときに融資をしてもらえるのは、やはり大手金融機関でしょう。

 

まとめ

愛知県には非常にたくさんの金融機関が集まっています。そのため、他の県と比較すると、選択肢の幅も広く、有利な条件で借りることができる金融機関を見つけることができるかもしれません。地方銀行や信用金庫、中小の消費者金融でも最近ではネットからの申し込みに対応しているところも多いため、申込方法で困ることは少ないでしょう

 

しかし、融資実施までにかかる期間は、申し込んだ金融機関によって異なります。即日融資を希望する場合は審査速度が速く、「即日融資可」としている金融機関を選びましょう。

 

即日融資に対応していたとしても、申し込んだ時間や条件によっては翌日以降になることもあり、その日のうちに借りられることが保証されているわけではありません。

 

低金利で借りたい場合は、さまざまな金融機関を比較して検討すると良いでしょう。一般的には審査の厳しい会社ほど、金利は低くなります。ただし保証会社が消費者金融になっているカードローンでは、金利のわりに融通の利いた審査を行ってくれる可能性もあります。ローンの契約をする場合は保証会社がどこになっているかも注目しておきましょう。

 

特に大手の消費者金融では、さまざまな人を審査して実績があります。審査の経験は膨大なデータとして蓄積されており、仮審査である「スコアリング」に活かされています。大手消費者金融が短時間で審査結果を出すことができるのは、こうした自動化されたシステムがあるからです。審査に時間のかかる金融機関では、人の目による審査が行われていることがあります。人の目による審査では1つ1つを注意深くチェックしますので、場合によっては数日間かかることもあり、気長に待たなくてはなりません。

 

カードローンの申し込みをするときは、何に重点を置くのか決めておきましょう。審査速度重視であれば多少金利が高くても、大手や中小の消費者金融を選んだほうが早くなります。審査通過率も高いので、お金を借りたいという希望を叶えられることでしょう。大きな限度額を希望する場合は銀行や信用金庫を選びましょう。銀行のローンでも上限が低いものがありますので、商品内容は確認しておかなくてはなりません。

 

銀行では同じようなローンでもいくつか用意されていることがあり、商品ごとに金利や限度額が異なることもあります。自分の利用したい条件のものがない場合は、無理に選択せずに、違う金融機関を探すのも良いでしょう。名古屋など大都市に住んでいる人は選択肢が多いというのは借りる側としては大きなメリットです。すでに付き合いのある金融機関にもメリットがあります。

 

取引実績があることで審査通過率が高くなりますし、愛知銀行のように金利が優遇されることもあります。もともとの金利が多少高くても信用力があれば金利は下がっていきます。最初から有利な条件でハードルの高いローンを契約しようとするのではなく、取引した金融機関と良い付き合いをしていくのも、上手な借り入れ方法の1つです。

 

付き合い方次第で借りる側の負担が大きく変わってくることもあります。特に大口の契約の場合はわずかな金利差でも大きな影響がありますので、しっかりと返済をして信用を失わないようにしましょう。ローン商品以外でも預金口座を引き落とし先や給料の振込先にすることで、取引を集中させ良い付き合いをすることができます。


×