おまとめローンに最適で低金利なのは消費者金融?それとも銀行?

MENU

おまとめローンに最適なのは消費者金融?それとも銀行?

 

おまとめローンは複数の借り入れを1つにまとめることによってさまざまなメリットがある金融商品です。そのメリットとしては、金利が低くなること、支払日の単一化により、ついつい払い忘れてしまう可能性が減ること、月々の負担がどのくらいあるのかわかりやすくなる点などがあります。

 

特にたくさんの借り入れさきがある人にとっては、毎月どのくらいが元金に割り当てられているのかわからなくなってしまい、返済生活から抜け出せなくなることもあります。おまとめローンを提供している金融機関はさまざまありますが、どのような点に着目したら良いのでしょうか。

 

大手消費者金融

消費者金融でもおまとめローンを用意しているところがあります。中には借り換えローンという名前になっている会社もありますが、その目的は他社の借り入れを1つにまとめることですので、商品内容的にはほとんど一緒のものだと考えて良いでしょう。

 

消費者金融では総量規制の対象となっており、基本的には借り換えできる上限金額は年収の3分の1までとなっております。総量規制の例外として、借り手に一方的に有利になる場合は規制対象外とありますが、それを認めてくれる消費者金融は実際のところ少数です。また個人の状況によっても異なりますので、借り入れできる上限は年収の3分の1と思っておき、過度な期待はしないほうが良いでしょう。

 

消費者金融のメリットは契約のしやすさです。借り換えに積極的な会社もありますので、10万円、20万円など少額の借り入れであれば簡単にまとめることができます。おまとめローンは本来審査の厳しい金融商品ですので、他社で滞納が立て続けに起きていたり、現在すでに滞納状態にある場合は契約することができません。もし今現在すでに契約があるのであれば、借り換え目的で増額してもらうのも良いでしょう。

 

大手銀行各社

銀行のおまとめローンには年収による貸し出し上限が決められていません。そのため全額を1つにまとめることができる可能性があります。しかし銀行のおまとめローンは審査が非常に厳しく、おまとめローンという名でありながら、5社以上の借り入れについてはまとめることが難しいのが実情です。

 

一定以上の借り入れがあると多重債務としてみなされ、支払い能力が疑われてしまうためです。銀行のおまとめローンは消費者金融と比較してもかなり低金利で提供されているものも多いため、最終的には銀行のおまとめローンを利用するのが完済への近道です。しかし複数の借り入れがある状態で最初から銀行のローンを利用できる可能性は低いものと考えておいたほうが良いでしょう。

 

ただしすでに取引がある金融機関の場合、全くのゼロからの申し込みと比較すると審査で優遇される可能性があります。例えば給料の振り込み先になっている銀行や預金をしている銀行です。中には取引があることによって金利がさらに優遇される制度を設定している金融機関もあります。おまとめローンを提供している銀行もたくさんありますので、使いやすい銀行を選ぶと良いでしょう。

 

借り換えローンのスペック比較

おまとめローンには1つ落とし穴があります。

 

随時返済が制限されるという点です。消費者金融の場合はカードローンの増額による借り換えとしていることがほとんどで、随時返済は制限されていません。そのため将来まとまったお金が入ってくるのであれば、消費者金融でまとめておいたほうが早く完済できる可能性があります。

 

銀行のメリットは何と言っても金利の低さです。また預金している金額は丸々返済したものとして扱い、その分残債をマイナスして計算してくれる金融機関もあります。随時返済が制限されていた場合でも、この場合は預金口座に入れておくことで利息負担を軽減することができます。

 

借り換える場合は、そのローンが極度型かどうかをしっかり把握しておかなくてはなりません。また、無理して返してしまうと生活が苦しくなってしまうこともありますので、計画的に返済していくことが大切です。特に大きな借入総額がある場合は消費者金融だけでまとめることができませんので、銀行のすでにあるローンの限度額を増額するなど、さまざまな方法を使って借り入れ件数を圧縮していくと良いでしょう。

 

同額を借りた場合、返済総額はどうなる?

返済総額を計算する場合、2つのポイントに着目する必要があります。

 

1つは金利です。

金利が高ければそれだけ利息負担が増え、同じ金額を払っていても元金充当金が少なくなってしまいます。元金充当金が少なければ返済期間が長くなってしまい、結果として総額は多くなってしまいます。

 

もう1つは月々の支払い額です。

いくら金利が低くても、月々の返済額が少ないと、その中から元金に充当される金額が小さくなってしまい、こちらもやはり結果として返済期間が長くなってしまいます。

 

同じ金額の借り入れで同じ支払い額だった場合は、やはり金利が低いほうが返済総額は小さくなりますが、月々の負担が少なすぎるおまとめローンでは借入期間が長くなりますので、自分で支払い額を設定して、支払い期間を短くする工夫が必要でしょう。

 

また、交渉のしやすさも重要です。こうしたローン商品は利用期間が長くなると契約内容の見直しをすることができます。銀行よりも消費者金融のほうが積極的に見直しを行っていますので、早期に金利が下がる可能性が高いのは消費者金融なのです。交渉するためには毎月の支払いをしっかりこなしていく必要があります。

 

金利の低い現行のおまとめローンにチャレンジ

金利の低いおまとめローンは実はとてもハードルが高い商品です。

 

金利が低く貸出金額が高いということは、金融機関にとってはかなりのハイリスクなのです。特にたくさんの借り入れがあって支払い能力が疑われるような場合では、まず契約することが難しいでしょう。金利の低い銀行のローンを組むためには、段階を踏む必要があります。

 

まず借り入れ件数の圧縮です。少なくても3,4件以内にまとめなくてはなりません。そのためには一度細かい借り入れを消費者金融でまとめたり、すでにある契約の限度額をアップして借り換えをする必要があります。

 

もちろん完済できるものがあればどんどん完済し、解約していくと良いでしょう。ただし完済して10年経つと過払い金請求ができなくなりますので、もし過去に高い金利で借りていた契約があった場合、一度見直して戻ってくるお金がないかどうか確認しておく必要もあります。

 

場合によってはおまとめローンを利用しなくても、過払い金だけで借金が全部返済できたり、さらにお金が戻ってくるケースもあります。完済していない限り過払い金請求の時効は発生しませんので一度見直してみましょう。

 

まとめ

おまとめローンは完済を目指すためのローンですので、カードローンのように自分の好きなタイミングで融資を受けることができないものも多くあります。ローン商品の契約内容によってはメリットだけではなく、デメリットも存在しますので、一概にまとめることが全て良いわけではありません。

 

また、カードローンでも同様ですが、最初から好条件の契約ができるとは限りません。こつこつと信用を作っていき、長い付き合いをしなくてはならないのです。うまくおまとめローンで借り入れをまとめることができたのであれば、しっかりと完済を目指して取り組みましょう。中にはすでにある契約を捨てることができず、結果として借入総額を増やしてしまう人もいます。

 

借り換えたりおまとめローンで完済できた契約は、また使うからと思って取っておかず、早めに解約しておくと良いでしょう。

 

結局完済できるかどうかは個人の意識の問題であり、おまとめローンはその手伝いをしてくれるにすぎません。生活の見直しや支出と収入のバランスを考えたお金の使い方を身に着けない限り、また借金が増えてしまう可能性があります。


×