専業主婦でも借入可能な業者はどこ?

MENU

専業主婦でも借入可能な業者は?

仕事をしていない人が、金融業者から借入をしたいという場合、どこでも貸してくれるというわけではありません。これは、金融業者の判断というわけではなく、法律に規定があるためです。

 

しかし、主婦に関しては特別扱いされるケースがあります。たとえ無収入であっても、融資を受けることができる。しかも、即日融資も可能。そんなことが可能なのか信じられないかもしれません。ここでは、専業主婦でも借入可能な業者について、説明しましょう。

 

専業主婦に融資するリスク

給料がなかなか上がらず、正規雇用も不安定な状況にある昨今、専業主婦の中には贅沢のためなのではなく、日々の生活に困って借入をする人が増えている状態です。食費が少し足りないとか、子供の教育費、クラブの費用などに窮して、お金を借りることもあります。

 

そういうとき、頼れる身内がいない場合、どうやってお金を工面すればよいのでしょうか?

 

まっさきに、即日融資や簡単キャッシングを宣伝している金融業者が頭に浮かぶこともあるかもしれません。しかし、金融業者は、貸したお金を返済してもらわないことには困ります。ですので、収入がない人は返済能力がないとみなし、借入を断るケースがほとんどです。これは、総量規制という法律にも定められており、「収入の3分の1以下しか貸付してはならない」となっています。つまり、収入ゼロである場合は、借入できないということになります。

 

しかし、専業主婦というのは、それらの無職の人達とは異なる扱いをされる場合があります。専業主婦として仕事をせずに生活できているのは、夫の収入があるからでしょう。つまり、夫の収入が世帯収入という扱いになり、すなわち専業主婦にも返済能力があると判断されるというわけです。これは、「配偶者貸し付け」といいます。

 

この貸し付けができるのは、消費者金融ではなく、銀行系のみとなっています。それは、銀行系が総量規制対象外となっているためです。

 

ただ、銀行にしてみても、専業主婦の融資には、当然リスクが存在することを理解しています。専業主婦が配偶者貸し付けを悪用し、大金を借入するようなことがあると問題です。秘密裏に家計をやりくりしながらコツコツと返済できているうちはよいですが、その範囲を越してしまうと、配偶者のほうに通知がいきます。

 

夫に内緒で銀行から借入していたという専業主婦は、たちまち窮地に追い込まれるでしょう。離婚問題に発展し、返済が滞るばかりでなく、債務整理などをされてしまうこともあるかもしれません。そういうややこしいトラブルに巻き込まれる可能性が高いのが、自分の収入を持たない専業主婦に融資する大きなリスクといえるでしょう。そのため、すべての銀行が専業主婦に融資するとは限りません。

 

専業主婦は配偶者の同意が必要になる

融資が可能な場合でも、非常に低い限度額に設定されている場合がほとんどです。たとえば、10万円から30万円までといった具合です。

 

これは、金融業者がリスクを最小限に抑えるために定めているものです。貸し付けすることで金利による儲けはあるけれど、かといって返済されないというのでは元も子もありません。そのために、借入できるけれど少額で、という風になっているのです。しかし、給料日までほんの少額だけ足りないという専業主婦には、利用することができるので便利であるはずです。

 

さらに、すでに銀行の口座がある人は、特に審査などはなく、配偶者に確認することもなく、即日融資を受けられるケースがあります。本人確認の電話すらなく、現在利用しているキャッシュカードに融資枠を付けてもらえる場合もあります。ですので、まずは普段から取引のある銀行に問いあわせてみるのがよいでしょう。

 

それ以上の金額を融資してもらいたい場合には、さすがに配偶者の同意が必要になることがあります。借入金額によっては、収入証明の提出を求められることもあるので、そうなると夫に内緒でとはいかなくなるでしょう。ただ、最初から高額借入を申し込むのではなく、徐々に増額するという方法もあります。

 

たとえば、一番最初の時点で限度額10万円で借り入れをし、審査を通過します。その後、順調に返済をしていれば、数か月後に限度額を増やせる場合があります。本人に収入はないけれど、きちんと返済していると信用度があがります。その結果、借入額を増額できることがあるというわけです。

 

配偶者の同意がネックになって、融資を躊躇してしまう専業主婦の人も多いことでしょう。しかし、金融業者のどれもが同意を求めているわけではありません。ですので、1件目でうまくいかなくても諦めず、別の業者に申し込みをしてみることです。すべての金融業者の規定が同じではなく、配偶者の同意が必要ないほか、高い限度額を設定してくれる業者があるかもしれません。

 

それぞれを比較してみると、便利に借入できるところもあれば、さまざまなキャンペーンを実施しているところもあるので、まずは調べてみることをおすすめします。


×