キャシングの審査をスムーズにするための対策

MENU

審査時間が最短30分

どこの消費者金融でも今では審査時間が最短30分と短くなっています。あっという間、まさにその通りです。

 

自動契約機や来店で審査の結果を待っている時間は30分でも長く感じられますが、インターネット申し込みではその時間はすぐに経過するでしょう。

 

審査の内容は変えられない

消費者金融の審査では大きく分けると3つの項目があります。

 

  1. 申込書に記入した内容から返済能力を判断する
  2. 個人信用情報機関に照会をして信用力を調査する
  3. 勤務先に在籍確認を行う

 

これらの項目ですが、これから消費者金融の審査を受けるからと言って簡単に変えることができない項目ばかりです。

 

例えば申込書に記入する内容でもそうでしょう。氏名、年齢、生年月日、住所、電話番号、そして勤務先情報や他社からの借り入れ状況を細かに申告しなくてはなりません。

 

審査を受けるにあたって変更できる項目があるかといえば、一つたりともないでしょう。現状の自分で勝負しなくてはなりません。

 

また、個人信用情報機関はさらに手のつけようがありません。過去や現在の債務の履歴を事細かに管理している個人信用情報機関です。

 

これまであった債務の履歴を消すことはできず、他社からの借り入れ状況も変えることはできません。個人信用情報機関に記録されている情報もまた、審査を受けるからと言って変更できるものではないということです。

 

最後は在籍確認です。

 

勤務先に直接消費者金融が連絡をします。申込者本人が返済をするためには収入を得ていなくてはなりません。

 

収入を得るためには勤務先が必要であり、申込書に入力された勤務先に本当に勤めているのか、それを電話で確認することが在籍確認となっています。勤務先も当然簡単に変えることができるものではありません。

 

万が一、より高収入の方が審査には有利と考えて転職をしたとしても、勤続年数の方が重視されるキャシングの審査では逆に不利になります。

 

正確な情報を申告することに限る

非常に簡潔なことではありますが、現在の状況を正しく申込書に入力することが大切なことです。即日融資を希望しているときにはなおさらのことです。

 

例えば審査結果のやり取りにも使われるメールアドレスや電話番号がありますが、これらを間違って入力してしまえばどうでしょうか。消費者金融からの連絡を受け取る手段がなくなり、時間がかかることになってしまいます。

 

他社からの借り入れ状況をあいまいに入力するとどうでしょうか?

 

個人信用情報機関に照会をした際に、申込書の申告とあまりに違いがあれば「虚偽の申告」を疑われ審査が厳しくなることも考えられます。

 

在籍確認のための勤務先電話番号も間違いのないようにしましょう。支店に勤務していながら本社の電話番号を入力する、これでは時間がかかります。

 

自分が現在働いている勤務先でなければ在籍確認がスムーズに行われることはできません。

 

審査の内容は変えることができないため、正しい情報を申告することがなによりの近道です。


×