申し込む前に知っておきたい「おまとめローン」の審査ポイント

「おまとめローン」の審査ポイント

すでに借りている複数社からの借り入れを一本化して、おまとめローンで借り入れをしたいという方!

 

おまとめローンを利用する場合、金利や限度額が気になるものですが、それよりも大切なのは「審査に通るかどうか」です。審査に通過しなければ、お金を借りることができません。せっかく金利の低いおまとめローンを見つけても、審査落ちしてしまえばお金を借りることもできないのです。

 

おまとめローンに申し込む時は、ここで紹介している「おまとめローンの審査でチェックされるポイント」を確認しておきましょう。

 

おまとめローン審査で重要なポイント

おまとめローンはカードローンに新しく申し込むより審査が厳しくなると言われています。審査でチェックされるのは大きく分けると4つです。

 

1つが他社の借り入れ件数

件数が多ければ多いほど審査は落ちやすく、1社からまとまった融資を受けている場合は審査で有利となります。50万円を4社から借りているより、200万円を1社から借りている方の方が審査に通りやすいというわけですね。

 

2つ目が多重申し込みです

カードローンの申し込みにおいて1か月以内に3社以上申し込むことはタブーとされています。カードローンの申し込み情報は信用情報機関によって6か月間保存されるので、ローン会社には申し込みの事実が筒抜けです。複数申し込みをすると審査が慎重に行われるので注意してくださいね。

 

3つ目は事故情報です

過去に延滞や債務整理、不払いなどの経歴がある方は新しく借入することができないでしょう。

 

4つ目が勤続年数です

おまとめローンを利用するときには最低でも1年程度の勤続年数が必要となるでしょう。ちなみに職業別で表記すると、公務員>大手の会社員>中小の会社員>自営業、アルバイト、パート、派遣と成っています。

 

「審査に通りやすい時期」は本当にあるのか

おまとめローンの審査に限らず、借りやすい時期があります。それは年度末。ローン会社に限らず多くの会社で年末の目標を達成するために年度末は奮起します。少しでも売上を上げるためにゲキが飛ぶものですよね。

 

これはキャッシング会社も同じで、年間目標に到達できていなければ、積極的に融資を行ってを売上アップを図ろうとする動きが出てくるのです。さらにこの時期は就職や転勤で引っ越しが増えることからローンを利用する方が増える時期でもあります。そのようなニーズに合わせておまとめローンを申し込めば、借り入れ出来る可能性が少しばかりアップするかもしれません。

 

もちろん年度末に申し込んだだけで必ず借りられるというわけではありませんが、金融機関側の心理を意識するだけでも審査に通過する可能性が高まるでしょう。少しでも借り入れの可能性を高めたいなら、この時期まで待つのも良いかもしれませんね。ただし時期が完璧だとしても上記で挙げたようなポイントは押さえておく必要がありますし、トータル的な観点から「この人に融資しても大丈夫」と思ってもらうことが大切になってきます。

 

おまとめローンと総量規制

消費者金融系の会社からお金を借りる時には総量規制と呼ばれる借り入れ制限の影響を受けます。総量規制とは2010年の貸金業法改正に合わせてできた規制のことで、年収の1/3までしか借りられないというものです。銀行カードローンであれば総量規制対象外となるため気にする必要はありませんが、消費者金融を利用するときは頭に入れておきたいところ。

 

しかしおまとめローンは別枠です。

 

おまとめローンや借り換えローンなど利用者にとって一方的に有利になる取引は総量規制の例外として扱われます。そのためアイフルやアコム、プロミスといった大手消費者金融だとしても年収の1/3以上借りられる可能性があるのです。

 

アイフルには「おまとめMAX」というおまとめローンがあり、アコムにも借り換え専用のローンがあります。銀行のカードローンは審査が慎重に行われるため、審査落ちの可能性が高いです。しかし信販会社や消費者金融は審査通過率が高めに設定されているので、審査が不安な方はこれらのサービスを選ぶ方が良いでしょう。しかしその一方で金利が高めに設定されていることも頭に入れておかないといけません。

 

「銀行」「信販会社」「消費者金融」の審査基準の違い

銀行の審査は保証会社が行うものと銀行独自で行う2種類があります。すでにその銀行の普通預金口座を持っている場合やメインバンクとして使っている時は審査が優遇されるようです。しかし審査は厳しく設定されており、カードローンの審査通過率は20%前後となっています。おまとめローンはこれ以上に厳しくなることを考えると審査基準はかなり厳しいと言えるでしょう。

 

信販会社の審査は中間くらいと言えるでしょうか。金利は消費者金融と同じくらいでサービス面も消費者金融の方が優れていることから利用者は少ないサービスとなっています。

 

消費者金融がこの中では最も審査が優遇されているサービスです。カードローンの審査通過率は45%前後で銀行と比べれば非常に高く設定されています。アルバイトやパートの方にも積極的に融資をしていますし、審査基準も他の2つに比べれば厳しくありません。

 

おまとめローンを利用するにあたって審査の合否は最も重要なポイントです。借り入れ希望額を借りられるかどうかも重要ですが、審査に通らないと借り入れできないので、ここは押さえておきたいポイントと言えるでしょう。

 

おまとめローンを成功させるチェック項目

おまとめローンの審査で重要な4つのポイントを押さえて成功させる項目を紹介していきます。

 

他社借り入れ件数については5件以上あると審査に通過することは難しいです。可能性の一つとして債務整理という選択肢もあるので、返済ができない方はこちらも合わせて検討するのが良いでしょう。

 

多重申し込みに関しては同時に申し込むのは2社までに抑えることを意識してください。複数社申し込みをしてしまった場合は最後の申し込みから6か月間は申し込みしないようにしましょう。

 

事故情報に関しては最低でも5年間は信用情報機関によって保存されているので、返済に困っている場合は債務整理をするのがオススメです。金融事故について心当たりがある時は債務整理を合わせて確認するようにしてくださいね。

 

勤続年数に関しては、1年以上あることが望ましいです。ただ1年以上ないと審査落ちするわけではないのでそれほどシビアに見る必要はありません。ただ残り1か月で1年を迎えるような場合は1年がたつまで待ったほうが審査で有利になります。

 

おまとめローンを成功させるためにもこれらの要点は押さえておいてくださいね。

 

まとめ

借り入れを一本化するときには幾つかの要点を押さえておくことで成功する可能性が高まります。

 

ちなみにカードローンにはおまとめローンという金融商品がない会社もありますが、利用用途自由となっているので一本化を理由に借りたい旨を伝えれば問題ありません。

 

おまとめローンは通常のキャッシングよりも審査が慎重に行われますが、審査でOKがもらえれば低金利で利用できる魅力的なサービスです。カードローンの金利は利用限度額が増えれば増えるほど低くなるので、まとまった融資を受ければそれだけ低くなります。

 

バラバラに複数社から借り入れしているよりも返済総額は大幅に抑えることができますし、月々の返済も一つにまとめることができるのでオススメです。おまとめローンを利用することにより、新しい借り入れもできるようになることや住宅ローン、自動車ローンを利用するときにも有利に働くでしょう。

 

おまとめローンは多重債務に苦しむ方にとって魅力的なサービスと言えます。金利も低く、返済の手間も1度で済むのが嬉しいところ。審査は厳しめに設定されていますが、ここで紹介した要点に気をつけながら借り入れできるように手続きしてくださいね。

キャッシングで即日借りれるランキング