キャッシングの審査について

MENU

キャッシングの審査について記事一覧

消費者金融では借入診断が公式ホームページ上に用意されていることが多くなってきました。審査とは違い、診断というものはどのようなものなのでしょうか?診断と審査の結果は違うことがあります。そのため診断結果を鵜呑みにすることはできません。また、診断で「融資可能と判断されませんでした」などの表記になった場合には、審査に受かることは到底考えられないものです。簡易的なものとして利用しましょう。特に他社からの借り...

どこの消費者金融でも今では審査時間が最短30分と短くなっています。あっという間、まさにその通りです。自動契約機や来店で審査の結果を待っている時間は30分でも長く感じられますが、インターネット申し込みではその時間はすぐに経過するでしょう。審査の内容は変えられない消費者金融の審査では大きく分けると3つの項目があります。申込書に記入した内容から返済能力を判断する個人信用情報機関に照会をして信用力を調査す...

最近は、インターネットを利用して消費者金融のキャッシングに申し込みをする人が増えているようです。パソコンやスマートフォンからいつでもどこからでも申し込みをすることが出来るということや他の人に知られるリスクが少ないということが人気の理由のようですが、消費者金融のホームページには、数秒で審査結果を知ることが出来る仮審査というものを導入していることが多いようです。仮審査という名ではなく、「かんたん診断」...

クレジットカードの発行のときや、各種ローンの申込みなどのときに審査の一環として「在籍確認」というのが行われます。これは勤務先にローン会社などが電話をかけるという審査方法なのですが、かなり不安になるという人が多いのではないでしょうか。在籍確認はいくつかのやり方がありますが、大体のやり方は同じです。在籍確認の方法、もっと詳しい方法や対処法、もし何かあったときはどうすればいいのか、というようなことを解決...

大手消費者金融の多くは即日融資に対応しているということが当たり前となっています。即日融資を実現させたのは、審査時間の大幅な短縮です。これまで、お金を借りるとなると、審査に時間がかかっており、お金が必要な時に借りることが出来ないということもありました。審査時間を大幅に短縮することが出来たのは、自動審査と呼ばれる貸金業者のシステムによるものであるとされています。自動審査とはどのようなものであり、これま...

消費者金融は貸金業者ですので、総量規制の対象となります。そのため、収入のない専業主婦は審査を通過することは出来ませんし、収入のある人でも年収の3分の1の金額までしか借りることは出来ません。消費者金融は審査を通過することが出来なければ、融資を受けることは出来ません。では、消費者金融の審査に落ちても借りれる所として、銀行があります。銀行であれば、消費者金融の審査に落ちても借りれるというイメージを持つ人...

ローンを利用する機会は誰にでもありますが、その時に多くの人が不安に感じるのが審査です。特に勤続年数に関しては、利用額に対して年収がこれだけあれば返済できる、というような数字で表されるものではないので疑心暗鬼のまま申し込む人もいるのではないでしょうか。また、仕事に就いて間もない時にローンを利用したいが、審査に通る業者はあるのか、という疑問を持つ人も少なくはありません。まずは、ローンの審査での勤続年数...

個人向けキャッシングやカードローンでは、無担保無保証人というのが特徴のローン商品ですが、近年は保証人に保証会社を付けるケースが増えています。これは保証会社の保証が受けられる方がキャッシングやカードローンを提供する消費者金融や銀行にとって貸し倒れになった場合のリスクが低いメリットがあるためです。一方で借りる側にとっても保証会社の保証が受けられる方がメリットが大きく、それまで利用できなかったローン商品...

キャッシングは好きな時にお金を借りることができるとても便利な金融商品です。しかし誰でも利用できるというわけではなく、カードを発行している金融機関の審査に通らなくてはなりません。初めて契約する人の場合は他社に借金があるわけではありませんので、絶対審査に通ると信じている人もいます。しかしキャッシングには基準があり、そのポイントが何なのか知っておかないと審査に通ることはできません。実は同じ年収、同じ年齢...

クレジットカードやカードローン・各種ローンの申込をすると、審査の際に信用情報機関に登録されている信用情報が照会されます。ほとんどの方は「信用情報」または「クレジットヒストリー(クレヒス)」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。それでも大半の方は、具体的にどのような情報が登録されているのか理解していないかもしれません。クレジットやローン審査に通過できるか否かは、信用情報によって大きく影響されま...

本当にお金を借りたい場合、審査に通過できるかどうかは大きな問題です。中にはキャッシングの申し込みを数撃てば当たる戦法で申込みしている人もいるのではないでしょうか。数社程度であればどれかは契約できるかもしれません。しかし実は金融機関によって短期間に申し込みができる件数を設定しており、複数の申し込みをすることで少なからず審査内容に影響を与えるのです。申込みをするだけで信用情報に記録が残ります。もし審査...

家族にカードローンの利用がバレてしまう理由の90%は郵送物にあるのが現実です。家族が間違って開封してしまうことがありますし、開封されなくても怪しまれる可能性はあるでしょう。毎月定期的に郵送物が届くようならば、勘のよい人だと気づいてしまうものです。カードローンの利用者は日本に1500万人も存在し、決してめずらしいローンではありません。家族から利用を怪しまれてしまうと、バレる確率が非常に高くなるので注...

これまで、本人確認書類というと、運転免許証や保険証などが一般的でした。その為、消費者金融からお金を借りる時に提出する本人確認書類もこれらがほとんどでした。マイナンバー制度の導入により、一人ひとりに異なる番号が割り振られるようになりました。このマイナンバーカードを本人確認書類としてお金を借りることが出来る消費者金融はあるのでしょうか。あるのであれば、運転免許を持っていないという人でも借りやすくなるこ...

金融機関が閉店している時間帯や土日祝日などにお金が必要になることもあるでしょう。その際、無人契約機があると、即日融資を受けることができます。いくつかの銀行や消費者金融などが無人契約機を設置していますが、借りやすさに違いはあるのでしょうか?どういう基準で選ぶと、よりスムーズに借りることができるのでしょうか?さらに、とても便利に思える無人契約機ですが、利用する際に起こりうる問題点についても、ここでは触...

労金やJAのカードローンは全般的に低金利で一桁金利を設定しているローンも少なくありません。銀行よりも低金利で借入できるので借り手にとってお得ですが、銀行カードローンほどの普及率ではありません。その理由は審査通過率が低く、借入できない可能性が高くなるからです。例えば、融資項目にすべて適合する必要がある、必要書類が多くて借入まで長い、会員優先となるので一般の方は借りにくい、店頭窓口での手続きが必要にな...


×