専業主婦に朗報な消費者金融

専業主婦に朗報な消費者金融とは

専業主婦は、収入がないため、消費者金融では借り入れをすることができません。ただ、業者のホームページを見ると、主婦でもOKというキャッチフレーズがあるため、誰でも借り入れできると勘違いしてしまいますが、たいていが但し書きで、安定した収入があれば申し込みができるというパターンですから、収入のない専業主婦の不利さを痛感する一瞬かもしれません。

 

専業主婦で借り入れしたい場合には、銀行のカードローンを選ぶことになります。

 

無収入の専業主婦が陥るパターン

専業主婦は、消費者金融で借り入れできないと考えられていますが、全く無理というわけではありません。実際、専業主婦でも消費者金融から借りたことがある人もいます。ただ、その場合は、審査に通ればラッキーという感じで、ほとんどの場合は申し込みすることができないので注意が必要です。

 

なぜ消費者金融がだめで、銀行カードローンが大丈夫なのかというと、総量規制がポイントとなります。

 

この総量規制とは、利用者の年収の3分の1以上を貸し付けることを禁止した法律で、この総量規制があるため、収入のない専業主婦は消費者金融から融資を受けることができません。ところが、銀行カードローンなら、総量規制の対象外となるため、専業主婦でも借り入れを行うことができます。

 

よく、夫や家族にばれるのは困るという話をききますが、そういった場合には、提出書類がなるべく少ないレディースローンを選択するのも一つの方法です。レディースローンは、スマホ専用アプリを使用して、必要書類の画像データを送付するだけでOKというものも増えているため、家族で内緒で利用することも可能です。

 

ただ、注意しないといけないことは、契約が完了したあとに、自宅にカードが送られてくるときに、郵便物から家族にばれてしまうこともありますから、気をつけましょう。また、支払いを延滞してしまうと、督促の電話がかかってきてしまいますから、やむを得ず返済が遅れそうな時には、自分から電話をかけて、遅れる旨といつまでに必ず支払うということを、伝えておくことが大事です。

 

借りやすさを優先すると

定収入でもアルバイトやパートをしている場合には、主婦でも消費者金融で借り入れすることができます。お金が必要になったけど、給料日まであと数日など、自身の収入だけではどうにもできないような場合には、消費者金融で借り入れするようにしておけば、いざというときにも対応することができます。

 

借り入れには審査がありますから、正社員で働いている人は問題なく借り入れをすることができますが、フリーターやアルバイトであっても、自分自身に収入があれば、主婦でもフリーターでも、消費者金融で借り入れをすることができます。

 

消費者金融といっても、いくつか種類があるので、申し込みをするときには注意が必要です。

 

大きく分けると、

  1. 専業消費者金融
  2. 銀行系消費者金融

があり、違いとしては総量規制になるのかというところが異なる点です。専業の場合には、総量規制となりますが、収入があれば主婦でも借りやすいといえます。

 

一方、銀行系の場合は、総量規制の対象となりませんから、好条件で借り入れをすることができます。ただ、専業よりも、審査が厳しい場合があるので、借り入れ自体が難しいと思っておくとよいでしょう。収入が少ないパート主婦は、借り入れが難しいかもしれませんが、低額なら借り入れできる場合もあるので、まずは銀行系に申し込みをするとよいでしょう。

 

専業も銀行系も大手の業者があり、どちらも貸付条件にはそれほど差はありませんから、どちらにするかよく検討して申し込むとよいでしょう。

 

専業主婦が借りずらいのには理由がある

近年は、当たり前になりつつあることですが、専業主婦は借り入れをしにくいという事実があります。以前は専業主婦でもふつうに借り入れができていましたが、法律が変わったことで、専業主婦が借り入れをすることが難しくなってしまいました。

 

総量規制という法律は、利用者を守るために作られた法律で、遊びにお金を使ったり、借金で首が回らなくならないように、収入にあわせた借り入れしかできないルールにすることで、借金で首が回らなくなる人が減るだろうというねらいがあったからです。その理念に従って、収入のない専業主婦は借り入れができないということになってしまいました。

 

では、どうして消費者金融では、専業主婦が借りづらいのかというと、利息制限法というもので、20パーセントを上限とし、それ以上の年利で貸し出しすることは禁止されているため、専業主婦が借りにくい原因の一つになっています。

 

現在は、専業主婦が借り入れをしにくくなっていますが、銀行系のカードローンがあり、決して借り入れ出来ないというわけではありません。専業主婦が借り入れをする場合には、銀行系のカードローンを使用するか、夫の同意書が必要となりますが、消費者金融やクレジットカードを使うという方法があります。夫の同意書が必要になってしまいますから、夫に内緒で借り入れすることはできませんが、方法はいくつかあるということを知っておくとよいでしょう。

 

また、あまり知られていませんが、地方銀行や信用金庫も、銀行系カードローンに入るので、総量規制を受けないという特徴があります。

キャッシングで即日借りれるランキング