奨学金制度のこれだけは知っておくと良い事

MENU

奨学金制度の基礎知識

近年では日本の若年層の家庭では貧困家庭が増えており、その中でも経済的困窮により学びたいのに学べないといった高校生・大学生は増加の一途をたどっています。

 

そんな意欲や能力がある学生たちが経済的困窮のよって学びを妨げられないように国が一丸となって支援するという意思を形にしたのが奨学金制度というものです。豊かな学びのために奨学金制度を受け、社会に貢献するといった制度について自分なりに理解し、奨学金制度を受けるようにしましょう。

 

奨学金制度とは?

奨学金制度とは主に、日本学生支援機構であるJASSOが提供する貸与奨学金のことであり、大学・短期大学部・高等専門学校・専修学校および大学院で学ぶ人を対象とした国が学びを支援する貸与型の奨学金制度のことです。

 


これまで多くの学生が使用してきている制度で、奨学金は学生が自立して学びたい分野を十分に学び社会に出て貢献していくための支援をするために学生本人に貸与されるものです。

 

 

奨学生に貸与したお金は返還され、その返還されたお金は次の奨学生へと受け継がれていき、学びの連鎖につなげていくという国の支援制度であり、若年層の豊かな学びを深めるために長い間活用されています。

 

奨学金と学生ローンの違い

奨学金と似た例で学生ローンがあげられますが、この2つの決定的な違いは貸与される対象となる人物と返済期間や金額についてです。

 

奨学金は貸与される対象に本人が選ばれ、返済期間は学校卒業後となり在学中の返還や利息の発生はありません。対して学生ローンは貸与される対象として保護者の方が選ばれるため、あくまで返済の名義は保護者の方ということになります。

 

また、返済は貸与された翌月から発生するため在学中から返済をしていくことが義務付けられており月が増していくごとに利息も発生していく仕組みとなっています。そのため一時金のみならば学生ローン、在学中を通して考えるのなら奨学金が適しています。

 

奨学金の良い所

学生ローンとの違いと重複しますが、奨学金は貸与された本人に返済義務が生じます。しかし在学中に返済する義務は生じないため、在学中は自分の学びたい分野を十分に学ぶことが可能であり、十分な学びのもとで社会に出て働き始めてから返済へ手を付けることが出来ます。

 

また利息に関しても在学中に利息が発生することはないため、安心して貸与されることが可能です。さらに奨学金制度は社会的に認められた公的な制度であるため、ほかのローンや制度を組むよりも経済的な負担が少なく、経済的負担により進学をあきらめている学生への救済措置として多く利用されており、学生に対して平等な学びが提供されることになります。

 

奨学金の悪いとこ

奨学金制度の奨学金返済は卒業後ということですが、いいところと悪いところは表裏一体となっています。

 

卒業後にすぐ返済義務が生じるため、言うなれば公的な借金を卒業と同時に抱えるということにはほかなりません。また、卒業後は月で利息が増えていくためその負担もあります。また、奨学金制度の平均的な返済期間は10年程度で設定されているので、その間に結婚や婿入りによって違う家庭にはいることになっても本人に返済義務が生じるため例外なく返していく必要があり、そのことが障害となるケースもあります。

 

新卒社会人は給料の昇給の目途も立ちづらいため、奨学金返済を頭に入れて生活する必要があります。

 

どう違う?奨学金の種類は2つ!

奨学金制度で貸与される奨学金の種類は2種類あります。

 

  1. 1つは今まで説明しているもとに沿っている、第二種奨学金というものであり、こちらはスタンダードな奨学金制度となっています。この奨学金は卒業後に返済義務が生じ、利息も卒業月から発生していくものとなっています。
  2.  

  3. これとは別にもう1種類設けられているのが第1種奨学金制度です。第1種奨学金制度は特に優れた学生及び生徒で経済的理由により著しく修学困難な人に貸与されるものであり、こちらは無利息で卒業後も返済し続けることが可能です

 

このほかにも、入学金等特定の時期に払わなければならない大金に関しても借りることのできる特別な奨学金もあります。

 

「日本学生支援機構」とは?

近年では若年層の貧困家庭が増加しており、学びたくても学べないという学生が多くなっています。

 

日本学生支援機構とはそんな経済的理由で自分の学びたい分野が学べないという修学が困難な学生に対して奨学金を貸与し、意欲や能力のある学生等が安定して学びたい分野へ時間を投資できるように国が一丸となって支える教育事業制度です。

 

前年度では奨学金貸与事業は全体での貸与金額が1兆円を超し、貸与している人数も100万人を超えました。奨学金の返還金の割合は非常に大きく、将来を長い目で見て多くの学生等を支援していくためには、奨学金を確実に返還していただくことが極めて重要になっています。

 

その他の奨学金制度

その他の奨学金としては主に2種類存在しています。

 

一つは地方自治体の奨学金であり、自治体から貸与されるものです。これは主に自治体の住居者やその家庭を対象に留学にかかる費用を支援するものです。

 

また民間団体が留学支援をしているケースもあり、内容は多岐にわたりますが応募者の出身地域や専攻分野、留学したい国などに条件を設け、グローバルな視点を持つ若者の育成に力を入れています。また、国内の大学では姉妹校との交流などで交換留学を行う際に奨学金を支給している地区もあります。大学によって異なってくるので、こちらは大学に問い合わせる必要があります。

 

このように留学費用に関しての奨学金が多いです。

 

まずは通っている学校で調べてみよう!

まずは自分の通っている大学・高等専門学校・専修学校・短期大学部・大学院などで奨学金の貸与が行われているのか、またどの種類の奨学金貸与が行われているのか確認しましょう。

 

現在多くの学校で奨学金の貸与は行われているため、毎年4月の年度初めで奨学金の説明会が開かれている学校が多いです。まずは奨学金の説明会が開かれる日程やその条件などを知っておくことが大切です。

 

また、それまでに自分がどの奨学金を借りたいのか、その奨学金を自分が借りることができるのかということを奨学金の手引きなどを使用して確認しておきましょう。尚、留学に関しての奨学金は常時窓口によって確認できるので尋ねてみましょう。

 

忘れちゃいけない!奨学金はあくまで「借金です」

奨学金制度は経済的困窮に追い込まれている意欲や能力のある学生の学びたい分野への学びや職に関しての就職をサポートするために、学校に進学するための国による支援です。そのため、奨学金制度とは銘打っていますが、学校を卒業後はすぐに奨学金を返金し始める必要があります。奨学金は学びを受けるためのバトンですので、返金されなければ下の世代が奨学金を受け取ることが出来ません。

 

そのためしっかりと自分が奨学生であることを実感し返金していくための生活の目途をたてておくことが重要です。あくまで国から借りている借金であるということを念頭に置いて自分の豊かな学びに生かしていきましょう。

 

まとめ

奨学金制度は経済的困窮や交通遺児などが経済的な理由によって意欲や能力があるにもかかわらず学びを受けることができない、社会的制約を受けてしまうということを避けるために国が一丸となって学びをサポートするための支援制度です。

 

もちろん返還義務は生じますし、利息も生じるものですが、国民の豊かな学びのもとで社会を支える若者を育てるために実施されている制度ですので、奨学金を借りた際は自分が奨学生であるということをしっかりと認識し、それにふさわしい豊かな学びを享受することを忘れないようにしましょう。また、卒業後は社会に貢献しながらしっかりと返金をしていくということも忘れないでください。


×