大阪でお金を借りたい時どこで借りるのが良い!?大阪のカードローンの金利や特徴

MENU

大阪でお金を借りたい時どこで借りるのが良い!?大阪のカードローンの金利や特徴

 

大阪でカードローンを利用したい場合、日本の他の地域と比べて金融業者の数も多く、それぞれ特徴も異なるのでどの金融業者を選ぶか悩む人が多くいます。全国に展開している知名度抜群の大手消費者金融会社や都市銀行もありますし、大阪に密着した地方銀行や信用金庫など様々な種類の業者が存在します。

 

銀行や大手消費者金融会社は審査も厳しいので、申し込んだものの利用できないこともあります。この場合はフクホーなど地元で実績のある中小規模の消費者金融会社を利用するという方法もあるので、業者ごとに取り扱っている商品の特徴を知り、金利の違いなども把握して自分に合ったカードローンを選ぶようにしましょう。

 

大阪はATMや無人機がたくさんある!

消費者金融会社と聞くと、テレビコマーシャルなどを盛んに流しているアコムやプロミスといった知名度の高い最大手をイメージする人が多いでしょう。こういった大手の消費者金融会社は、日本各地に店舗や無人契約機などを準備しています。特に人口も多く経済の重要な拠点にもなっている大阪のような都市圏の場合、繁華街や駅の周辺などを中心に数多くの無人契約機などを目にすることができます。

 

ひと昔前は、カードローンを利用したい場合には消費者金融会社の店舗窓口や無人契約機などに出向いてお金を受け取るか、電話などで自分の口座に必要な金額を振り込んでもらうしかありませんでした。しかし最近では金融機関やコンビニのATMと提携し、家や職場の近くにあるATMを利用してカードローンを利用するのが一般的になっています。どの消費者金融会社と契約するにしても、近所に気軽に利用できるATMが無いとせっかくのカードローンの利便性を十分に活用することができません。

 

この点、大阪なら上述した通り都市圏であるためATMも非常に数多く設置されており、不便さを感じることはありません。

 

もちろん、インターネットの発達した現代では、わざわざ店舗や無人契約機などに行く必要もなく申し込みや振り込みをインターネットで済ませられる金融業者もあります。

 

しかし、このようなシステムを完備しているのは経営余力や開発費のある大手消費者金融会社や都市銀行であることが多く、中小規模の消費者金融のカードローンを利用している場合はやはり無人契約機やATMを利用するしかありません。インターネットの利用が苦手な人もいるでしょうし、緊急にお金が必要になった場合などは直接ATMなどに出向いたほうが早く現金を手にすることができます。

 

こういった点でも、様々な金融業者の無人契約機やATMが数多く存在する大阪は、即日融資を希望する利用者にとって非常に利便性が高いと言えるでしょう。

 

実際に知名度のある消費者金融会社のATMなどがどれくらい大阪に設置されているのか、数を見てみましょう。

 

モビットの場合、自社専用のATMやスタッフが常駐している店舗窓口はありませんが、無人契約機は28機あります。プロミスは専用のATMが80機、無人契約機は提携している金融機関内に設置されているものも含めると197機も存在します。店舗数は2ヶ所と少なめですが、各地に数多くのATMや無人契約機が用意されているので問題はありません。

 

他の消費者金融会社の設置数を考えると非常に数が多くなっていますが、プロミスが自社で設置している無人契約機は80機のみで、それ以外は提携している都市銀行である三井住友銀行の店舗内に設置されています。

 

アコムは専用ATMが88機、こちらも提携都市銀行に設置されたものも含めて87機の無人契約機があります。店舗窓口は4ヶ所にあり、この数は消費者金融会社の中でも多い方です。

 

アイフルは専用ATMが43機で無人契約機は71機、店舗窓口はプロミスと同じく2ヶ所となっています。

 

この具体的な数字を見ると、大阪にはプロミスを始めとして知名度のある大手消費者金融会社のATMなどが非常に多く設置されていることが分かります。他の中小規模の消費者金融会社の設置数を考えても大阪以外の地域と比べればかなり多くなっており、いかに大阪が金融業界でも注目を集める都市かということが分かります。

 

カードローンを便利に利用するために大阪に引っ越すのが良いとまでは言いませんが、大阪に住んでいてカードローンの利用を検討している人は不便さを感じることなく利用できるでしょう。自分がよく利用する地域にATMなどがあるか、それはどの消費者金融会社のものかなどを事前にチェックしてから申し込むと、より便利に利用することができます。

 

大阪にある中小消費者金融は審査が柔軟

大阪のような都市圏には、誰でも名前を知っているような大手消費者金融会社以外にも様々な中小規模の業者が存在します。業者の数が多いということは、違法に近い悪質な経営をしている金融業者も紛れ込んでいる可能性があるので、カードローン選びをする際には十分に注意しておく必要があります。

 

正規の経営をしている中小規模の業者をいくつか挙げてみると、中小規模の業者の中でも比較的知名度のあるフクホーやハローハッピー、新大阪ファイナンスやアルクなどがあります。他にも日電社やスペースなどが挙げられますが、いずれの業者も大阪府知事の認可を受け、日本貸金業協会の正式な会員としてそれぞれ番号も取得しています。ハローハッピーとアルクは日本貸金業協会に登録していませんが、大阪府知事の認可をどちらも3回以上更新しているので会社としての実績や信頼性には問題ありません。

 

これらの地域に密着した中小規模の業者の中でも、特にフクホーやハローハッピーはカードローン利用者に非常に人気が高くなっています。フクホーは中小規模の業者ではありますが、全国的に見ても意外と知名度があり、大手の消費者金融会社に準じた位置づけとも言えます。大阪のミナミを拠点として営業しており、カードローンの利用金額が比較的高いのも魅力となっています。

 

口コミでは、過去に滞納などの金融事故を起こしてしまった申込者に対しても審査を通してくれたという声も寄せられており、大手消費者金融会社や銀行系と比べると審査がかなり柔軟だとして知られています。審査が緩い業者は利用できる上限額もかなり低いという特徴があるのですが、フクホーは最高で200万円までという中小規模の業者としてはかなり高額まで利用できる点も人気の秘密となっています。

 

ただ、この200万円という数字はあくまでも最高の利用限度額であり、初めてフクホーを利用する人は最高でも50万円までしか利用できないので注意しておきましょう。200万円まで利用できるようになるためには、カードローンの利用と返済を繰り返してフクホーから信頼を得ていくしかありません。申し込みを行う場合、インターネットや電話、窓口での手続きが可能です。

 

運転免許証など身元チェックができる本人確認書類や収入証明書の他、住民票の提出も必要になります。金利は7.30%から20.00%と幅があり、利用限度額などに応じて利用者ごとに設定されます。即日融資も可能なのですが、そのためには店舗窓口に来店するか、提携コンビニのマルチコピー機を利用して契約書類をプリントアウトし、必要事項を記入してFAXするなど手間がかかります。

 

もう一つ、フクホーと同じく人気が高いのがハローハッピーです。こちらも大阪のミナミを拠点にしている会社で、大阪府に業者として正規に登録しているので比較的安心できます。フリーローンやリフォームローン、医療ローンといった目的ごとに利用できる商品も用意されており、多様な目的で活用することができます。こちらもフクホーと同じようにインターネットと電話、FAXや店舗への来店などで申し込みます。本人確認書類と収入を証明できる書類、融資を口座への振込で希望する場合は通帳やキャッシュカードも必要になります。

 

利用限度額は最高で50万円までとなっており、金利は10.0%から18.0%までと比較的割高です。継続して一定の収入を得られるのなら、パートやアルバイトなども申し込むことができます。即日融資にも対応していますが、インターネットからの申し込みは審査に時間がかかり、早くても2日から3日はかかってしまうので注意しておきましょう。即日融資はこの2社の他人気の高い日電社でも可能ですが、日電社は即日対応している地域が限られているので事前にチェックしておきましょう。

 

意外とシンプルな大阪地銀のカードローン

大阪では、4つある地方銀行も個人向けのカードローンを利用することができます。近畿大阪銀行は地域の2つの銀行が合併して誕生した銀行であり、現在では大手都市銀行を母体に持つグループ企業の一員になっています。大阪府内には108店舗あり、兵庫に8店舗と奈良に2店舗、京都や名古屋にも1店舗ずつ展開しています。2つのカードローン商品が用意されており、申し込むにはいずれも安定した収入があって近畿大阪銀行が営業可能な地域に勤務もしくは在住しているという条件を満たす必要があります。

 

近畿大阪プレミアムという商品は、20歳から60歳未満の成人であればインターネットやFAX、郵送で申し込みが可能です。必要書類を提出すれば最高で800万円まで利用でき、金利は3.5%から12.475%となっています。即日融資には対応しておらず、安定した収入が見込めない専業主婦や学生は申し込むことができません。また、利用するには口座を開設しておく必要があるので注意しましょう。もう一つ、近畿大阪クイックという商品は20歳から66歳未満が申し込めます。

 

申し込み方法や必要書類は同じですが、こちらは最高でも200万円までしか利用できません。金利は9.0%から12.475%となっており、どちらのカードローンも消費者金融会社と比べると最高金利も低くて済みます。また、どちらも口座を開設しなければならないのですが、公共料金やクレジットの引き落とし残高が不足していた場合に自動的に融資して引き落としてくれる機能も付加されるので便利です。

 

デメリットとしては、融資開始まで時間がかかりがちということが挙げられます。審査そのものは2時間程度で完了するのですが、実際に融資を受け取れるのはそこから更に1週間ほどかかってしまうので急いでいる場合は注意が必要です。

 

金利の低さを重視する場合は、池田泉州銀行が取り扱っているカードローンが便利です。3種類のカードローンがあるのですが、融資専用のカードを発行する商品とキャッシュカードを用いて融資を受ける商品に分けられ、それぞれ特徴が異なります。金利の低さや利便性の高さを考えると、ローンカードを作らない商品の方がおすすめできます。キャッシュカードが一体となったカードローンは、20歳から70歳未満で安定した収入があり、銀行の営業可能地域に住んでいれば申し込みが可能です。

 

金利は14.5%ですが最高で300万円まで利用でき、専業主婦でも申し込めます。口座を持っていれば来店しなくても契約が可能で、非常に便利です。この他、マックスファイブという商品は金利が僅か5.95%という低さを誇っています。20歳から60歳未満の年収400万円以上かつ勤続2年以上、池田泉州銀行と特定の取引を2年以上続けている人であれば申し込むことができます。

 

条件は非常に厳しくなっているのですが、最高500万円までを金利5.95%で利用できるというのは非常に魅力的です。ただ、返済は毎月最低でも1万円から必要になり、他の地銀と比べると割高なので返済には十分注意しておきましょう。

 

この他、関西アーバン銀行は全国でも利用できる商品や住宅ローンを利用している人専用のセット商品など特徴的な商品が用意されており、特に住宅ローンとセットになっているものは金利5.0%で最高300万円までを利用できるので魅力が高いと言えます。融資開始までのスピードがかなり遅いというデメリットがあり、郵送で申し込んだ場合はカードが届くまで約3週間程度かかることもあるので計画的に申し込む必要があります。

 

これらの地銀ごとの商品の特徴を見てみると、やはり池田泉州銀行が扱っているマックスファイブが抜群に貸し付け条件が優れていると言えます。金利や限度額も十分なうえに翌日融資も可能というスピーディーさもあるので、利用条件をクリアできそうなら検討してみましょう。

 

大阪の信用金庫カードローンはお得なのか?

カードローンと聞くと消費者金融や銀行が扱っているという先入観がありますが、実際はそれ以外に信用金庫も商品を用意していることが多いです。大阪は上述した通り、消費者金融会社の数がかなり多いので目につきやすいですが、信用金庫が提供するカードローンの中にも特徴的なものはあるのでチェックしておくと良いでしょう。

 

大阪には、大阪信用金庫や大阪構成信用金庫、大阪シティ信用金庫に大阪商工信用金庫など様々な信用金庫が存在しています。他にも永和信用金庫と枚方信用金庫という大阪以外に本店を持つ信用金庫も店舗を構えており、それぞれ異なった特徴をアピールしています。これらの中でも、大阪で最も数が多いのが大阪シティ信用金庫です。

 

ここは、大阪市信用金庫や大阪東信用金庫、さらに大福信用金庫の3つが合併して生まれた新しい信用金庫であり、大阪だけでなく兵庫や奈良など近隣の県にも営業地域を伸ばしています。一般的な信用金庫は信金ギャランティという団体が保証しているカードローンを取り扱っているのですが、大阪シティ信用金庫はこれを扱わず、独自のカードローンを2種類取り扱っています。

 

1つ目はアトワンスという商品

20歳から60歳までで安定かつ継続した収入を得ている成人なら申し込むことができます。カードローンの希望利用金額が300万円以上であれば年収500万円以上あることが条件となっており、希望利用金額が100万円や200万円であれば年収は300万円以上で構いません。

 

勤務している会社や団体に2年以上勤続していることや、信用金庫の営業地域内に住んでいることも条件の一つになっています。申し込み方法はインターネット経由もしくは店舗窓口への来店のみとなっており、郵送や電話などでは申し込むことができません。運転免許証などの本人確認書類以外に、実印や給与明細など所得を証明できる書類も提出しなければなりません。所得証明書は希望利用金額が200万円以上の場合なので、100万円までを希望するなら提出しなくても問題ありません。

 

利用限度額は最高で500万円までとなっており、安定収入のない主婦やアルバイトなどは最高で30万円までしか借りることができません。金利は5.8%から14.6%となっており、低金利で利用できるのですが学生は申し込みが不可となっています。また、インターネットで申し込みできるのは自宅に固定電話を引いている人のみで、携帯電話しか持っていない人などは来店しないと申し込み自体ができないので注意が必要です。

 

2つ目はアトワンスのレディース版商品

こちらは20歳から60歳未満の女性が利用可能です。アトワンスと同じように、安定した収入があって大阪シティ信用金庫の営業対象地域に住んでいることが条件です。申し込みは店舗窓口での直接手続きのみとなっており、本人確認書類や実印も必要です。

 

専業主婦の場合は最高で30万円、それ以外の女性でも最高で50万円までしか利用できません。金利は9.0%なので特別低いという訳ではなく、即日融資も不可能です。こう聞くとあまりメリットが無いように見えますが、申し込み手続きは非常にシンプルで手間がかからないという魅力もあります。

 

このように、信用金庫にもカードローン商品は取り扱われているのですが、利用条件がかなり厳しいと言えるので利便性は低いでしょう。最近の家庭では固定電話を利用していないことが多いですし、インターネット申し込みをしても結局は店舗窓口に行かなければなりません。

 

申し込みや振り込みまでインターネットで完結できるカードローンも数多く存在するので利便性では優秀とは言えませんが、それでも少額融資としてはある程度の金利の低さを実現しています。手間をかけても良いので金利を抑えたいという場合は検討の余地はありますが、決して低金利とは断言できないので理解しておきましょう。

 

まとめ

このように、大阪ではカードローンひとつ取っても様々な特徴があります。もともと大阪は地域の経済において中心都市ともいえる役割を果たしており、人も集まりやすいので消費者金融会社なども数多くのATMや無人契約機を設置しています。誰でも名前を聞いたことがあるような大手消費者金融会社はもちろんのこと、地域密着型の中小規模の業者や地銀、信用金庫なども数多くカードローンを取り扱っています

 

それぞれ金利や利用限度額などの特徴も異なり、利用者の状況や都合に合わせて最適な商品も変わってくるので、商品ごとの内容をしっかり理解しておくことが重要となります。特に、大阪にある中小規模の金融業者は審査がかなり柔軟だとされており、大手ではとても審査を通してもらえないような申込者にも融資を認めてくれることがあります。

 

こう聞くと、審査が甘い分金利が法外に高いのではないか、悪質な金融業者なのではないかと身構えてしまいがちですが決してそのようなことはありません。もちろん中には申込者の足元を見て不利な金利や条件を強要してくる悪質な業者もいますが、きちんと大阪府知事の認可や日本貸金業協会に登録している正規の中小規模業者も数多く存在します。

 

中小規模とは言っても知名度や人気が高い業者もいくつかあるので、最初から中小規模の業者だからと敬遠してしまうのはもったいないこともあります。中には利用限度額が最高で200万円など、大手や銀行のカードローン並みに高く設定してもらえることもあるので、状況によっては検討してみても良いでしょう。

 

消費者金融会社以外にも、大阪には4つの地銀があるので魅力的なカードローンを見つけることもできます。銀行系のカードローンと言えば、やはり金利の低さが最大のメリットだと言えます。

特に池田泉州銀行の商品であるマックスファイブは、金利が5.95%という低さで最高500万円まで利用できるという驚きの内容となっています。年収400万円以上で2年以上勤続していることや、銀行が指定する内容の取引を2年以上行っているなど複数の条件は設定されていますが、それでもこの金額をこの金利で利用できるという点は非常に魅力的だと言えます。

 

カードローンは、当然ながら多く借りれば借りるほど利息分も増えていきます。返済期間が長期にわたる場合などは特に金利をできるだけ低く抑えることが重要になるのですが、マックスファイブであれば500万円借りたとしても他の金融業者から同じ額を借りるより遥かに低い返済額で済みます。カードローン専用のカードを作らず、キャッシュカードで融資を受けることもできるので、家族や周囲の人にカードローンを利用していると知られる心配もありません。

 

銀行系のカードローンとしては珍しく、申し込み内容によっては即日融資が可能なこともあるので、急いでお金を準備したい人にもおすすめです。もともと池田泉州銀行を生活口座などで利用していた人であれば、利用条件のクリアも決して難しいわけではないので、まず検討してみると良いでしょう。他にも地銀ごとに様々なカードローンがあり、意外とシンプルで利用しやすい内容になっているので、金利の高い消費者金融会社に申し込む前に確認しておきましょう。

 

銀行は審査が厳しく、お金を受け取るまでに時間がかかってしまうことが多いので、人によってはいくら金利が低くても最適とは言えないこともあります。そんな場合は、せっかく正規の営業をする良心的な中小消費者金融会社が数多く揃っている大阪にいるのですから、そういった業者も広く検討に含めるようにしましょう。

 

大手や銀行よりも借りやすいことが多いので、審査に通りにくい人には特におすすめです。フクホーなどは知名度も実績もあって初心者でも比較的安心して利用できるので、まずはこういった業者から始めてみましょう。


×