1. TOP
  2. お役立ち情報!
  3. キャッシングの基礎知識
  4. 即日融資でお金を借りる方法、スマホアプリでますます便利に!

即日融資でお金を借りる方法、スマホアプリでますます便利に!

 2018/06/26 キャッシングの基礎知識   233 Views

即日融資のための申し込み方法!今日中にお金が必要な方

カードローンの申込をする時、即日融資で借りたいという方も少なく在りません。

以前なら銀行カードローンも即日融資が可能なカードローンもありましたが、現在即日融資が可能なカードローンは消費者金融のみで、即日融資で借りるにはいくつかクリアしなければならない事があります。

即日融資で借りるには金融機関ごとに違いがあるので、その条件や違いなどを紹介します。

即日融資が可能なカードローン

一部即日融資が可能な銀行カードローンもありましたが、2018年1月以降は銀行の自粛により即日融資は停止となっているので、即日融資が可能なカードローンは大手消費者金融がおすすめです。

消費者金融 金利(実質年利) 融資限度額 審査時間
プロミス 4.5%~17.8% 500万円 最短30分
アコム 3.0%~18.0% 800万円 最短30分
アイフル 4.5%~18.0% 500万円 最短30分
SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円 最短30分
ノーローン 4.9%~18.0% 300万円 最短20分

即日融資を受ける時、特に注意しなければならないことがあります。

上記で紹介した大手消費者金融ならどこへ申し込みをしても心配ありませんが、インターネット上には「即日融資無審査」とか「即日借入の審査なし」というようなキャッチコピーで宣伝をしている業者があります。

審査のないカードローンはあり得ませんし、これらのサイトはまず「ヤミ金」と思って間違いありません。いくら急いでいるからと言って、このようなところへ手を出すと、弁護士事務所や警察が介入しなければ解決できなくなるので、いくら急いでいても業者選びは慎重に行なわなければなりません。

申し込み方法

カードローンの申込方法は、

  • インターネットから申し込む方法
  • 電話での申し込み方法
  • 店舗から申込む方法
  • 郵送による申し込み方法

申し込み方法はどこも同じですが、即日融資で借りる時は、郵送以外を選ぶ必要があります。

「即日融資で借りるためには、指定された時間内に審査を終えて手続きを完了させる」必要があるので、申し込み時間が重要になります。

インターネットで申込む方法は24時間何時でも可能ですが、審査時間が決まっているのでその間に審査を受ける必要があります。

消費者金融 融資限度額 名称 営業時間
アコム 9:00~21:00 自動契約機 8:00~22:00

(土日・祝日も同じ)

アイフル 9:00~21:00 500万円 8:00~22:00

(土日・祝日も同じ)

プロミス 9:00~21:00 自動契約機 9:00~22:00一部21:00

(土日・祝日も同じ)

SMBCモビット 9:00~21:00 800万円 08:00~21:00

(土日・祝日も同じ)

レイクALSA

ノーローン

9:00~20:30 自動契約機 8:45~21:00

(第三日曜日は19:00まで)

契約方法

即日融資を受けたい時は、契約方法も重要になります。

申し込みから契約までをWEBで完結

WEB完結はどこへ申し込みをしてもそれほど違いはありません。

WEB完結の申し込みから融資までの流れはホームページから申し込みフォームに必要事項を記入し、申し込みをします。

申込が完了すると、申込先から申し込み内容の確認などの電話がかかってきます。

しばらくすると、メールか電話で融資の可否や可能な場合は限度額の連絡が入ります。

仮審査の結果で問題がなければ、アプリかメールを使って必要書類を送信します。

必要書類が完了すれば本審査となり、審査に通れば、契約内容確認のための連絡が入るのでそれに同意すれば契約は完了です。

(ローンカードは後日郵送で送られてきます)

すぐにお金が必要な時は、会員ページや電話で振り込み依頼をします。

ただし、一般銀行の場合は午後2時までに契約を済ませておく必要があります。土日・祝日や平日の午後3時を過ぎた時は翌営業日に振り込まれるので注意が必要です。

WEB申込をして自動契約機で契約

自動契約機(無人契約機)からでもカードローンの申込が可能で、自動契約機で本契約を受ければ、ローンカードが発行されるので、ローンカードを使ってお金が引き出せるようになります。

自動契約機から申し込みをした場合は、審査を受けている間、自動契約機から離れる事が出来ませんし、診査が終わるまでずっと待っていなければなりません。無駄な時間をとられないためにも、WEB申込をして仮審査までを終えて置き、自動契約機で本審査を受けるという方法があります。

この方法なら無駄な時間を取られることもありませんし「自動契約機まで行ったけれど審査に通らなかった」というような無駄足を踏む事もありません。

即日融資は土日・祝日でも可能?

カードローン審査は365日受付をしていますが、WEB完結で振込融資になった場合、平日の午後2時までに契約を済ませれば即日融資は可能ですが、申し込みが土日・祝日や銀行の営業時間外になると、翌営業日の振込になるので、即日融資は受けられません。

自動契約機でローンカードを受け取る

自動契約機は365日営業しているので、土日・祝日でも審査が受けられるので、本審査を通ればローンカードが発行してもらえます。

ローンカードを受け取れば備え付けのATMや提携コンビニATMからカードを使ってお金が引き出せるので、土日・祝日でも即日融資が可能です。

ネット銀行の口座振込なら土日・祝日でも即日振込が可能

銀行振込を依頼する場合、振込口座を指定しなければなりませんが、指定口座によっては24時間365日振り込みが可能な銀行口座があります。

たとえば、プロミスの場合は

金融機関 曜日 受付時間 振込実施時間 手数料
三井住友銀行ジャパンネット銀行 月~金 0:00~24:00 24時間受付 受付完了最短10秒 不要
土・日・祝日
その他の銀行 月~金 0:00~9:00 当日9:30頃
9:00~14:50 受付完了最短10秒
14:50~24:00 翌営業日9:30頃
土・日・祝日 0:00~24:00 翌営業日9:30頃

となっているので、三井住友銀行またはジャパンネット銀行に口座があれば、会員ページの「瞬フリ」なら土日・祝日でも振り込みを依頼することが出来ます。

同じように「アコム」でも楽天銀行の口座なら土日・祝日でも振り込み融資が可能です。

金融機関 曜日 受付時間 振込実施の目安
楽天銀行 月曜 ~日曜・祝日 0:10~ 23:50 受付完了から1分程度
ゆうちょ銀行 月曜 ~ 金曜 0:10 ~ 9:00 当日 正午頃
9:00 ~ 14:00 当日 17:00まで
14:00 ~ 23:50 翌営業日 正午頃
土・日・祝日 0:10 ~ 23:50 翌営業日 正午頃
銀行・信用金庫 月曜 ~金曜 0:10 ~ 9:00 当日 9:30頃
9:00 ~14:30 受付完了から1分程度
14:30 ~ 23:50 翌営業日 9:30頃
土・日・祝日 0:10 ~ 23:50 翌営業日 9:30頃

楽天銀行に限って、土日祝日に関係なく24時間いつでも振り込みが可能です。手続きが必要ですが、受付の完了から1分程度とリアルタイムで振込をしてもらう事が出来ます。

おすすめはスマホキャッシング

スマホキャッシングはカードローンの申込から融資までのすべてをスマートフォンのアプリでキャッシングする方法です。

スマホアプリを利用すれば、以前はパソコンでなければ利用できなかった会員サービスのすべてが、スマホアプリから利用できるようになったので、これまで以上に手軽にキャッシングが出来るようになりました。

すべての消費者金融でスマホキャッシングが可能というわけではありませんが、一部大手消費者金融でスマホアプリの利用が可能です。

アコムのアコムナビ

アコムナビはアコムのホームページにある申込フォームにリンクしているので、スマホから即日融資でカードローンの申し込みが出来ます。初めての申込時は審査があるので、即日融資を希望する場合には指定時間以内に申し込みを行う必要があります。

申し込みはアプリやホームページから24時間いつでも申し込みが可能です。

また、アコムナビで会員ページにもログインできるので、振込依頼や返済の他、残高確認やこれまでの利用明細の確認、メールサービスの登録や基本情報の変更が可能です。

会員サービスではインターネット振り込みが可能で、どこの銀行でも依頼できますが、楽天銀行に口座を作っておけば24時間365日何時でも振り込みが可能なので、銀行の営業時間を気にする必要がありません。

プロミスのアプリローン

「プロミス」のアプリローンはWEB完結で申し込みができるというのが、最大の特徴です。プロミスには「Web完結」という契約方法がありますが、アプリローンはこの「Web完結」をスマホのアプリとして移植したもので、中身は普通のプロミスと同じです。

「Web完結」で融資を受ける時は「銀行振込」だけなので、即日融資を受けられるのは原則「平日の9:00~15:00」の間だけでした。

しかし、アプリローンでセブン銀行ATMとの提携が始まったことで、スマホアプリをインストールしておけば、カードがなくてもほぼ24時間365日、いつでも融資が受けられるようになりました。

SMBCモビットのスマホATM取引

「SMBCモビット」は「WEB完結申込」で人気のある消費者金融で、審査で会社への連絡がない事や、カードレスでの利用が可能なことで人気のあるカードローンです。

振込融資をして貰うには平日14時までの申し込まなければならないというのが唯一のデメリットでしたが、今回からセブン銀行と提携した「スマホATM取引」が開始される事になり、このデメリットが解消されました。スマホATM取引は、セブン銀行ATMで24時間365日カード不要で借り入れや返済が可能になりました。

ローンカードがなくてもスマホのみで借入をすることが出来るので、これまでの振込融資と比べて、さらに手軽にカードローンが利用出来るようになり、SMBCモビットの弱点ともいえる、24時間キャッシングが可能になりました。
「スマホATM取引」はさらにお得に、シンプルに利用できる、カードローンの新しい利用方法です。

アイフルのスマホアプリ

スマホアプリと言えば、プロミスやSMBCモビット、アコムだけでしたがアイフルでもスマホアプリが利用できるようになっています。

アイフルのスマホアプリで出来る事は、

  • カード不要でセブン銀行から借入や返済が可能
  • 申し込み時の本人確認書類の自動読み込み
  • 生体認証ログイン
  • アプリから増額申請や返済相談が可能

など、スマホアプリをイントールすればセブン銀行で返済、借り入れが原則24時間365日可能になりました。

また、アイフルのスマホアプリは他社では取り入れていない、生体認証ログインを採用しているので、家族を含めた第三者がアプリにログインすることはできません。

スマホアプリを申込み前にインストールしておけば、本人確認書類で運転免許証をアップロードする際、運転免許証からあなたの指名、生年月日、住所を自動で読み取るので、入力の手間が省けるというメリットもあります。

まとめ

いままでは土日・祝日に即日融資を受けるにはローンカードが必要でしたが、スマホアプリが普及することで「平日の午後2時までに契約を完了する必要がある」とか「自動契約機でローンカードを受け取れば即日融資が可能」という条件がなくなりました。

スマホアプリをインストールしておけば、さらに手軽に、さらに便利にキャッシングが続けられます。プロミスやアコムなどで契約している方は、スマホアプリをインストールしておけば、いざという時でも安心です。