あなたに合った銀行カードローンを見つけよう!

MENU

あなたに合った銀行カードローンを見つけよう!

キャッシングには様々な方法がありますが、昨今たくさんの方が利用しているのが銀行カードローンです。銀行という安心感とカードローンの利便性が組み合わせることで非常に使いやすいキャッシング手段となっています。

 

それだけではなく、金利の低さや審査スピードなどにも力を入れている銀行があり、そのサービス競争は利用者に大きなメリットをもたらしています。ただあまりにも多種多様となっているので、自分に合った銀行カードローンを見つけようとすると悩んでしまう方もおられるかもしれません。そこでそれぞれのカードローンが持つ特徴を紹介します。

 

即日融資が可能なカードローン

お金というものは得てして突然必要になることがあり、その上で重要なのが即日で融資を受けられるかどうかです。カードローンには申し込み、審査、手続きと踏まなければいけないステップがあるため、融資が数日後になるケースも珍しくありません。中には即日融資をしてくれる銀行もありますが、それをお金が必要となってから見つけようとしても容易なことではありません。

 

そこで事前に即日融資をしてくれる銀行を把握しておいて、いざという時には申し込めるようにしておくことをお勧めします。

 

最短即日融資という点において非常に優れた特徴を持っているのが三井住友銀行です。三井住友銀行では最短30分というスピーディーな審査を実施しており、無人契約機もあるので利便性は抜群です。金利に関しても4.0%から14.5%であり、下限が低めに設定されているのも嬉しいポイントです。

 

特筆すべきなのは即日融資できる期限が当日の21時までということです。一般的なカードローンでは概ね昼から夕方ごろまでを即日融資の期限としていることが多いですが、三井住友銀行では21時までという圧倒的な利便性を誇っています。これほど柔軟な対応をしてくれるのは無人契約機が設置されているからです。

 

審査を終えると無人契約機がカードを発行してくれるので、比較的遅い時間帯でも即日融資が利用できます。さらに土曜や日曜でも全く問題なく審査を行ってくれます。お金が必要になるタイミングは平日や休日を問わないので、いつでも審査や融資を実施する三井住友銀行は非常にありがたい存在と言えます。サービス、金利、利便性など全ての点において高い水準を誇るメガバンクのカードローンです。

 

auユーザーにお得なカードローン

カードローンの中には携帯電話やスマートフォンのユーザーを優遇しているケースがあります。自分の使用しているスマートフォンのメーカーと提携している銀行を選択することでお得なサービスを受けられます。

 

中でも特にお勧めなのがKDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資して設立したインターネット銀行のじぶん銀行です。auユーザーでカードローンを見つけようとしている方には特にうってつけです。

 

じぶん銀行ではauユーザーに対してau限定割を実施していて、何と借り換えローン金利の下限は1.7%となっています。加えてインターネットで全ての手続きが完了するWEB完結のシステムを採用しています。さらにじぶん銀行の口座さえ持っていれば即日融資も期待できるという充実したサービスを行っています。

 

じぶん銀行の口座を維持することに手数料はかからないので、いつか使う可能性のある方は事前に開設しておくのがお勧めです。

 

じぶん銀行のATMの手数料は24時間365日無料となっています。利用期間や利用回数を問わずに使用できるのは嬉しいポイントと言えます。最低返済額に関しても借入残高が10万円で金利が9%以下の場合では僅か1000円となっており、非常に良心的です。コンビニで決済できる点も人気の秘密となっています。

 

auユーザーでなくても高い水準のサービスを受けることができますが、auユーザーにとってのメリットが大きいのでauに乗り換える際にじぶん銀行のカードローンに申し込むという方もいます。スマートフォンの代金をクレジットカードで決済することによって効率的にポイントを貯めることができます。貯まったポイントをスマートフォンを買い換える時に使用することも可能です。

 

おまとめ目的で借りたい方

 

カードローンはいくつもの会社に跨って利用することで月々の負担が大きくなっていくケースがあります。それぞれのカード会社に支払っている額が少なくても、返済先が増えていくことで総額では大きな金額になります。そんな時に利用されているのがおまとめローンです。おまとめローンとは複数の借り入れを1つにまとめることで月々の負担を大幅に軽減するローン商品です。

 

お得なおまとめローンを見つけようとしている方にお勧めなのが楽天銀行カードローンです。楽天銀行はとにかくサービスを充実させてたくさんの顧客を獲得しているところが特徴であり、それはおまとめローンにおいても同様です。楽天銀行は良心的なサービスをどんどん打ち出していることから、おまとめローンに積極的と言えます。

 

特筆すべきなのはその金利です。楽天銀行では何と金利の下限を1.9%に設定しています。また、楽天会員のランクによって審査で優遇する仕組みとなっており、楽天会員の方は特に利用しやすくなっています。

 

また、定期的に行われているキャンペーンも注目のポイントです。楽天銀行ではキャンペーン期間中のローンを利用し始めた方に対して楽天スーパーポイントを進呈するなどのサービスを実施しています。

 

楽天スーパーポイントはショッピングにおいてお金と同じ感覚で使用できるポイントです。申し込みがインターネット上で行えるのも嬉しいポイントです。おまとめローンは元々利用していたローンの金額や数によってその内容が大きく変わってくるので、まずは自分が抱えるローンの情報をまとめて相談してみることをお勧めします。

 

おまとめローンに関してはローン会社を見つけようとするだけでなく、実際に利用する上でのメリットとデメリットをよく考えることが大切です。

 

銀行カードローンのコラム

最近では銀行を巡る情勢も日々変化していて、思わぬ形で新しい銀行が生まれるケースも少なくありません。2016年9月15日にはソフトバンクとみずほ銀行が合弁会社を設立すると発表しました。しかし、立ち上げるのが消費者金融であると判明したことで大変な驚きに繋がりました。それぞれの業界で人気を集めるソフトバンクとみずほ銀行の組み合わせに、消費者金融という新たな会社形態を設立するとあって注目が集まっています。

 

その合弁会社の特徴はスマートフォン専用アプリで事前の予備審査を行って、設定金利と利用限度額を伝えるというシステムを採用するとのことです。手続きにかかる手間を出来るだけ省き、人員やインフラを最小限にすることで低金利に繋げていくという考えです。

 

ソフトバンクは今でこそ世界的なスマートフォンのメーカーというイメージがありますが、かつては携帯端末に割賦販売を導入したことで注目を集めたことがあります。金融とITを組み合わせるという当時としては斬新なアイデアでしたが、こちらは時代の流れからか大きな損失を出してしまいました。しかし、それで諦めないのがこの会社の強さです。その後、アメリカのフィンテック会社SoFiに出資すると、3年間で1兆円にも渡る貸し付けを行うことに成功しました。

 

この結果を受けて日本でも低リスクな消費者金融の実現性を感じたということです。みずほ銀行は大手消費者金融を傘下に収めていないことが1つの特徴だったこともあり、社内でも賛否両論となっています。

 

何れにしても、日本を代表する大手金融機関の新たなチャレンジとして、金融業界にどんな影響を与えるのかに注目が集まっています。

×