時間に縛られず自由に働けるポスティングアルバイトの勤務時間はどう計算する?

MENU

ポスティングアルバイトの勤務時間はどう計算する?

ポスティングのバイトは求人のチラシなどに載っていたり、地域のフリーペーパーなどで配布する人を募集する記事が載っていたりする場合が多いので、気になっている方が多いのではないでしょうか。

 

時間に縛られないバイトというのは魅力的ですよね。

 

では、実際ポスティングのバイトはどんな感じなのでしょうか。まだやったことがないと、具体的なイメージはわからないものです。

 

ポスティングのバイトについて、具体的にはどんなものなのか説明していきます。

 

思わぬトラブルに巻き込まれるバイト

ポスティングでトラブルに巻き込まれるというのは、どんなことがあるのでしょうか。私もポスティングをしていたことがありますが、それほど大きなトラブルに巻き込まれたことはありません。しかし、小さなトラブルのようなことはありました。

 

ポストが建物についていて道路に面しているところにはない家でのことです。そこだけチラシを入れないわけにはいけないので庭に入っていったのですが、その時に家の人に見られたようで、勝手に敷地内に入ったことを咎められたことがあります。ポスティングをしている最中だと説明してなんとかわかってもらったのですが、何をしているのかと疑われて大変でした。そこで時間もかなりかかってしまいました。

 

ポスティングだからといって、全く人に接しないというわけにはいかないのです。むしろ、こういった場面を一人で切り抜けなければならなかったので大変でした。

 

短期間・1日だけ

ポスティングは長期で続けるものも、もちろんありますが短期や一日だけでバイトを募集しているものもあります。イベントなどのチラシを入れるものが多いです。短期で稼ぎたくて、バイトを探しているときはこういった一日だけのものを選ぶといいかもしれません。

 

ただ、どちらかと言えば継続的にポスティングを続けてくれる人を募集していることが多いので、短期や1日だけのポスティングバイトを見つけるのは難しいです。もしも、見つけたらレアなのですぐに応募した方がいいでしょう。短期でやってみればポスティングがどんなものかわかりますし、もし自分に合っているとわかれば今度は長期のものを探せばいいのです。

 

気になっている方は、短期間のものを見つけられたらラッキーなので試しに応募してみましょう。もちろん、向いていなければそのときだけにすればいいのです。

 

ポスティングバイトの仕事内容

では、実際にポスティングのバイト内容はどんなものなのでしょうか。簡単に言ってしまえば、各家のポストに渡されたチラシや冊子を配布する仕事です。地域誌など定期的に発行されるものは、継続で頼まれることが多く、配る日もある程度決まっています。

 

ピザ屋などの店のチラシは、発行日が決まっていないので定期的に発行されるものよりもある程度は、自分で自由に配る日を決めて行うことが出来ます。

 

頼まれるところによって、集合住宅のポストは集合ポストにまとめて入れてよかったり、一軒ずつ部屋の前についているポストまで入れなければならないと決まっていることが多いです。どちらに決められているかで効率がかなり変わってきますので、最初に確認しておくことが必要です。基本的には、健康ならば誰にでもできる仕事で難しいことはほとんどありません。

 

勤務時間とノルマ

ポスティングには勤務時間というのは決められていないことが多いです。場合によっては昼間に配ると決められていることもありますが、基本的には自由です。ノルマは、この地域にこの枚数を配るという感じで決められています。

 

私がやっていたバイト先では、チラシを何百枚か一気に渡されて、それと同時に配布する地域にチェックが入れてある地図を渡されました。何日までにここの地域に配って来てください、と説明される感じでした。ですが、それ程きつい日程ではなく、1週間以内にとか2週間以内にというように決められていました。

 

なので、雨の日にはやめておいて天気のいい日に一気に配ったりしていました。時間は決められていなかったのですが、いつも明るいうちに配っていました。暗くなると外灯を付けていなくてどこにポストがあるかわからなかったりするからです。

 

月収にすると意外と少ない

ポスティングのバイトは、実は月収にするとかなり少ないです。他のバイトのように何時から何時までと決まっておらず、配っている時間だけしか収入はありません。

 

私の勤めていたところはポスティングバイトにしては珍しく時給制で、他のバイトと同じくらいの時給でした。しかし、自転車で配っていたのでチラシを持てる数も限られていましたし、頼まれる数にも限度があるので、一日に出来る量はかなり限られていました。週で言うと、3200円くらいが限度でした。月収にすると一万いくかいかないかくらいだったので、バイトとしてはかなり月収はすくなかったです。

 

他のものと並行して行っていたのでよかったのですが、ポスティングだけに絞っていやっていたら、少なくてやっていけなかったです。もっとガンガン配ることができれば、もう少しもらえたのかもしれません。

 

ポスティングに向いている人とは?

ポスティングに向いている人は、ずばり歩くのが好きな人です。配る時は、もちろん自転車も使いますが、ポスティングをする現地に着いたらどこか自転車を置いておいて歩いて配ることが多かったです。

 

私は元々歩くのが好きなので歩くことは全く大変だとは思いませんでしたが、普段から歩いていない人はかなり苦痛なのではないかと思います。また、配れば減るのは当たり前ですが、最初はかなり枚数の多い状態のチラシを持って動かなければならないので、体力が無くてはいけません。誰でもできるバイトには違いないのですが、体力が無い人には向いていません。

 

後は、一人で黙々と作業することが好きな人に向いています。たまに話し掛けられることもありますが、ほとんどの時間を一人でただ歩いてチラシを配るだけなので、人と接していることが好きな人には物足りないです。

 

ポスティングバイトのメリット

ポスティングバイトのメリットは、好きな時間に仕事が出来ることです。

 

出勤時間などが決まっているわけではないので、自分自身で時間を決めて仕事をすることが出来ます。なので、いつも少しは時間が空くのだけれど、決まった時間に勤務することが難しいという人には嬉しいバイトです。空いた時間で簡単にバイトをすることが出来るんです。

 

もう一つは、接客が苦手な人でも出来るということです。ほとんど人と接しなくてもいい仕事なので、マイペースで仕事をしたい人にはとてもおすすめなのです。

 

外での仕事で、歩いたり自転車に乗ったりしなければならないので、健康にもいいというのもあります。歩いてポスティングをするので、続けていると体力もつきます。お金がもらえて体力づくりも出来るのは、結構嬉しいです。太陽にもあたるので他のバイトに比べて健康的です。

 

まとめ

ポスティングのバイトはマイペースで出来る仕事なので、接客が苦手な人や、空いた時間にだけ仕事をしたい人にはおすすめの仕事です。ただ、歩くのが嫌いだったり、体力が無いと続けるのは難しいです。

 

ノルマは頼まれるところによって変わってくるので、最初にきちんと確認しておくのがいいでしょう。ものによっては配る曜日が決まっている場合がありますので、実は自由に仕事が出来ないとわかってからでは遅いです。

 

ポスティングバイトはあまり月収としては高い方ではないので副業だと割り切ってやるか、少しでも収入が欲しいという方でないと少し難しいかもしれません。

 

しかし、難しい仕事ではないので、これなら自分にも出来そうだと思ったら一度やってみてはいかがでしょうか。続けてやれば健康づくりにもなりますし、向いている人ならば楽しんでできるバイトです。


×