とにかく即金!申込み時間を守れば借りれます!

MENU

とにかく即金!即日融資で借りたい!

理由はさまざまですが、誰しも急にお金が必要になってしまうことがあります。短期バイトをしたり家計をやりくりをするだけでは足りなかったり、中には怪しいものもあります。

 

「即金バイト」とも呼ばれる日雇いバイトも、その場でお金がもらえるわけではなく、給与の支払いに1週間くらいかかってしまうこともあります。

 

もしお金が必要になってしまったとき、カードローンの申込みすれば簡単に問題を解決することができるので、怪しい方法に手を出す前にカードローンを検討しましょう。

 

申込みする金融機関と申込み時間さえ守れば、すぐにお金を用意することができます。ただしこちらも知名度の低い怪しい金融会社は避けなくてはなりません。大手の金融機関へ申込みをしましょう。

 

もし即日融資の申込み時間に間に合わなかったら

即日融資のリミットは、申し込み方法やカードの受け取り方法、融資の方法によって変わってきます。振り込み融資を希望する場合は、タイムリミットは平日の14時ごろまでとなります。審査に通過して振り込み融資となった場合、銀行営業時間内に手続きを完了しなくてはならないためです。申込み時間が早ければ早いほどその日のうちに借りれます。

 

しかし間に合わなかった場合にも方法は残されています。例えば消費者金融大手のプロミスやアコムです。消費者金融は遅い時間まで審査業務を行っているので、その日のうちに契約できる可能性が高くなります。

 

また、プロミスの場合はグループ銀行である三井住友銀行、ジャパンネット銀行を振込先に指定すると、銀行営業時間外でも24時間即金を用意してもらうことができます。アコムでも楽天銀行の口座があれば時間や曜日に関係なく即金を用意してもらえます。Web完結の手続きは非常に審査速度も速く、来店する必要がないので簡単に借りれます。

 

土日や祝日のように銀行営業日でない日でも対応しているので、本当に即金が必要になったときには助けられる存在でしょう。また、銀行営業時間内であれば持っている自分の好きな口座に振り込み依頼を出し、その日のうちに借りれます。どちらの会社もカードローンの審査速度が非常に速く、即金を希望する場合の有力な候補です。

 

時間もないし口座もない!そんな時は…

ただ、すべての人が三井住友銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行の口座を持っているとは限りません。中にはこれらの金融機関の口座を持っていない人もいるでしょう。そのような人でも、まだ即金を用意する方法は残されています。それが自動契約機での手続きです。

 

プロミスでは三井住友銀行の自動契約機、プロミスの自動契約機の2種類が利用できます。アコムの場合はむじんくん、三菱東京UFJ銀行の自動契約機を利用できます。アイフルにもこうした自動契約機があります。大手の消費者金融や銀行には自動契約機を用意しているところが多いので、まだまだ即金を用意できる可能性が残されているのです。

 

自動契約機では契約が完了すると、その場でカードが発行されます。発行されたカードは契約した限度額内で自由に借りれますので、近くのATMを利用しましょう。自動契約機は即金を用意する最終手段でもあります。

 

ただし申込み時間が審査業務終了間際になってしまうと、即金を用意することが難しくなります。審査が翌日にずれこまないよう、自動契約機を利用する場合は早めに手続きを開始しましょう。

 

申込みをWebから行い、仮審査後の手続きを自動契約機で行うような分割方法もあります。自動契約機ですべて手続きをするとブースの中で長い間待たなくてはならないので、申込みはWebから行ったほうが無駄がありません。

 

申し込む際に必要な書類

特に自動契約機でカードローンの契約をする場合、忘れ物をしてしまうと取りに戻ったり非常に手間になってしまいます。時間がかかってしまうと、即金を用意することも難しくなりますので、必ず忘れ物がないようにしましょう。

 

必要になる書類は本人確認のための、運転免許証、保険証、パスポート、マイナンバーカードなどです。マイナンバーカードに関しては番号は隠さなくてはなりません。また、保険証には本人の写真がありませんので、取り扱っていない金融機関もあります。なるべく国が発行している身分証明書を用意しましょう。

 

消費者金融では希望限度額が50万円以上になる場合、収入証明書も必要になります。銀行以外のすべての金融機関は貸金業法のもと、カードローンを提供しています。貸金業法には総量規制という法律があり、年収の3分の1以上の貸し出しが禁止されています。そのため銀行と比較すると少額の借り入れでも収入証明書が必要になるのです。

 

まずは手続きを簡単にするためにも、希望限度額は50万円以下にしておくと良いです。カードローンはあとからでも増額することができますので、まずは契約をして即金を用意することを目標にしておきましょう。限度額が高すぎると金融機関のリスクが高まるため、審査に落ちてしまう可能性も高くなるのです。

 

今すぐ借りれるカードローン

即金を用意できる金融機関は消費者金融だけではありません。

 

例えば三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」や、すでにみずほ銀行の口座を持っている人は、みずほ銀行カードローンでも即金を用意できます。

 

バンクイックは保証会社がグループ消費者金融のアコムになっており、非常にスピーディーな審査を行っています。アコムでの契約と同じように即金を用意できる上、金利などの条件はアコムよりも良いのが特徴です。銀行系カードローンの場合は総量規制対象外ですので、収入証明書が必要になる金額も高額です。

 

消費者金融のイメージが強い「レイク」も即金を用意できます。レイクは実際には新生銀行のカードローンです。レイクの場合は新規契約者に対し、一定期間無利息キャンペーンを行っているのも大きなメリットです。お金を借りたら金利に応じた利息を支払わなくてはなりませんが、無利息キャンペーンを適用することができれば、負担なしでお金を借りることができるのです。

 

こうしたキャンペーンを行っている会社は他にも、プロミス、アコム、ノーローンなどがあります。多くの会社が即日融資に対応していますので、しっかりと契約先さえ選定すれば、その日のうちにお金は借りれます。

 

気を付けなくてはならないのが、「即日審査」をうたい文句としている金融機関はその日のうちに借りられないケースがあるという点です。即金が必要なら「即日融資」を選びましょう。

 

即日融資のまとめ

即日融資で大きなハードルになるのが、在籍確認です。在籍確認必須の金融機関では、土日や祝日の申込みでは、会社がお休みで確認が行えないことがあります。職場に常にだれかいるような場合は問題ありませんが、定休日がある会社に勤めている場合は即日融資に対応していることに加え、在籍確認で融通のきく会社を選ばなくてはなりません。

 

中には在籍確認を行っていなかったり、給料明細や会社発行の保険証でパスしてくれるところもあります。在籍確認は法律で行うことが義務付けられているのではなく、あくまでも金融機関側の判断で行われます。総量規制のように法で決められたことは揺るぎませんが、在籍確認であれば別の方法を提示してくれる会社もあります。レビューを読んだりコールセンターに確認するなど、在籍確認をクリアできそうかチェックしておくのも良いでしょう。

 

お金がないときに助けてくれるカードローンは非常に便利なアイテムです。怪しい方法を利用して即金を用意すると、思わぬリスクがあったり危ない目にあってしまうこともあります。頑張ったけれど結局即金は用意できないこともあります。カードローンはそうした即金を用意する方法の中でも、安心して利用できる金融商品です。しかし借りた後は必ず返済しなくてはなりませんので、利用のしすぎには注意しましょう。


×