ソニー銀行のカードローンについて調査してみた【保存版】

MENU

ソニー銀行のカードローンについて調査してみた【保存版】

ソニー銀行のカードローンは、しばらく受付をやめていましたが、また募集を始めました。その後、すごい勢いで申し込み者が増えています。なぜそんなにソニー銀行のカードローンに人が集まるのでしょうか。その理由を解明するために、ソニー銀行のカードローンのどこが素晴らしいのかいろいろ調べてみることに。合わせて他社のカードローンとの違いも浮き彫りにしてみました。

 

ホームページを見ると、ソニー銀行のカードローンのメリット面が強調されています。しかし、デメリットはないのか気になります。私たちは、ソニー銀行のカードローンの裏表を見て、メリット・デメリットを調査してみました。その結果、いろいろなことがわかってきました。

 

どこのカードローンを利用しようか迷っている方、ソニー銀行を選択肢に入れている方にはとても有益な情報となるので、参考にしてください。

 

ソニー銀行カードローンの申込みに必要な資格

ソニー銀行カードローンの申し込みには、いくつか条件があるので調査結果を見てみましょう。まず、申し込み時の年齢は満20歳以上65歳未満でないといけません。安定した収入も必須条件です。ただ、安定した収入という条件を満たせば、職業形態は問われません。パート・アルバイト・派遣社員・契約社員・年金生活者・自営業者・学生でも申し込み可能です。

 

専業主婦が申し込みできるのか関心がある人もいるでしょうが、問題ありません。専業主婦の場合は、配偶者の収入がしっかりしていれば、本人に収入がなくても大丈夫です。ただし、借入限度額が最大50万円となります。学生は、親の収入だけではだめで、本人に収入がなければいけません。学生の場合は借入限度額が最大10万円です。

 

専業主婦と学生は受け入れてもらえるのですが、代わりに借り入れ限度額が低くなっていることは頭に入れておきましょう。

 

調査してみると、銀行カードローンの中には、専業主婦や学生申し込み不可というところも結構あります。その点で行くと、ソニー銀行は幅広い層の人を受け入れています。また、専業主婦に貸付を行う場合は、配偶者に電話で確認を取ってからになるという規定を設けている銀行もありますが、ソニー銀行ではそのような手続きは踏みません。したがって、家族に知られることなく借り入れをすることもできます。

 

なお、ソニー銀行カードローンを利用するためには、ソニー銀行の円普通預金口座が必要です。口座がない人は、カードローン申し込み時に合わせて、作ることもできます。

 

カードローンの申し込み者は日本国籍を所有していなけれないけませんが、外国籍を持っている方なら永住権が要ります。その場合、永住許可を取得していることを証明できる書類のコピーが必要です。在留カード、特別永住者証明書などです。郵送またはFAXで送ることになります。

 

ソニー銀行の保証会社は、アコム株式会社となっているので、アコムの保証を受けられることが必要要件となります。担保・保証人は必要ありません。アコムが保証してくれるので、担保・保証人を用意しなくていいのです。

 

ソニー銀行カードローンを選ぶメリット

ソニー銀行は、ソニー株式会社を親会社としています。そんなソニー銀行を利用すると、いくつものいいことがあるのでご紹介します。

 

お得な金利

ソニー銀行のカードローンの金利は、かなり低く設定されています。最低金利が2.5%、上限金利が13.8%です。大手消費者金融の場合は上限金利を18%に設定しているところがかなりあるので、4%以上お得になります。

 

他の銀行と並べてみても、15%程度というところが多く、3%くらい低くなっています。

 

自宅で手続き完了

申し込みはホームページから申し込み欄で、借り入れもホームページや電話で入金額を伝えて振り込んでもらうだけ、返済は自動引き落としなので、自宅に居ながらにしてすべての手続きが終わります。

 

口座もWEB申し込みが可能です。

 

即日融資もあり得る

ソニー銀行の口座を持っているという条件はありますが、早ければ申し込み日に借り入れを行うこともできます。そのためには、申し込み、仮審査、必要書類の提出、本審査を完了していないといけません。その後、WEBか電話で振り込みをしてもらうことができます。

 

ATMから必要なお金を借りることも可能です。口座のない方は即日融資は無理で、早くても翌営業日に借り入れをすることになります。

 

専業主婦も利用できます

配偶者に収入があれば、専業主婦でも受け入れてくれるのがソニー銀行のカードローンです。その場合は、利用限度額が低くなり、最大でも50万円に設定されます。他の銀行の水準を見てみると、限度額が30〜50万円というところが多いので、比較的高水準です。

 

ATM手数料はただ

セブン銀行、イオン銀行は借入時のATM手数料が要りません。三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行、コンビニATMは、月4回まで手数料がただになります。随時返済にATMを利用した場合にも、手数料はかかりません。

 

毎月の返済は、ATMではなく、口座が使われるので手数料は必要ないです。

 

必要書類は?

口座がある上に希望限度額が300万円以下ならば、書類提出は不要です。口座がない人は、本人確認書類を用意して、口座を開設します。

 

300万円以上に希望限度額を設定したい場合は、収入証明書が必要です。

 

ソニー銀行カードローンを選ぶデメリット

マイナス面も調査したので、ご紹介しましょう。

 

ソニー銀行の口座は必ず作っておかなくてはならない

ソニー銀行の普通預金口座がないと、ソニー銀行のカードローンを利用できません。口座がない人は、申し込みと同時でもいいので作成しておく必要があります。申し込みはホームページからできます。カードローンの審査の結果が悪ければ、そのまま口座の開設がストップとなります。

 

意味のない口座を放置するようなことにはならないので、安心です。

 

返済方法は1種類

返済方法は一つしかありません。ソニー銀行の口座からの自動引き落としです。毎月1回の返済日に、約定返済額が引き落されるので、その分のお金を入金しておかなければなりません。お金さえ準備しておけば、特に必要な手続きはないので楽です。なお、約定返済日は毎月2、7、12、17、22、27日のいずれかになります。約定返済日が、土日祝日にあたる場合は、翌営業日に引き落としがされます。

 

返済額は、前月の返済日の借入残高をもとに計算するようになっています。具体例を見てみましょう。

 

残高が10万円以下なら、返済額は2,000円です。残高が10万円超20万円以下なら、4,000円です。以下残高が80万円超100万円以下まで20万円ごとに、2,000円ずつ返済額が上がっていきます。

 

それ以降の返済額についてはホームページに載っていますが、最低返済額が2,000円というのは、利用者にとっても使い勝手のいいカードローンとなっています。

 

調査によると、銀行によっては、最低でも月に10,000円は返済してほしいとしているところもあります。それを考えると、かなり低い数字です。ただ、最低返済額が低いので返済回数は長くなり、返済額も増えてしまいます。余裕のある時は、随時返済を利用して、借入残高を減らすようにしましょう。

 

申し込み方法も1種類

ソニー銀行のカードローンの申し込みは、ホームページからしかできません。

 

いろいろ調査してみましたが、電話や郵送、FAX、店舗、自動契約機による申し込みはできないので、利用できるのはネットが使える人に限定されます。

 

ソニー銀行カードローンが向いている人

以上の情報をもとに、ソニー銀行のカードローンを利用するのに適した人がどういう人なのか考えてみます。

 

ソニー銀行の口座がある人は利用しやすい

口座さえあれば、審査は早いので、申し込み当日に借り入れができる場合があります。希望限度額が300万円を超えなければ、収入証明書の提出も省けるので、手間がかかりません。口座がある人は、申し込みにあたって、本人確認書類も必要ありません。

 

ソニー銀行のカードローンは、ソニー銀行の普通預金口座を持っている人にとって、実に便利なサービスとなっています。口座を新たに作る必要もないので、手続きが楽に済みます。

 

早くお金を借りたい人や金利が低いローンを求めている人

ソニー銀行のカードローンの金利は、他の金融機関と比べてもかなり低くなっています。年2.5〜13.8%です。金利が高いカードローンでは、総返済額が高くなってしまい、かなり負担が大きくなります。その点では、実に良心的なカードローンです。

 

次に、口座を持っている人は、早ければ申し込み日に借り入れができます。口座がない人でも、最短翌営業日にはお金を借りられます。手続きも簡単で、ネットか電話で融資を依頼して、振り込んでもらうだけです。店舗で直接入金してもらう必要もないし、契約機を使ってあれこれするまでもありません。

 

自宅に居たまますべての手続きが完了するので、利用しやすさの点では群を抜いています。銀行の中には、来店不要ですぐに審査が終わって融資をしてくれるところが少ないですから、とても利用者思いといえます。なお、口座がない人は、初回に限って、別の金融機関の口座に振り込んでもらうことができます。それから、ATMを使って借り入れをしたいということなら、ソニー銀行のキャッシュカードを利用することが可能です。

 

早くお金を借りたい、しかも金利は低くと考えている人にピッタリなのがソニー銀行のカードローンです。借り入れ手続きも手間がかからず、とても便利サービスですが、ここから先はソニー銀行のカードローンの特徴について、調査結果をもとにさらに詳しく分析していきます。

 

ソニー銀行カードローンの金利

 

金利が2.5〜13.8%と低いのがソニー銀行のカードローンの特徴です。

 

たいていの消費者金融では18.0%という数字を上限金利に採用しています。それと比べると、ソニー銀行の金利は良心的です。他行と比較をしてみると、多数の銀行がカードローンの上限金利を15.0%程度に設定しているので、やはりソニー銀行のカードローンの金利はお得になっています。

 

ただ、これを上回る商品を提供しているところもあります。

 

いくつか例を挙げると、まず住信SBIネット銀行のMr.カードローン(プレミアムコース)です。こちらは、最低金利が0.99%、上限金利が7.99%です。それから、三井住友カードゴールドローンという商品もあります。金利が3.5〜9.8%です。これらのサービスに比較すると、残念ながら見劣りがします。

 

 

ところで、ソニー銀行のカードローンの金利2.5〜13.8%がどのように利用限度額に当てはまっていくのかも見ていきましょう。

利用限度額 金利
10〜50万円 13.8%
60〜90万円 12.8%
100万円 9.8%
ここまでは利用限度額が10万円ごとに設定されています。
150万円 9.0%
200万円 8.0%
300万円 6.0%
400万円 5.0%
500万円 4.0%
600万円 3.5%
700万円 3.0%
800万円 2.5%

 

利用限度額と金利を並べてみましたが、利用限度額自体はソニー銀行の判断で定められます。それが判明するまでは、どの程度になるのかはつかめませんが、希望の額に対する利率は知っておいたほうがいいでしょう。専業主婦は、限度額が50万円以内と決まっているので、上記の数字を見れば金利が13.8%だとわかります。

 

ソニー銀行カードローンの限度額

他の金融機関では、利用限度額を最高1,000万円に設定しているところもありますが、ソニー銀行のカードローンの利用限度額は、最高800万円で、最低は10万円です。1,000万円よりはやや低いですが、それでもかなりの高額といえます。

 

 

ちなみに、他の金融機関の利用限度額がいくらなのか、参考のために見ておきましょう。

銀行名 利用限度額
みずほ銀行カードローン 10〜1,000万円
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 10〜1,000万円
三井住友銀行カードローン 10〜800万円

 

 

主な消費者金融の利用限度額も挙げてみます。

銀行名 利用限度額
オリックスVIPローンカード 30〜800万円
アコム 1〜800万円
モビット 1〜800万円

 

ソニー銀行のカードローンの専業主婦に対する利用限度額も再度確認しておきましょう。最大50万円です。

 

これを他の業者と比べてみましょう。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックやみずほ銀行カードローンの場合は、専業主婦の利用限度額を30万円以内としています。ソニー銀行のカードローンのほうが利用限度額を大きく設定できるので、専業主婦にとっては利用しやすくなっています。

 

なお、中には50万円超という利用限度額を専業主婦に対して設定する金融機関もあります。東京スター銀行やベルーナノーティスですが、これは例外とも言えます。

 

それから、消費者金融のキャッシングやカードローンには総量規制が適用されるので、年収の1/3超の貸し付けはできませんが、ソニー銀行は総量規制の対象外です。したがって、利用者は年収の1/3超の借り入れができます。そうはいっても、利用限度額が希望通りになるとは限らず、すべては審査次第です。したがって、審査が済むまでは、どのくらいに利用限度額が申し込み者に設定されるかは予想ができません。

 

ソニー銀行カードローンの申込時の注意点

申し込みのやり方

申し込みは、ネットを通してのみとなります。口座をすでに持っている人は、申し込み後に仮審査が行われて、結果が通知されます。その後、勤め先に在籍確認の連絡があり、必要書類を提出します。それから、本審査の結果次第でカードローンの利用ができます。

 

借り入れ方法には、ATM、ネット、電話などがあります。口座のない人は、仮審査の結果が出たら、口座を開設する手順に進みます。借り入れ方法は、キャッシュカードが送付されてからATMを利用するか、ネットや電話で振り込み依頼をします。初回のみ、他行の口座への振り込みが可能です。

 

どれくらい待てば、借り入れができる?

仮審査時間は最短60分です。本審査の結果が出るまでと融資までの時間は、口座がある人でともに最短申し込み日当日となります。口座がない人は、両方とも早くても翌営業日になります。なお、口座がない人でも、申し込み時間によっては、即日に本審査が完了する場合もあるとのことです。

 

必要書類はFAXで送付したほうが郵送よりも手続きが早く済みます。どの審査の結果についても、ソニー銀行の平日営業時間内に連絡が入ります。

 

提出する書類は?

口座があり、希望利用限度額が300万円以内なら、書類提出をしなくてもいいことになっています。口座があり、限度額を300万円超にしたい場合は、収入証明書が必要です。口座がなく、希望限度額が300万円以下の人は、初回振込サービスを利用する場合にのみ、本人確認書類と振込指定口座の通帳かキャッシュカードのコピーが要ります。

 

口座がなくても希望限度額が300万円超ならば、収入証明書を提出することになります。同じ条件で、初回振込サービスを利用する場合は、本人確認書類と振込指定の口座の通帳ないしはキャッシュカードのコピーも併せて必要です。

 

なお、口座開設時には本人確認書類を必ず用意します。提出は、FAXか郵送による送付となりますが、時間をかけずに相手に届けるのにはFAXのほうがいいです。

 

お試し審査はありません

必要事項を入力すれば借り入れが可能かどうかを即診断してくれるサービスがよくありますが、ソニー銀行ではそのようなお試し審査はやっていません


×